頑張らない!でも諦めない!必死にならずにええかげん

ファイル名の一覧を書き出す方法(windows)

      2014/11/22

Google or AdMax Promotion(it)

まれに多くのファイルが入っているフォルダ内の、
「各々同じファイル名にて成果物の納品をして欲しい」と、
ご依頼されることがあります。

ちょうど、aaa.pdfで受け取ったファイルに対して、
aaa.jpegなどでファイルを納品するようなイメージです。

そんな時、ファイルを1ずつクリックし、
ファイル名をコピペしてもいいのですが、
それでは面倒臭いそんな時に使っているのが簡単なバッチです。

はじめに

このバッチでは特に珍しいことはしていませんが、
バッチが苦手という人には便利なのかなと思うので投稿としてUPしておきます。

[amazonjs asin=”4877780122″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”Windowsで使える簡単・便利なバッチファイル”]

プロモーション(btm)

Google or AdMax Promotion (it)

インストール手順

ダウンロード

今回は個人的に作成したものをUPしますので、
直接Filelist.zipからダウンロードください。
解凍後、ファイルのあるフォルダ内でFilelist.batを実行して頂くだけです。

ファイルの内容はこれだけです^^;

PAUSE
tree /f > filelist.txt

正直、これだけしか書いてませんし、
わざわざUPするほどのものではありませんが、
バッチとかプログラムとかに拒絶反応がある方も、
いらっしゃることでしょうから恥を承知でUPしています。
くだらない・・・と思われる方もいるでしょうね。
バッチ処理をもっと知りたいという方は以下で勉強してみるといいでしょう。
Windows コマンドプロンプト ポケットリファレンス

インストール(コピー)

ファイル名の一覧が欲しいファイルが入っているフォルダに、
Filelist.batをコピーするだけです。
export-filenamelist_st01
export-filenamelist_st02

実行

バッチファイルの実行

ファイルのコピーをしたら、ダブルクリックするなどして、
Filelist.batを実行してください。
Enterなどを押して処理を継続します。
export-filenamelist_st03

ファイル名一覧の出力

処理が終了すると「filelist.txt」というファイルが出力されます。
export-filenamelist_st04

ファイル名一覧の確認

「filelist.txt」を開くと ファイルの一覧が、
出力されているのが確認できます。
export-filenamelist_st05

特に便利なものでもありませんが、
コマンドプロンプトが苦手な方や
バッチファイルとかもう無理!ってなっちゃう方に、
てっとり早く使ってもらえるならと思いUPしました。

どこかで誰かが使ってくれたら嬉しいです。 

[amazonjs asin=”4816337261″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”WindowsXP/2000バッチプログラミング実用テクニック”]

*本ページ内に記載されされた各社ブランド、サービス名、商標、登録商標については、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認ください


最後までお読みいただきありがとうございました。
アルゴリズン


役に立ったと思っていただけたら、以下からシェア頂けたら幸いです^^

QRコードからもこのURLを開けます。

Pitta Promotion

アイキャッチ画像に利用させて頂いております、各社ブランドのロゴやシンボルに関しては、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認頂けますようお願い致します。
ロゴの使用等に関する苦情・ご意見等がございましたら管理者までご連絡ください。

AdMax Promotion

カテゴリ
すべて展開 | すべて省略

Rakuten Promotion

 - windows , , , ,

  関連記事