頑張らない!でも諦めない!必死にならずにええかげん

Google or AdMax Promotion(page)

PluCialにGoogle+の投稿を自動で読み込んで表示する

PluCialではGoogle+の投稿を読み込んで、
ブログのように表示したり、投稿の種類ごとに見せたり、日付ごとに見たりすることができます。
まず、既存のGoogle+から既存の投稿を読み込んで表示します。

 

PlucialにGoogle+の投稿を自動で読み込む

PluCialではGoogle+から1日4回自動的に投稿が読み込まれます。(2014/06/06現在)

01_PluCial取り込みタイミング

PluCial取り込みタイミング

自動取込み

PluCialは以下の時間にご利用者様の投稿を自動的に取込んでおります。

  • 日本時間:3:00
  • 日本時間:9:00
  • 日本時間:15:00
  • 日本時間:21:00

Google+の既存投稿を確認

Google+には現在以下のような投稿が存在している場合で取り込みを行います。

存在している投稿は以下の種類を用意しています。

  • テキスト
  • 動画
  • 画像
  • リンク投稿
  • 再共有
  • イベント
02_Google+投稿1

Google+投稿1

03_Google+投稿2

Google+投稿2 

プロモーション(btm)

Google or AdMax Promotion (it)

PluCial取り込み後表示

PluCialが定期実行され取り込まれます。

04_PluCial取り込み後

PluCial取り込み後

PluCialの絞り込み表示機能

取り込まれた投稿はタブを選択して、種類別でフィルタして表示を絞り込むことができます。

投稿タイプと表示される対応タブは以下のようになっています。

投稿タイプ すべて 共有 再共有 ノート 写真 動画 記事
テキスト
写真
リンク
再共有
動画
イベント

※一部、以下のリンクにおいて取り込んだ投稿が表示されないページがあります。
今回、検証の過程で誤って本アカウントの方で退会処理してしまい、
これまでの投稿をPluCialから削除してしまいました。
2014/06/09追記
管理者の方より過去投稿の復旧をしていただくことができ、
以下のリンク先で一通りの投稿タイプの確認ができるようになりました。
なお、この対処は管理者の善意による個別対応のはずです。
過去投稿の復旧は、一般に公開されている機能ではありません。

すべて

Google+の投稿のすべてが表示されます。(イベントを除く)
これはGoogle+のストリームに似ていますが、PluCialでは右のカレンダーなどから、
日付を直接指定して、その日の投稿のみをフィルタすることができます。

05_PluCial(すべて)

PluCial(すべて)

実際のPluCialでは以下のようなページになります。

http://plucial.com/u/101123762590074071270/

共有

共有では、再共有以外のすべての投稿が表示されます。

06_PluCial(共有)

PluCial(共有)

実際のPluCialでは以下のようなページになります。

http://plucial.com/ut/101123762590074071270/post

再共有

再共有は再共有した投稿のみを表示します。

07_PluCial(再共有)

PluCial(再共有)

実際のPluCialでは以下のようなページになります。

http://plucial.com/ut/101123762590074071270/share

ノート

ノートではテキスト投稿のみを表示します。

08_PluCial(ノート)

PluCial(ノート)

実際のPluCialでは以下のようなページになります。

http://plucial.com/ut/101123762590074071270/note

写真

写真では写真つきの投稿のみを表示します。

09_PluCial(写真)

PluCial(写真)

実際のPluCialでは以下のようなページになります。

http://plucial.com/ut/101123762590074071270/photo

動画

動画では動画埋め込みを含む投稿のみを表示します。

10_PluCial(動画)

PluCial(動画)

実際のPluCialでは以下のようなページになります。

http://plucial.com/ut/101123762590074071270/video

記事

記事では、リンク投稿と再共有を表示します。

11_PluCial(記事)

PluCial(記事)

実際のPluCialでは以下のようなページになります。

http://plucial.com/ut/101123762590074071270/article

PluCialの利用シーン

このようにして、ストリーム上に流れてしまいがちなGoogle+の投稿から、

  • あの時シェアした記事をもう一度見たい。
  • 旅行先でシェアした写真を再共有したい。
  • 面白い動画を共有したけどもう一度見たい。

そんな時に、目的に応じたタブを選択することで、
関係のない種類の投稿をフィルタして、探し出すことができるようになります。

元投稿リンク機能

PluCial上で探し出した投稿に表示されているアイコンをクリックすると、
ワンクリックで元のGoogle+投稿を表示することができます。

12_投稿リンク

投稿リンク

Google+で元の投稿が開きます。

13_Google+の元投稿

Google+の元投稿

さいごに

このようにしてPluCialではGoogle+の自分のアクティビティーを、
簡単に遡ってフィルタして表示することができます。

毎日の記録を1つのアーカイブストレージとして再利用しやすくなります。

そして、日々の作業は何もいりません。

すべて自動で取り込まれます。

 

自動読み込みが待てない時は手動で読み込もう

自動読み込みのスケジュールがすぐにくる場合はいいのですが、
それまで何も表示されないのでは、少しさみしいでしょう。そんな時は手動取り込みが便利です。

 

PluCialの全貌は以下でご紹介しています。

 

参考

PluCialのGoogle+公式ページは以下になります。



 


公開日:
最終更新日:2014/12/04

*本ページ内に記載されされた各社ブランド、サービス名、商標、登録商標については、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認ください


最後までお読みいただきありがとうございました。
アルゴリズン

役に立ったと思っていただけたら、以下からシェア頂けたら幸いです^^

QRコードからもこのURLを開けます。

ページ
すべて展開 | すべて省略

アイキャッチ画像に利用させて頂いております、各社ブランドのロゴやシンボルに関しては、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認頂けますようお願い致します。
ロゴの使用等に関する苦情・ご意見等がございましたら管理者までご連絡ください。

Rakuten Promotion