頑張らない!でも諦めない!必死にならずにええかげん

ローカル環境へのphpMyAdmin設置

      2014/11/27

Google or AdMax Promotion(it)

はじめに

本投稿においては、phpMyAdminのインストールから導入設定までを記載します。
前回から続きで、Wordpressの設置まで完了しましたので、
おまけでphpMyAdminの設置を行います。

phpMyAdminはMySQLのデータベース管理GUIツールですが、
MySQLインストールの際にインストールを行った、
MySQL Workbenchはレンタルサーバなどでは、
利用を認められていない場合が大半ではないかと思います。
そうした場合に、サーバー上にphpMyAdminをインストールし、
データベースの管理を行うことになります。

今回はApacheをインストールしたローカル環境(Windows7x64Ult)上に設置します。
手順としては以下の作業を行っていくことになります。

  1. Webサーバ(Apache)インストール・導入設定
  2. PHPインストール・導入設定
  3. MySQLインストール・導入設定
  4. WordPressインストール・導入設定
  5. phpMyAdminの設置(本投稿)

プロモーション(btm)

Google or AdMax Promotion (it)

インストール手順

ダウンロード

私はレンタルサーバのサポートバージョンと同一の3.4.2をインストールしました。
2013/05/20時点の最新バージョンは4.0.1です。

phpMyAdmin-onlocal_st01

ダウンロードサイトよりダウンロードし展開します。
http://www.phpmyadmin.net/home_page/index.php
Ver.3.4.2: phpMyAdmin-3.4.2-all-languages.zip
Ver.4.0.0:phpMyAdmin-4.0.0-all-languages.zip

2014/11/27追記
その後、phpMyAdminのダウンロードを行おうと思いサイトにアクセスしました。

サイトの仕様が変わったのかSourceForge.netのサイトからの
ダウンロードを行う仕様になったようです。
しかし、私はSourceForge.netからのダウンロードが開始されず、
ダウンロードができなかったので、以下で対処法をご紹介しています。

 

インストール自体は展開しサーバー(パソコン)上にコピーし、
初期設定画面からデータベース設定を行うだけで終了します。
自ら設定ファイルを手修正しても問題はありませんが、
設定画面を利用した方が早いでしょう。

参考 Webアプリケーション構築入門(第2版)

インストール

圧縮ファイルの展開

ダウンロードした圧縮ファイルを展開し、任意のフォルダ名に変更します。
phpMyAdmin-onlocal_st02

phpMyAdminの配置

解凍したフォルダをWebサーバの公開ディレクトリ(htdocs)と同じフォルダなど、
インストールしたディレクトリにコピーします。
注)レンタルサーバなど公開フォルダ以外に配置することができない場合には、
公開フォルダ内に設置しますが、その際にわかりやすいフォルダ名は避けた方がいいでしょう。
phpMyAdmin-onlocal_st03

phpMyAdmin配置フォルダの公開

Webサーバのhttpd.confファイルを開き、
今配置したフォルダのディレクトリにエイリアスを指定します。
また、配置したフォルダのディレクトリにDirectoryディレクティブを指定し、
Webサーバがアクセス可能な状態に設定します。
phpMyAdmin-onlocal_st04

phpMyAdminの初期設定

configフォルダの作成

phpMyAdminのフォルダ内に「config」フォルダを作成します。
phpMyAdmin-onlocal_st05

初期設定画面の表示

ブラウザからphpMyAdminのフォルダに対して設定した
「エイリアス+/setup/」を入力し設定画面を開きます。
phpMyAdmin-onlocal_st06

言語設定

設定画面から日本語を選択し、保存をクリックします。
phpMyAdmin-onlocal_st07

サーバの登録

「新しいサーバ」をクリックしサーバー登録画面を開きます。
phpMyAdmin-onlocal_st08

サーバのホスト名入力

サーバの詳細な名前、サーバーのホスト名、サーバーのポートを入力します。
特に環境にDNSサーバなどが存在しない場合には、以下の設定で問題ありません。

  • サーバの詳細な名前:localhostなど任意の名前
  • サーバーのホスト名:localhost
  • サーバーのポート:空白(3306=MySQLのインストール時に指定したポート)

phpMyAdmin-onlocal_st09

サーバのホスト名の登録

サーバホスト名等の入力が終了したら「保存する」をクリックします。
phpMyAdmin-onlocal_st10

サーバ登録の確認

保存が完了するとホーム画面が表示され、登録したサーバーが表示されます。
サーバーの横に表示される「編集」をクリックします。
phpMyAdmin-onlocal_st11

認証の変更

サーバーの編集から「認証」タブをクリックし、
「Config認証用のユーザー」から「root」を削除し、
config認証を無効化します。
phpMyAdmin-onlocal_st12

設定ファイルの配置

エクスプローラから先ほど作成した「config」フォルダを開き、
「config.inc.php」ファイルが作られていることを確認します。
作られている「config.inc.php」ファイルをコピーし、
phpMyAdminのフォルダにコピーします。
phpMyAdmin-onlocal_st13

phpMyAdminへログイン

ログイン

ブラウザからphpMyAdminのフォルダに対して設定した
「エイリアス+/」を入力しログイン画面を開きます。
ユーザー名、パスワードはMySQLのインストール時に作成した
ユーザーの情報を入力します。
phpMyAdmin-onlocal_st14

phpMyAdmin画面の表示

phpMyAdminの画面が表示されれば完了です。
phpMyAdmin-onlocal_st15


 

実際のところ、phpMyAdminよりももっと便利な
クライアントを利用するなどでローカル環境でphpMyAdminを
利用する必要性はあまりないかもしれません。

しかしレンタルサーバなどではphpMyAdminしか利用できないなどの
制限があるためにphpMyAdminを利用せざるを得ないこともあります。

実際にサイト運営を行う上で、phpMyAdminに慣れておくことも必要であると思います。
その為にも練習や開発においてphpMyAdminを利用する為に、
今回ローカル環境へインストールを行いました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
アルゴリズン

 

*本ページ内に記載されされた各社ブランド、サービス名、商標、登録商標については、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認ください


最後までお読みいただきありがとうございました。
アルゴリズン


役に立ったと思っていただけたら、以下からシェア頂けたら幸いです^^

QRコードからもこのURLを開けます。

Pitta Promotion

アイキャッチ画像に利用させて頂いております、各社ブランドのロゴやシンボルに関しては、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認頂けますようお願い致します。
ロゴの使用等に関する苦情・ご意見等がございましたら管理者までご連絡ください。

AdMax Promotion

カテゴリ
すべて展開 | すべて省略

Rakuten Promotion

 - MySQL, PHP, phpMyAdmin , , , ,

  関連記事