頑張らない!でも諦めない!必死にならずにええかげん

動画キャプチャソフト(無料)でJingがいい感じ

      2014/11/22

Google or AdMax Promotion(it)

 

皆さんは動画のキャプチャーソフトをお使いでしょうか。

こうしたブログなどでも操作説明を行いたいときに、
動画でキャプチャーできたらなぁ・・・と思ったりします。

動画キャプチャソフトも様々で一覧化して、
ご丁寧にまとめてくれている方もいらっしゃいます。
動画キャプチャ ・録画 – k本的に無料ソフト・フリーソフト

こうした一覧の中から自分に合ったものを、
コツコツインストールして検討するわけですが、
これがなかなかベストなものに出逢えないものです。

今回、私はブログ用の素材として、
デスクトップのキャプチャを行おうと探し回りました。
しかし無料のままでは透かしのロゴが入ったり、
そもそも映像が荒かったりと使いたいと思うものになかなか出会えませんでした。
それまでは個人的に使っていただけだったので、
BindiCamをロゴが入るのを我慢しながら使っていました。

そして最後に行きついたのがこのJingでした。

movie-capture_jing_st01

01-jingロゴ

選定理由

  • キャプチャされた動画に粗さなどが目立たないこと
  • 再生時に透かしなどが入らないこと
  • キャプチャする動画サイズが固定されないこと
  • フリーソフトであること(大きな機能制限がないこと)

たったこれだけの条件ですが、静止画キャプチャと違って、
動画キャプチャとなると意外と少ないのかなと感じています。
但し、動画保存形式はswf形式となります。
他の動画形式にする場合には、
別途コンバータなどで変換する必要があります。

使い方

今回の投稿より、インストール方法は最後に書かせて頂くこととして、
先に使い方や使用感といったものを書きます。

起動

インストールオプション

インストール中にインストールオプションが表示され、
普通にインストールした場合には、タスク常駐します。

movie-capture_jing_st02

02-インストールオプション

常駐(JingSunの表示)

常駐時にはディスプレイ上の4辺のいずれかの場所に、
半球(JingSun)が表示されます。

movie-capture_jing_st03

03-JingSun

JingSunの操作

半球から伸びた3つの丸にアイコンを合わせることで、機能選択を行います。
上(左)から、capture、history、more と機能が選べます。

  • capture: キャプチャエリアを選択し、キャプチャを行います。
  • history: これまでのキャプチャ履歴を確認します。
  • more: 設定を行います。
movie-capture_jing_st04

04-JingSunマウスオーバー

キャプチャ

JingSunからキャプチャ選択

JingSunからcaptureをクリックすると、動画キャプチャする範囲を選択する、
クロスヘアカーソル(十字)が表示されます。
ウィンドウにカーソルを合わせるとウィンドウサイズが選択されます。

デスクトップをクリックすると、デスクトップ全体サイズが選択されます。
デスクトップをドラッグアンドドロップすると、ドラッグした範囲が選択されます。

movie-capture_jing_st05

05-キャプチャエリア選択

キャプチャエリアの決定

キャプチャエリアを決定するとエリアの下部に、
操作ボタンが表示されます。
①をクリックすると静止画像がキャプチャされ保存ダイアログが表示されます。
②をクリックすると動画キャプチャが開始されます。

movie-capture_jing_st06

06-ウィンドウキャプチャ

動画キャプチャ画面

動画キャプチャが開始されると、
ウィンドウがフィルム風に表示されます。
①の録画・停止のトグルボタンを押すことで録画を停止することができます。
※この段階ではファイルはJing内に格納され、
まだswfファイルは出力されていません。

movie-capture_jing_st07

07-キャプチャー中ウィンドウ

動画出力

動画キャプチャを停止すると録画した動画が表示されます。
②をクリックして保存することでswfファイルが保存されます。

movie-capture_jing_st08

08-保存ウィンドウ

ファイルの保存

ファイルの保存ダイアログで保存します。

movie-capture_jing_st09

09-保存ダイアログ

※このJingにて出力したswfファイルには再生中の透かしはありませんが、
再生のコントロール(最初に動画エリアをクリックして再生する)が埋め込まれており、
最初にそのコントロールが表示されます。

movie-capture_jing_st18

10-Jing再生ボタン

また、再生が終了するとJingの案内とReplayボタンなどが表示されます。

movie-capture_jing_st19

11-JingReplayボタン

以下のサンプル動画を再生して頂ければその雰囲気が分かります。
キャプチャした動画をそのまま利用するには少し厳しいところではあります。

動画サンプル

Screencast.comによる共有

Jingに統合されたShareボタンから1クリックで、
Screencast.comへアップロードし公開することができます。
この場合swfファイルをそのまま利用します。

Unable to display content. Adobe Flash is required.

Youtubeによる共有

自分でYoutubeのアカウントを取得してファイルのアップロードする方が一般的でしょう。
但し、Youtubeに対してはswfのアップロードはできませんので、
別の動画ファイルに変換する必要があります。
私はFree SWF Converterを利用しています。

このソフトですが、英語をあまり読んでいなかったのか、
変換の回数上限に達したらなのか、日数なのか不明ですが、
Freeソフトではないことが分かりました。
ロゴが入らなくて良かったのですが。。。

結果として機能はよかったのですが
そのままで利用することはできないと判明しました。
その為、結局はPayPal決済で、
上位版であるiWisoft Flash SWF to Video Converter($49)を利用しました。
Free SWF Converterが残念な結果に。
SWFの動画変換は皆苦労されている中、
機能としては十分なものを持っているのでこれはこれでいいと思いますが。

Youtubeアップロードの結果です

履歴

JingSunからHistoryをクリックすると、
キャプチャ履歴の一覧が表示されます。
そこから対象のキャプチャをダブルクリックで表示することで、
再度ファイルに出力したり、Screencast.com
アップロードし公開することができます。

movie-capture_jing_st10

12-キャプチャ履歴

設定

JingSunからmoreをクリックすると大きな丸ウィンドウが表示されます。

movie-capture_jing_st11

13-Moreダイアログ

その中のPreferenceをクリックすることで、
ウィンドウが設定画面に変わります。
設定自体は特に変更したいと思うところはありませんでしたが、
Screencast.comへのアカウント設定変更などはここで行います。

movie-capture_jing_st12

14-設定ダイアログ

動画キャプチャソフトも有償であればそこそこ行けるでしょうが、
皆さんがやりたいと思ったことをやるときに、
用途に合ったものをいきなり購入するのは気が引けるところです。

こうしたフリーソフトとシェアウェア、有償ソフトを、
自分が費やすことになる時間と天秤にかけて、
適宜コストをかけていけばいいと思います。

プロモーション(btm)

Google or AdMax Promotion (it)

インストール

今回利用したJingのインストール方法を、
最後に記載しておきます。インストール自体はインストーラの指示に従えばすぐに完了します。

Jingのダウンロード

以下からJingをダウンロードします。
Download Jing

インストーラの実行

ダウンロードしたインストーラをダブルクリックして実行します。

movie-capture_jing_st13

15-jing.exe実行

Finprintに同意

使用許諾のようなものに同意にチェックを入れ、
Installをクリックでインストールが開始されます。
Optionsをクリックするとインストールオプションを変更可能です。

movie-capture_jing_st14

16-インストーラの開始

インストールオプションの変更

オプションと言っても設定項目は2つだけです。

  • インストール後にJingを起動する
  • 起動時にJingを開始する
movie-capture_jing_st15

17-インストーラオプション

インストールの完了

インストールプログレスバーの表示ののち、
Finishボタンが表示されればインストールは完了です。

movie-capture_jing_st16

18-インストールプログレス

movie-capture_jing_st17

19-インストール完了

Jingのご紹介は以上です。
こうした動画ソフト系はどれもPCに関する負荷が重くなりがちです。
PCのスペックやハードディスクの容量など、
余裕をもって行われることをお勧めします。

最後までお読みいただきありがとうございました。
アルゴリズン

*本ページ内に記載されされた各社ブランド、サービス名、商標、登録商標については、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認ください


最後までお読みいただきありがとうございました。
アルゴリズン


役に立ったと思っていただけたら、以下からシェア頂けたら幸いです^^

QRコードからもこのURLを開けます。

Pitta Promotion

アイキャッチ画像に利用させて頂いております、各社ブランドのロゴやシンボルに関しては、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認頂けますようお願い致します。
ロゴの使用等に関する苦情・ご意見等がございましたら管理者までご連絡ください。

AdMax Promotion

カテゴリ
すべて展開 | すべて省略

Rakuten Promotion

 - windows, ソフトウェア , , , , , , ,

  関連記事