頑張らない!でも諦めない!必死にならずにええかげん

東京スカイツリービュー@錦糸町

      2014/11/22

Google or AdMax Promotion(it)

スカイツリーも有名になりすぎて特に珍しい話題でもなくなってしまいましたが、
部屋からの眺望がとてもいいホテルに偶然泊まることができましたので、ご紹介しておきます。

スカイツリーが見えるホテルは探すと結構あると思いますが、
実際には泊まってみるまではわからないところもあって、
予約の時点では一か八かの選択というところも多くあるでしょう。

はじめに

今回、特に東京に行くつもりもなかったのですが、
親族に不幸があったため、急きょ東京にでることになりました。

せっかく出る事になった以上は、最近開業したスカイツリーにでもと思いスカイツリーの近くに宿をとりました。
これからゴールデンウィーク(GW)に向けて一層多くの人がスカイツリーに向かわれることでしょう。

格安プランで眺望指定なしのプランであったにも関わらず、
『19Fのスカイツリー側の客室』を提供してくださっていました。

部屋に入って、最初に見えてきたのがやはりこのスカイツリーです。

スカイツリーの為の部屋のよう

窓からこんな風に見える眺望の部屋なら、スカイツリー目当ての旅行でも十分満足だと思います。

01_夕方のスカイツリー

夕方のスカイツリー

スカイツリーはやはり夜になると、イルミネーションが点灯され、一層美しく輝きます。
こうなると恋人同士で泊まったときなんかも、二人の気分は一層盛り上がりますね。

02_夜のスカイツリー

夜のスカイツリー

宿泊したホテル

今回宿泊したホテルは東武ホテルレバント東京です。

Linkshare Promotion

立地

錦糸町駅から徒歩5分の好立地で、スカイツリーまでは東京メトロ半蔵門線で1駅です。
徒歩で歩いてスカイツリーまで行っても、20分~30分の直線一本道で行けます。

地図

powered by Google

ホテルの印象

私はこのホテルの19F(ツインルーム)に宿泊しました。

部屋の広さはまずまずといった感じではありますが、狭いと感じるほどでもなく十分な広さでした。
東武ホテルの宿泊プラン一覧
icon

Linkshare Promotion

ホテルの印象はニッコーなどと比べればさすがに見劣りする部分もありますが、
十分な高級感があって、静かにホテルで過ごすにはとてもいいところでした。
(以下写真は私たちが宿泊した部屋とは関係ありません、こうしたクラスに泊まりたいものです^^:)
icon
icon

Linkshare Promotion

乳児連れも可能

乳児がいると、こうしてホテルに泊まることもおっくうだったりするものです。
大人2名で予約をしていることから、リネンも2セットのみで子供用にバスタオルがなかったりします。

乳児用に追加のバスタオルが必要であればフロントにお願いすれば、
特に問題なく出してもらえます。

夫婦別行動なども可能

夫婦や友人がそれぞれ別行動をするようなときに、困るのがルームキーを誰が持つかということです。

私の場合で言えば、喫煙場所に移動したりするような時に別行動になります。
ルームキーを置いて出ていけばいいのですが、
戻ってきたときに、妻が入浴中だったりすれば部屋に入れなかったりもします。

旅館などでは大浴場で入浴しにいって、
戻るタイミングを合わせる必要があったりするのも非常に面倒な部分です。

そんな時には、ルームキーを複数発行してもらってそれぞれが持つことで解決できます。

このホテルでも一言いえば、ルームキーを人数分発行してもらえます。
夫婦それぞれが持って行動ができて、臨機応変なホテルの対応にも満足でした。
(私はこのルームキーをそれぞれが持つのが当たり前なのですが、たまにNGのホテルもあります)

朝食について

チェックインの際に優待券といった朝食券を渡されます。
朝食はホテル2Fでビュッフェ形式の食事で、和食・洋食から自由に取って食べられますが、
朝食の際には、その優待券を見せることで2,000円の朝食が1,000円になります。

精算は店で直接支払うことも、部屋付けで後払いとすることもできます。
朝食の味は美味しいとは思いますが、1,000円は少し高い印象です。

朝食はどこか出先で食べるのも一つの選択肢だと思います。
1,000円払えばもっと贅沢な時間が楽しめると思います。
ホテル内で早めの朝食をとりたいといった場合にはホテル内で食べるのもいいと思います。
icon
icon

Linkshare Promotion

駐車場利用

車でホテルに行く場合には、地下の駐車場が利用できます。
無料ではありません(駐車場料金:1,500円/24時間)が、24時間利用可能です。

私たちはこの24時間という駐車時間を以下のように利用しました。

チェックイン当日は16時に入庫し、そのままチェックインして部屋で一休み。
そのままスカイツリーへ行き、夕食をスカイツリー内の店で食べホテルへ戻りました。

錦糸町(ホテル) → スカイツリー周辺 → すみだ水族館 → スカイツリー内で夕食 → 錦糸町(宿泊)

翌日は、朝ホテルで朝食をとり7:00にチェックアウト。
車をそのままホテルへおいて、7:30からスカイツリー展望台当日券に並び8:20ごろには展望に上がっていました。
そのあとは浅草周辺を周遊し、ホテルに戻る日程です。

駐車場から車を出庫したのは14:30ごろです。

錦糸町(ホテル) → スカイツリー展望台 → 浅草浅草寺 → 江戸東京博物館 → 錦糸町(車出庫14:30)

このようにして、都心では動きにくい車を
翌日1日ホテルに置いたまま観光を楽しむことができます。

この24時間駐車サービスを1,500円で利用することができます。

ちなみに、24時間を超過した際の駐車料金は、260円/30分で請求されたと思います。
延長料金に関しては再度ご確認ください。

チェックアウトの迅速さ

東武ホテルレバント東京では、チェックインの際に前金制で事前に宿泊料金をチャージします。

前金制であることもあって、チェックアウトはスムーズに行えます。
駐車場利用がなく、朝食代を部屋付け払いにしなければ、
チェックアウト時には支払いは発生しませんので、領収書の受け取りのみで完結します。

私たちは駐車場利用がありましたが、1,500円を支払っても速やかに精算が完了しました。

チェックアウトがスムーズな点もこのホテルは好感を持てる対応でした。

チェックインやチェックアウトがもたつくことは意外とストレスになりますし、
こうした小さな点もホテル選びでは重要かなと思う部分ではあります。

ただ、担当の個人差や当たり外れもあると思いますので、こればかりはその都度異なってくるとは思いますが。

プロモーション(btm)

Google or AdMax Promotion (it)

さいごに

ホテル選びは旅の中でも結構重要なポイントです。

ホテルががっかりだと、旅のテンションが下がってしまう彼女もいたりしますよね。
男的にはホテルは寝る場所って感覚なのですが、
うちも嫁がホテルの部屋は広いほうが好きで、朝食もはずせない。

ホテルで過ごす時間も旅の大切な時間としての位置づけになっています。

今回の東武ホテルレバント東京は急きょ予約して宿泊したにも関わらず、
十分なスペックで旅を演出してくれました。

Linkshare Promotion

そびえ立つスカイツリーはやっぱカッコいい

03_skytree

skytree

ちなみに本投稿のアイキャッチ画像で表示しているスカイツリーは以下の画像です。

03_夜のスカイツリー

夜のスカイツリー


*本ページ内に記載されされた各社ブランド、サービス名、商標、登録商標については、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認ください


最後までお読みいただきありがとうございました。
アルゴリズン


役に立ったと思っていただけたら、以下からシェア頂けたら幸いです^^

QRコードからもこのURLを開けます。

Pitta Promotion

アイキャッチ画像に利用させて頂いております、各社ブランドのロゴやシンボルに関しては、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認頂けますようお願い致します。
ロゴの使用等に関する苦情・ご意見等がございましたら管理者までご連絡ください。

AdMax Promotion

カテゴリ
すべて展開 | すべて省略

Rakuten Promotion

 - レビュー

  関連記事