頑張らない!でも諦めない!必死にならずにええかげん

JetPack統計情報は復旧できる!見えていないだけだから大丈夫

      2014/11/22

JetPackサイト統計情報を利用していてふとした瞬間に、
JetPack止めてみるか・・・やっちゃいますよね。
でもそれが致命的でJetPackを停止→有効化で統計情報が表示されなくなったりします。
統計情報が見えなくなると、サーッと血の気が引いていきますね。
二度と経験したくない体験です。
しかし、もしサイト統計が表示されなくなったとしても

データはWordPress.comに残っています。

大丈夫!

01_サイト統計の再接続オーダー概要

サイト統計の再接続オーダー概要

 

JetPackを停止したら統計情報が消えたように見えているだけ

JetPackのサイト統計データが消えた!という記事をよく見かけます。

私もその一人でいろいろと検索しました。

もうね、1年ぐらい前のサイトを始めた頃に一度やってしまって、
その時はあきらめたような気がします。

その後、ずっと忘れていたのですが、
心のどこかで覚悟はしつつも、開設間もないサイトで先日試してみました。

すると、あっさり消えたんですね。半月分のデータが。
※消すつもりでやってますので、この過去データを私はもう捨てています。

 

これは・・・「1年以上頑張ったサイトで起きては困る」そう思って調べました。

 

JetPackのサポートで明確に「データは消えていません。大丈夫!」と言っています。

見えていないだけなんです。

If this happened to you, don’t worry! Your prior stats and followers are safe – we just need to reconnect them to your updated blog ID.

(意訳)もし、あなたにこうした問題が発生した場合でも心配はありません。あなたの以前の統計情報とフォロアーは安全です(失っていません)-私たちは、あなたの更新したブログIDに対して再接続をする必要があります。

 

ざっくり言うとJetPackのサイト統計情報やブログの購読者・フォロアーは、
「ブログID」で管理されています。

そのブログIDが、開発用のミラーサイトを立ち上げたり、ドメインのURLを変更したりした場合に、
移行先のサイトなどで「新しいブログID」が割り当てられてしまう場合があるようです。

そうなると、元のブログIDで管理していたサイト統計情報にアクセスできなくなります

 

ブログIDは、WordPressのwp-optionsテーブルに、
jetpack_options というレコードで保存されているのですが、
これに異なったブログIDが設定されていることで確認ができます。

 

しかし、このテーブルデータを意図するブログIDに変更しても(データベース直接編集)、
JetPackのWordPress.comアカウント連携を行った時点で、
再び元の新しいブログIDに書き換えられてしまいます。

 

ユーザー自身ではどうにも修正はできないという状態になってしまいます。

そこで上記でご紹介した サポートに依頼するという方法を取る必要があります。

 

プロモーション(btm)

Google or AdMax Promotion (it)

復旧までのアクセスは諦めよう

ですので、ブログIDが復旧されるまでのアクセスは、
新しいブログIDに対してカウントされますので、一定期間のアクセスは集計から漏れると思われます。

一応は、、、

With this information, we should be able to reunite you with your stats and followers.

(意訳)この情報を使用することで、私たちはあなたの統計やフォロワーに結び付けることができるはずです。

ここで「reunite = 結び付ける」と私は解釈していますが、

reunite には「再結合」「再会させる」などの意味があり、
「フォロワーに再会させることができる」とも読取れますし、
「統計情報を再結合させる」とも読み取れます。(私の英語力では・・・)

ですのでもしかしたら、分かれてしまった統計データを、
結合(統合)してもらえるのかもしれません。

こればかりは、今度実際に依頼してみなければわかりませんので、
今後の依頼結果でご紹介できればと思います。
追ってご紹介します。

 

ただ少なくとも、
過去の膨大なアクセスデータはサポートに依頼することで復旧することができるんです。

公式に「依頼するように」 とJetPack自身がうたっていますので、
焦らずにまずはサポートに依頼しましょう。

英語ですが・・・ファイト!

 


*本ページ内に記載されされた各社ブランド、サービス名、商標、登録商標については、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認ください


最後までお読みいただきありがとうございました。
アルゴリズン


役に立ったと思っていただけたら、以下からシェア頂けたら幸いです^^

QRコードからもこのURLを開けます。

アイキャッチ画像に利用させて頂いております、各社ブランドのロゴやシンボルに関しては、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認頂けますようお願い致します。
ロゴの使用等に関する苦情・ご意見等がございましたら管理者までご連絡ください。

AdMax Promotion

ブログ記事のご紹介
すべて展開 | すべて省略

Rakuten Promotion

ページ
すべて展開 | すべて省略

 - jetpack, WordPress ,

  関連記事

eye_wordpress
WordPressの独自ショートコードを設定しJavaScriptを出力

Google or AdMax Promotion(it) 禁断の機能がau公式 …

eye_local_wordpress
wordpressの複数バージョン違いをテスト(動作確認)する方法

Google or AdMax Promotion(it) 禁断の機能がau公式 …

eye_wordpress-logo-simplified-rgb
嬉しい悲鳴を伝えてくれるwordpressダッシュボードが可愛い

Google or AdMax Promotion(it) 禁断の機能がau公式 …

eye_twitter
WordPress投稿本文中にTwitter™タイムライン(timeline)ウィジェットを表示する

Google or AdMax Promotion(it) 禁断の機能がau公式 …

eye_wordpress
WordPressのアクセス解析にGoogle Analytics for WordPress_v4.3.4-プラグインを利用

Google or AdMax Promotion(it) 禁断の機能がau公式 …

eye_linkedIn
LinkedIn™への共有をJetpack by WordPress.comで行う動作

Google or AdMax Promotion(it) 禁断の機能がau公式 …

eye_wordpress
14.コンタクトフォーム-Jetpack by WordPress.com

Google or AdMax Promotion(it) 禁断の機能がau公式 …

eye_wordpress
19_07.SlideShareプレゼンテーション表示には、Jetpackのslideshareショートコード埋め込み

Google or AdMax Promotion(it) 禁断の機能がau公式 …

eye_vaultpress
VaultPressのSiteURLを変更したらエラーメッセージ(code: VP07)の対処法

Google or AdMax Promotion(it) 禁断の機能がau公式 …

eye_wordpress
WordPressバージョンとJetPackバージョンの対応表

Google or AdMax Promotion(it) 禁断の機能がau公式 …