頑張らない!でも諦めない!必死にならずにええかげん

日本語URLのURLエンコードをエンコード解除して日本語文字列に変換する小技

      2014/11/22

Google or AdMax Promotion(it)

URLで日本語URLを目にする機会も増えてきました。
こうしてブログなどをやっていると、日本語URLをそのままテキストで表示したい場合がありますが、
日本語URLをコピーすると、URLエンコードされた文字で貼り付けられてしまいます。
簡単に日本語表記のままコピペする方法をご紹介します。

2回に分けてコピーする

もっといい方法があるのかもしれませんが、たとえば以下のようなURLです。

http://algo.publog.jp/tag/%E3%82%BF%E3%82%B0%E5%90%8D

ぱっと見では、日本語部分がよくわかりません。
これを「http://algo.publog.jp/tag/タグ名」としてコピペしたいという趣旨です。

それには、ブラウザによっても多少違っているかもしれませんが、
Chromeを例にすると、日本語URLはURLの表記も日本語で表示されますが、
URLすべてをコピーするとURLエンコードされてクリップボードにコピーされます。

そこで、URLをコピーする際に、

「ドメイン」と「ドメイン移行の部分」を分けてコピーします。

上記の例で言えば、「http://algo.publog.jp/」と「tag/タグ名」といった感じです。

URL全体でコピーすると、エンコードされますが、
ドメイン以下の部分を単独でコピーすると、単純に文字列としてコピーができます。

欠点は・・・

面倒くさいってことと、日本語ドメインには対応できないという点です。

URL形式でコピーした際にはURLエンコードが効いた値でコピーされるため、
ドメイン部分が日本語の場合(http://日本語.jp)、Chromeではプロトコルは表示されないので、
「日本語.jp」とURLに表示されるはずです。

そうした場合には「日本語.j」などと切ってコピーする必要があります。

なんかもっといい方法があったら、コメントででも教えてください。

2014/04/20追記

その後、ドメイン名のみであれば簡単にエンコード変換をしてくれるサイトがありました。
ドメインの形式以外ではエラーになりますので、URL全体では変換はできませんが。
日本語JPドメイン名のPunycode変換・逆変換 – 日本語.jp


*本ページ内に記載されされた各社ブランド、サービス名、商標、登録商標については、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認ください


最後までお読みいただきありがとうございました。
アルゴリズン


役に立ったと思っていただけたら、以下からシェア頂けたら幸いです^^

QRコードからもこのURLを開けます。

Pitta Promotion

アイキャッチ画像に利用させて頂いております、各社ブランドのロゴやシンボルに関しては、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認頂けますようお願い致します。
ロゴの使用等に関する苦情・ご意見等がございましたら管理者までご連絡ください。

AdMax Promotion

カテゴリ
すべて展開 | すべて省略

Rakuten Promotion

プロモーション(btm)

Google or AdMax Promotion (it)

 - hack

  関連記事

関連記事はありませんでした