頑張らない!でも諦めない!必死にならずにええかげん

(lounge Apache 2.4.6)ローカル環境(windows)へのApache設置

      2014/11/22

Google or AdMax Promotion(it)

Apache Loungeで提供されているApacheの、
ダウンロードからインストール方法までをご紹介します。
Apache Loungeで提供されているApacheと各モジュールを利用することで、
バージョン違いなどによる動作しないといった要因を減らすことができます。

はじめに

Apache Loungeというサイトはご存知でしょうか。
本来ソースコード提供されているモジュールなどを、
モジュールとして配布してくれているサイトです。

Apache LoungeはPHPのサイトからも紹介されています。
http://windows.php.net/

05_PHPからのApache Lounge推奨

PHPからのApache Lounge推奨

Apacheだけでなくここにはfast_cgiなどのモジュールも置かれていて、
動作する組わせとして提供してくださっています。

こうした組み合わせとして確認してくださっている環境を利用することで、
余計な組み合わせなどの問題を回避して、利用することができます。

環境

ダウンロード

ダウンロードに関しては、環境に明記した各バージョンで行っていますので、
以下を参考にダウンロードを行うことで試すことができます。

既存Apacheとは共存可能

Apacheまでインストールしないといけないの?!そう思われたことでしょう。

既にインストールしてあるApacheはどうするの?ってことになるのですが、
以下で、共存させる方法をご紹介していますので、ご参考まで。

逆にインストーラからだと複数インストールできなかったっけ?って感じなんですが。
1つのPC(サーバー)で複数のApacheをインストールして利用する方法

Apacheダウンロード

Apache Loungeのサイトにアクセスすると、以下のようなページが開きます。
上に[Apache 2.4]のダウンロードリンクがあります。
参考までに下には、
[Apache 2.4 Modules]モジュールセットのダウンロードリンクがあります。

01_Apache Loungeサイト

Apache Loungeサイト

ダウンロードしインストールを行いますが、
利用するApacheが64bitならば、win64のモジュールを
32bitならばwin32のモジュールと一致させるように利用した方がいいと思います。

Apacheインストール

win64もwin32もどちらも差はありませんので、適宜読み替えてください。

zipファイルをダウンロードし解凍したフォルダには以下のようなファイルが作られます。

02_解凍ファイル

解凍ファイル

Apache24というフォルダをインストールしたい場所に対してコピーします。

03_Apacheの配置

Apacheの配置

Apache24/conf/httpd.confを開くと分かるのですが、
httpd.confには[c:\Apache24]へApacheを展開することを想定して書かれています。
その為、そのままCドライブへ配置することをお勧めします。

ServerRoot "c:/Apache24"

Apache24フォルダの中は以下のようになっています。

04_Apache24のファイル構成

Apache24のファイル構成

環境の確認

ここで一旦、[Apache24/bin/ApacheMonitor.exe]を起動してみて、起動することを確認してください。
もし、以下のようなメッセージが表示された場合には、以下の投稿を参考に解決しておいてください。

コンピュータに MSVCR110.dllがないため、プログラムを開始できません。この問題を解決するには、プログラムを再インストールしてみてください。

ApacheMonitor.exeを起動して[コンピュータに MSVCR110.dllがない]と言われた場合

設定ファイルの変更

以後は、[c:\Apache24]へダウンロードしたフォルダをコピーしたものとして記述します。
インストール先を変更した場合は、以下の確認項目を変更してください。

c:\Apache24に対してインストールした場合にはあまり変更を行う必要はありません。
以下順を追って確認をしてゆきます。

ServerRoot

ServerRootが[c:\Apache24]となっていることを確認します。

DocumentRoot

DocumentRootが[c:/Apache24/htdocs]となっていることを確認します。
また、次の行の[<Directory “c:/Apache24/htdocs”>]も同じ設定になっていることを確認します。

Errorlog

Errorlogの出力先が[logs/error.log]となっていることを確認し、
[c:\Apache24\logs]フォルダ内にerror.logという名前のファイルを作成します。

 ScriptAlias

ScriptAliasの指定が
[ScriptAlias /cgi-bin/ “c:/Apache24/cgi-bin/”]となっていることを確認します。
(以下はスクロールしてください)

ScriptAlias Directory

ScriptAliasのDirectoryディレクティブが
[<Directory “c:/Apache24/cgi-bin”>]となっていることを確認します。

サービスに登録し起動の確認

Apacheはサービスとして登録して利用しますので、
設定が完了したら、[Apache24\bin\httpd.exe]をサービスに登録します。
サービスへの登録の方法は以下の投稿を参考にしてください。
プログラムをwindowsのサービスとして追加する(Apacheの例)

ここでは、サービス名を[Apache24Lounge32]として登録します。
サービス名はわかりやすい名称(バージョンを入れるなど)で他と重複しないものにしてください。

サービスとして登録が完了し起動すると、
Apache Service MonitorでもインストールしたApacheが確認できます。

11_Apache Service Monitorの確認

Apache Service Monitorの確認

ブラウザからの確認

ブラウザから[http://127.0.0.1/]などでアクセスして、
ページが表示されればインストールは完了です。

12_ブラウザの表示

ブラウザの表示

プロモーション(btm)

Google or AdMax Promotion (it)

さいごに

以前は、Apacheもwindowsではインストーラを利用して、
インストールするのが普通だと思っていましたが、
最近はこうしたフォルダごとインストールの方式でインストールする方が、
後々のメンテナンスやバックアップが楽だなと思うところです。

次はApache Lounge版のfast-cgiの設定を行います。

Windows は米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標です。
登録番号は以下の通りです。
第3333588号、第3351402号、第4197799号、
第4348387号、第4395963号、第4648301号
Windows は米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における国際登録商標です。
国際登録番号:1135413

Apache,Apache Hadoop,Apache Subversion,Hadoop,HDFS,HBase,Hive,Mahout,Pigは、
Apache Software Foundationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
ApacheソフトウェアはApache Software License (原文)および
Apache License, 2.0 (原文)に基づきOpen Source Initiativeに承認されライセンスされています。

*本ページ内に記載されされた各社ブランド、サービス名、商標、登録商標については、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認ください


最後までお読みいただきありがとうございました。
アルゴリズン


役に立ったと思っていただけたら、以下からシェア頂けたら幸いです^^

QRコードからもこのURLを開けます。

Pitta Promotion

アイキャッチ画像に利用させて頂いております、各社ブランドのロゴやシンボルに関しては、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認頂けますようお願い致します。
ロゴの使用等に関する苦情・ご意見等がございましたら管理者までご連絡ください。

AdMax Promotion

カテゴリ
すべて展開 | すべて省略

Rakuten Promotion

 - Apache, windows , ,

  関連記事