頑張らない!でも諦めない!必死にならずにええかげん

iPhone®のSafariでサイト表示を行った際にCSSが効かない要素に対応する

      2014/11/22

Google or AdMax Promotion(cel)

サイト内の体裁をCSSで整えたはずが、iPhone®にて表示の確認を行った時だけ、
文字が大きく表示されてしまったりと体裁が乱れる場合もあります。
そうした際には対象の要素に対して、CSS指定を行うと解消される場合があります。

はじめに

サイトの表示をiPhoneなどで確認すると部分的に文字が大きかったりしてしまう場合があるでしょう。
以前は、ん?と見過ごしてしまっていましたが、
今回は見過ごせる状況ではなかったので検索しました。

あっさりと答えを提示してくれていた

対象の<p>要素に対して、

-webkit-text-size-adjust: 100%; を指定する

それだけでした。

すみません、忘れないように投稿にさせて頂きました。
以下参考サイトに詳しく書いてくださっていましたのでご参考まで。

参考

iPhone版Safariで文字サイズがおかしくなるときは-webkit-text-size-adjust: 100%; を指定する | memobits


*本ページ内に記載されされた各社ブランド、サービス名、商標、登録商標については、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認ください


最後までお読みいただきありがとうございました。
アルゴリズン


役に立ったと思っていただけたら、以下からシェア頂けたら幸いです^^

QRコードからもこのURLを開けます。

Pitta Promotion

アイキャッチ画像に利用させて頂いております、各社ブランドのロゴやシンボルに関しては、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認頂けますようお願い致します。
ロゴの使用等に関する苦情・ご意見等がございましたら管理者までご連絡ください。

AdMax Promotion

カテゴリ
すべて展開 | すべて省略

Rakuten Promotion

プロモーション(btm)

Google or AdMax Promotion (cel)

 - CSS, iPhone , ,

  関連記事