頑張らない!でも諦めない!必死にならずにええかげん

AmazonアソシエイトAPIの最低限必須パラメータ(Amazon Product Advertising API/Amazonアソシエイト・アフィリエイト)

AmazonアソシエイトAPI(Amazon Product Advertising API)のリクエストを作るのは、
地味に面倒かもしれませんが、なぜうまくいかないのかをチェックする際には、
まず必須パラメータのみでリクエストを行って確認するといいでしょう。
ここでは必須となっているパラメータについてご紹介しておきます。

AmazonアソシエイトAPIの最低限必須パラメータ

AmazonアソシエイトAPI(Amazon Product Advertising API)のリクエストにおいて、
必須となっているパラメータは以下の3つです。

公式ヘルプからの抜粋ですので、そのままではありますが。

必須パラメータ

次の表のパラメータは全てのリクエストに必須です。

Parameter 説明
Service AWSECommerceService Product Advertising API のサービスを指定します。
AWSAccessKeyId AWS アクセスキー ID Amazon の Web サイトでアクセスキーIDを割り当てるには、http://aws.amazon.com をご覧ください。 Product Advertising API 4.0の全てのリクエストは、アクセスキーIDか登録IDのいずれか一方だけを含んでいる必要があります。
SubscriptionId Amazonによって割り当てられた登録ID Product Advertising API 4.0の全てのリクエストは、アクセスキーIDか登録IDのいずれか一方だけを含んでいる必要があります。バージョン2005-10-05以降、Product Advertising API は登録IDの配布を停止しました。すでに登録IDを持っている場合には、引き続き使用できます。
Operation 実行するオペレーション。例えば、 ItemLookup Product Advertising API のいずれかのオペレーションタイプです。

(抜粋引用)Product Advertising API

 

「Service=AWSECommerceService」は固定

Product Advertising APIを利用する場合は、このパラメータは固定です。

「AWSAccessKeyId=xxx」または「SubscriptionId=xxx」はどちらかのみ

説明にある通りですが「アクセスキーIDか登録IDのいずれか一方だけを含んでいる必要があります。」とありますので、
最近(2005-10-05以降)新たにアカウントを取得した場合は、
すべて「AWSAccessKeyId=xxx」を使用する事になります。

アクセスキーは以下の手順で確認ができます。

「Operation=xxx」は大きく5種類から選択

Operationパラメータはどのようにデータの要求を行うかを指定するもので、
以下の値が利用できます。

  • ItemSearch
  • BrowseNodeLookup
  • ItemLookup
  • SimilarityLookup
  • CartAdd / CartClear / CartCreate / CartGet / CartModify

通常、Amazonの特定商品を紹介するような場合は、ItemLookupです。
ItemSearchは検索結果、SimilarityLookupは類似品検索結果というように指定します。

BrowseNodeLookupではAmazonの商品カテゴリを検索することができ、
検索から得られたカテゴリで、
ItemSearchや、SimilarityLookupの対象カテゴリをフィルタリングする場合に利用できます。

それぞれは以下でご確認下さい。

 

ItemSearchを利用するには当然、何らかのItemを指定する必要がでてくる

必須パラメータは上記3項目ですが、
指定するOperationパラメータによって当然、付随する必須パラメータが出てきます。

ItemSearchをするなら、特定のItemを指定する必要がありますので、
「ASINコードなどが別途必要」などです。

この場合、パラメータは以下の様な指定になります。

ItemId=B01B3ZDKUC

 

書かれていないが「AssociateTag」パラメータも必須

「AssociateTag」はAmazonアソシエイトのトラッキングIDの事を示しています。
ログインしていれば、以下で確認が出来ます。

https://affiliate.amazon.co.jp/home/account/tag/manage

サイトやページなどの成果レポートを分けて確認したりする場合に必要なもので、
AmazonAPIの利用の有無に関わらず、
画面から作成したアフィリエイトリンクにも含まれるキーです。

このキーが無ければ当然、アフィリエイト報酬につながりませんので当然必須です。

 

このパラメータがない場合、要求したURLで返すXMLには以下の様なメッセージが返されます。

 

プロモーション(btm)

Google or AdMax Promotion (it)

必須パラメータ以外に必要なタイムスタンプ・署名

必須パラメータ自体はさほど面倒なものもありませんが、
クエリ要求を行うには、現在日時から求めたタイムスタンプを付加する必要があり、
かつ、シークレットキーを用いて得られる署名を別途付加する必要があります。

シークレットキーは以下の手順で確認ができます。

 

必須キー自体は難しくないのですが、この辺りが取っつきにくく難しく感じてしまいます。

そこでAmazonはこの署名プロセスの手順をWebで可視化するツールを公開しています。

アクセスキーとシークレットキーを最上部のフィールドにコピペして、
テキストエリア内に必須パラメータで組み立てたリクエストURLを入力すれば、

後は「Display Signed URL」ボタンを押すだけで、
試しに実行することができるリクエストURLを組み立ててくれます。

通称「Signed Requests Helper」と呼ばれるツールです。
ちょっと確認する場合にはとても便利ですので、併用してご確認されるといいでしょう。

 


公開日:

*本ページ内に記載されされた各社ブランド、サービス名、商標、登録商標については、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認ください


アイキャッチ画像に利用させて頂いております、各社ブランドのロゴやシンボルに関しては、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認頂けますようお願い致します。
ロゴの使用等に関する苦情・ご意見等がございましたら管理者までご連絡ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。
アルゴリズン

役に立ったと思っていただけたら、以下からシェア頂けたら幸いです^^

ページ
すべて展開 | すべて省略

Rakuten Promotion

ブログ記事のご紹介
すべて展開 | すべて省略