頑張らない!でも諦めない!必死にならずにええかげん

Google or AdMax Promotion(page)

FC2ブログからの転送URLをサーバー側で再転送パターン例

FC2ブログからmetaタグやJavaScriptを利用してURL転送を行った際に、
転送先のURLにはWordPress形式のURLを採用して、
一回の転送で済ませることも可能です。
しかし、すべての転送をFC2側からWordPress形式で転送することは困難です。
一旦、WordPress側のサーバーに転送し、サーバー側で再転送する必要が出てきます。
そうした受け取ったURLをWordPress形式に変換する手順例をご紹介します。

 

FC2ブログからのURL転送手順

まず、FC2ブログから移転先のレンタルサーバーに対して、
それぞれのページからのURLを転送する必要があります。

手順はmetaタグで転送するかJavaScriptにて転送をするかになりますが、
それぞれのパターンでご紹介しています。

 

プロモーション(btm)

Google or AdMax Promotion (it)

WordPress設置サーバー上の再転送指定

FC2ブログ側からURL転送を行ったら、
受け取ったアクセスURLに合わせてWordPress形式に再転送を行います。

 

トップページ

トップページをFC2ブログから転送した際には、
そのままドメイン名のみの置換によってサイトの表示が行えます。

この場合、WordPress側のトップページをそのまま表示するだけですので、
特にURLの再転送は発生しません。

.htaccessにも特に記述する必要はありません。

 

記事(投稿ページ)

記事(投稿ページ)をFC2ブログから転送した際には、
もしWordPress側でFC2形式のパーマリンクを採用した場合には、
特にURLの再転送は発生しません。

http://fwding.blog.fc2.com/blog-entry-5.html 形式のURLを、

http://fc2.freeblg.info/blog-entry-5.html でWordPress側で公開する場合です。

しかし、WordPress側ではURLをある程度自由に設定することができます。

せっかくサイトの引っ越しを行う以上は、
無意味なURL(blog-entry-5.html)よりは、
より投稿の内容に即したURL形式にする方がいいかとは思います。
(この辺りは好みの問題です)

.htaccessを利用した各転送パターンは以下でご紹介しています。

 

カテゴリアーカイブページ

 

.htaccessを利用した各転送パターンは以下でご紹介しています。

 

タグアーカイブページ

 

.htaccessを利用した各転送パターンは以下でご紹介しています。

 

年月別アーカイブページ(年別、年月日別)

 

.htaccessを利用した各転送パターンは以下でご紹介しています。

 

 

.htaccessを利用した各転送パターンは以下でご紹介しています。

 

公開日:
最終更新日:2014/12/18

*本ページ内に記載されされた各社ブランド、サービス名、商標、登録商標については、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認ください


最後までお読みいただきありがとうございました。
アルゴリズン

役に立ったと思っていただけたら、以下からシェア頂けたら幸いです^^

QRコードからもこのURLを開けます。

ページ
すべて展開 | すべて省略

アイキャッチ画像に利用させて頂いております、各社ブランドのロゴやシンボルに関しては、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認頂けますようお願い致します。
ロゴの使用等に関する苦情・ご意見等がございましたら管理者までご連絡ください。

Rakuten Promotion