頑張らない!でも諦めない!必死にならずにええかげん

livedoor™ブログの日本語カテゴリアーカイブURLを英字URLに設定する手順

      2014/11/22

Google or AdMax Promotion(it)

livedoor™ブログにてブログを何も意識せず投稿していると日本語URLによって、
カテゴリページが生成されてしまいます。
日本語URLも普及はしていますが、WordPressのスラッグのように英字URLを、
個々のカテゴリに指定することで英字URLを利用することができます。

カテゴリの追加時にスラッグの指定

カテゴリを新たに追加するのはカテゴリの設定ページから行う場合と、
新しい記事の作成画面からの両方から行えます。

カテゴリ設定ページから作成する場合

ブログ設定から[カテゴリ設定]を選択してカテゴリの追加が行えます。

01_記事カテゴリ設定

記事カテゴリ設定

カテゴリ設定に表示された[+新しいカテゴリを作る]をクリックし、
ポップアップに表示されたダイアログ内で新しいカテゴリを指定することができます。

02_新しいカテゴリを作る

新しいカテゴリを作る

この「カテゴリの追加」ダイアログではカテゴリ名とは別にURLを指定することができます。
初期状態では「サイト内URL」で「カテゴリアーカイブ」に指定された設定が表示されています。

archives/{$CATEGORY_ID$}-{$CATEGORY_NAME$}

こうした変数による埋め込みを利用すると、
{$CATEGORY_NAME$}変数はそのまま日本語カテゴリ名をURLとして生成されます。

ここを、英字名URL(スラッグ)に変更することで、カテゴリーアーカイブのURLのみを
英字名に変更することができます。

archives/{$CATEGORY_ID$}-new-jp_categories

03_カテゴリの追加・カテゴリURLの変更

カテゴリの追加・カテゴリURLの変更

実際に作成したカテゴリアーカイブのURLは以下です。
http://blog.livedoor.jp/algorhythnn-pro/archives/281375-new-jp_categories

記事を書くページから作成する場合

記事を書く(新規投稿)ページからも記事にあったカテゴリを都度作成することができます。

04_投稿画面からのカテゴリ追加

投稿画面からのカテゴリ追加

同様に「カテゴリの追加」ダイアログにて英字名URL(スラッグ)に変更することができます。

05_カテゴリの追加

カテゴリの追加

URLのリダイレクト

既に作成され投稿されているカテゴリのURLのみを日本語名から英字名に変更を行ってみます。

以下のカテゴリ名は「更新用日本語カテゴリ 」と命名しています。

http://blog.livedoor.jp/algorhythnn-pro/archives/281378-%E6%9B%B4%E6%96%B0%E7%94%A8%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E%E3%82%AB%E3%83%86%E3%82%B4%E3%83%AA

カテゴリ設定画面からURL部分を変更します。

変更前

06_カテゴリ変更前

カテゴリ変更前

変更後

07_カテゴリ変更後

カテゴリ変更後

これでこのカテゴリの日本語URLが変更され、英字名URL(スラッグ)になりました。

以前の日本語名URL(上記URL)でアクセスすると、
すぐにリダイレクトされ、英字名URL(スラッグ)のページが表示されます。

既存のURLであってもスラッグに変更しても表示上は問題ないものと思われます。

curlによる確認

念のためcurlで確認してみます。
HTTP/1.1 302 Foundとして、302リダイレクトされているのが確認できます。
恒久的301ではありませんが、リダイレクト処理は行われています。

さいごに

URLの変更というと神経を遣う作業です。
既に運用をしてしまっているカテゴリページのURLなどを変更しても、
しっかりとリダイレクトしてくれますので安心して変更が行えます。


*本ページ内に記載されされた各社ブランド、サービス名、商標、登録商標については、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認ください


最後までお読みいただきありがとうございました。
アルゴリズン


役に立ったと思っていただけたら、以下からシェア頂けたら幸いです^^

QRコードからもこのURLを開けます。

Pitta Promotion

アイキャッチ画像に利用させて頂いております、各社ブランドのロゴやシンボルに関しては、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認頂けますようお願い致します。
ロゴの使用等に関する苦情・ご意見等がございましたら管理者までご連絡ください。

AdMax Promotion

カテゴリ
すべて展開 | すべて省略

Rakuten Promotion

プロモーション(btm)

Google or AdMax Promotion (it)

 - livedoorブログ

  関連記事