頑張らない!でも諦めない!必死にならずにええかげん

phpinfo.phpに表示されるLocal ValueとMaster Valueの違いとは

      2014/11/22

Google or AdMax Promotion(it)

phpinfoでPHPなどの各種設定を確認していて、
ふとLocal ValueとMaster Valueってどう違うの?疑問に思いませんか?

実際のところほとんどは両方の値は同じはずです。
しかし、どちらが有効な値で、どんな時にこの値が違った値で表示されるのか。
そんな疑問についてご紹介します。

はじめに

PHP.iniの設定を変更していて、変更した値を確認する際に利用する魔法の関数。
phpinfo();
この関数を実行したページを表示するとPHPに関する情報がざーっと表示され、
様々な情報を知ることができるようになります。

このphpinfoが表示するページには、2つの値が表示されています。
この2つの値はどう違うのかをご紹介します。

本投稿は以下の投稿から抜粋を行ったものです。
PHP.iniに設定する設定をhttpd.confや.htaccessに対して行うメリット

phpinfoの表示

Local ValueとMaster Valueが同じ場合

通常、phpinfoの表示は以下のように、
Local ValueとMaster Valueの値は一致しています。
これは、PHP.iniに設定した値がすべて利用されていることを示しています。

01_phpinfo(PHP.ini)

phpinfo(PHP.ini)

Directive Local Value Master Value
post_max_size 500M 500M
upload_max_filesize 500M 500M

 

Local ValueとMaster Valueが異なる場合

ではphpinfoのLocal ValueとMaster Valueが異なっている状態とは、
以下のような状態です。

08_phpinfo(.htaccess)

phpinfo(.htaccess)

Directive Local Value Master Value
post_max_size 25M 500M
upload_max_filesize 25M 500M

この状態は、PHP.iniで設定している値を、
.htaccessファイルによって上書きしている状態です。
同様にhttpd.confファイルで上書きしている場合にも同じように、
LocalValueの値がhttpd.confで設定した値で表示されます。

採用される値

この場合、採用されている値はLocalValueになります。

プロモーション(btm)

Google or AdMax Promotion (it)

さいごに

前回の投稿(PHP.iniに設定する設定をhttpd.confや.htaccessに対して行うメリット)でも
ご紹介していますが、PHP.iniで設定している値をphpinfoで確認したとしても、
httpd.conf や .htaccessファイルなどで個別に設定を変更することができます。

このことはサイト内に設置したphpinfoを表示するページで、
PHPの設定を確認していたとしても、
Apacheの設定を行っている、ディレクトリなどを個別にphpinfoで調べなければ、
プログラムが本当に利用しているphpの設定値はわからないということを示しています。

あえてこうしたメンテナンス上の紛らわしくなる設定を行う必要はありませんが、
この設定方法を利用することで、個別のディレクトリのみを
セキュリティーを緩和した設定で運用したりといったことができるようになります。

*本ページ内に記載されされた各社ブランド、サービス名、商標、登録商標については、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認ください


最後までお読みいただきありがとうございました。
アルゴリズン


役に立ったと思っていただけたら、以下からシェア頂けたら幸いです^^

QRコードからもこのURLを開けます。

Pitta Promotion

アイキャッチ画像に利用させて頂いております、各社ブランドのロゴやシンボルに関しては、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認頂けますようお願い致します。
ロゴの使用等に関する苦情・ご意見等がございましたら管理者までご連絡ください。

AdMax Promotion

カテゴリ
すべて展開 | すべて省略

Rakuten Promotion

 - PHP ,

  関連記事