頑張らない!でも諦めない!必死にならずにええかげん

【期限は10年、どう保管する?】東京駅開業100周年記念Suica

   

Google or AdMax Promotion(it)

「東京駅開業100周年記念Suica」に限らずSuicaには実は期限があります。
残高をそのままにして放置した場合、10年で残高が失効しますので注意が必要です。
ここではその期限についてご紹介します。

 

【期限は10年】東京駅開業100周年記念Suica

「東京駅開業100周年記念Suica」と書いていますが、
Suica全般にいえることです。

利用規約には以下のように書かれています。

(失効)第11条

Suicaの発売若しくは交換、SFの使用、SFのチャージ、Suica定期乗車券の購入払いもどし若しくは更新、Suica特別車両券の購入又は再発行の請求に基づく使用停止措置のいずれかの取扱いを行った日の翌日を起算日として、10年間これらの取扱いが行われない場合には、Suicaに係る利用者の権利は失効します。

2. 故意にSuicaを破損させ、本規則の定めるサービスの提供に支障を生じさせた場合には、当該Suicaに係る利用者の権利は失効します。

(引用抜粋)JR東日本:Suica>Suicaに関する約款について>第1編

 

利用規約によると以下の行為が行われた日の翌日から10年で「Suicaに係る利用者の権利は失効」とあります。
ようは、残高(権利)が消滅するということです。

  • 交換
  • 使用
  • チャージ
  • Suica定期乗車券の購入
  • Suica定期乗車券の払いもどし
  • Suica定期乗車券の更新
  • Suica特別車両券の購入
  • 再発行の請求に基づく使用停止措置

 

さて「東京駅開業100周年記念Suica」ではどうでしょう。

自宅に郵送されてきたか、当日東京駅で購入したかはともかくとして、
受け取ったSuicaを使いましたか?

思い出として、価値が上がるまでとっておこうと思っていますよね、きっと。
逆に使えば期限は気にする必要はなくなりますが、
小傷などができて価値は半減します。

悩ましいところです。

そもそも残高確認さえしたことがないという人がほとんどかと思いますが、
受け取ったすSuicaは残高確認をして動作確認をしておくべきです。

「東京駅開業100周年記念Suica」は7日以内に確認しておく必要があります。

 

実際に残高を確認すると、以下のように表示されます。
受け取りが2015/8/1でしたが、なんと・・・

チャージ日が「2015/06/05」になっています。

suica100_res_st11

利用年月日(2015/06/05表示・現金チャージ)

 

「東京駅開業100周年記念Suica」の発行時に自動で初期値として、
1500円というデータを登録しているものと思いますが、
そのデータが一律で「2015/06/05」

いつの受け取りでもこれは変わらないものと思われます。

このSuicaはそのまま放置すると「2025/06/06」には、
1500円が失効します。

JR東日本さんの資産になってしまうということですね。
実にうまい仕組みだと思います。

皆がせっせと2000円で購入(投資)して預けた金額が、
10年満期でJR東日本のものになります(笑)

 

もし、20年後や10年後に売却を考えているのであれば、
Suicaシステムが有効である限りは、
この有効期限を延長する措置(チャージ、支払)を、
10年おきに行うことをお勧めします。

 

その場合、使用、チャージのどちらかを選択することになりますが、
どっちの方が中古市場では好感を持たれるんでしょうね。

今は無き廃駅の乗降履歴なんかで、
Suicaを使用した履歴があると好まれるのかもしれませんね。

テレフォンカードも何とかまだ使えるインフラとして残っていますし、
Suicaという存在が残り、使っていける限りは、

「東京駅開業100周年記念Suica」も有効なSuicaとして
メンテナンスしていけることになります。

サービス終了時には、返却するかを迷うところではありますが。

 

プロモーション(btm)

Google or AdMax Promotion (it)

結論

そっか、

残高1500円を書籍購入などに充てて、残高0円で保存したらいいのか。

それなら気にしなくていいし、
単なるモノとしての希少性だけを残すことができる。

あとは、10年ごとに、1000円チャージ、1000円使用を繰り返していく。。。

面倒くさいな、電子マネー。

 


*本ページ内に記載されされた各社ブランド、サービス名、商標、登録商標については、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認ください


最後までお読みいただきありがとうございました。
アルゴリズン


役に立ったと思っていただけたら、以下からシェア頂けたら幸いです^^

QRコードからもこのURLを開けます。

Pitta Promotion

アイキャッチ画像に利用させて頂いております、各社ブランドのロゴやシンボルに関しては、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認頂けますようお願い致します。
ロゴの使用等に関する苦情・ご意見等がございましたら管理者までご連絡ください。

AdMax Promotion

カテゴリ
すべて展開 | すべて省略

Rakuten Promotion

 - Suica

  関連記事