頑張らない!でも諦めない!必死にならずにええかげん

Google or AdMax Promotion(page)

FC2ブログ「記事」URL形式をサーバー側で再転送

FC2ブログからWordPressの各記事に対してURL転送を行う場合には、
metaタグまたはJavaScriptにて転送を行います。
FC2による記事のURLをそのままドメイン名のみを置換して、
URL転送を行った場合には再転送は不要ですが、
WordPress側のパーマリンクに合わせた記事URLに
置き換える場合の例をご紹介します。

 

.htaccessによるURL転送方法

.htaccessによってURLの転送(置換)を行う際には、
様々な記述方法が利用できます。

ここではFC2ブログ形式のURLから移転先のドメイン名のみを変更し、
一旦移転先のサーバーへ転送を行うことを想定しています。

 

FC2の記事(個別投稿)のURLを、
WordPressで利用されるURL形式に置換する例をご紹介します。

 

ただ、個別記事は基本的に1対1のURL対応関係がありますので、
特別な条件指定などの必要はありません。

ここでは、以下のURLによってFC2ブログからmetaタグ転送が行われたURLを、
WordPressの各パーマリンク形式のURLに置き換える例をご紹介します。

以下はそれぞれの転送パターンの動作確認環境です。

転送例/パーマリンク デフォルト 日付と投稿名 数字ベース 投稿名 カスタム構造
Redirect blog-entry-101.html blog-entry-102.html blog-entry-103.html blog-entry-104.html blog-entry-105.html
RedirectPermanent blog-entry-106.html blog-entry-107.html blog-entry-108.html blog-entry-109.html blog-entry-110.html
Redirect Match blog-entry-111.html blog-entry-112.html blog-entry-113.html blog-entry-114.html blog-entry-115.html
mod_rewrite blog-entry-116.html blog-entry-117.html blog-entry-118.html blog-entry-119.html blog-entry-120.html

 

置き換える先のURLの例はここでは外部のサイトを指定して例示しますが、
通常は同じドメイン(移行先のWordPressのドメイン)を指定することになります。
※例示においてはWordPressのパーマリンク設定は1サイト内で1設定の為です。

Redirect

Redirectディレクティブを利用したURL転送(置換)によって、
URL形式を変換する例をご紹介します。

 

RedirectPermanent / RedirectTemp

RedirectPermanentディレクティブを利用したURL転送(置換)によって、
URL形式を変換する例をご紹介します。

サイト移転時には、一時的な転送はあまり利用することはないでしょうから、
レスポンスコードに302が返される RedirectTemp の例は割愛します。
記述方法は同等です。

 

Redirect Match

Redirect Matchディレクティブを利用したURL転送(置換)によって、
URL形式を変換する例をご紹介します。

敢えてマッチングを行う必要はないのですが、
正規表現による条件指定による転送を記述にしています。

Redirect Matchディレクティブにおいて、ステータスコードを省略した場合には、
「302 Found」が返されて、一時的なURL転送として動作します。

 

mod_rewrite

mod_rewriteを利用したURL転送(置換)によって、
URL形式を変換する例をご紹介します。

サンプルパターンではmod_rewriteである必要はないのですが、
あくまでもサンプルとしてご紹介します。

 

プロモーション(btm)

Google or AdMax Promotion (it)

WordPressによる初期設定と共存時の注意

URLの転送を行う場合には、
WordPressでパーマリンク設定を行うと自動的に生成される
.htaccessファイルにURL転送ルールを記述することになりますが、

以下のような初期状態で記述されている内容は、
消さないように注意します。

また「# BEGIN WordPress ~ # END WordPress」までは、
WordPressが削除・更新をしてくる部分なので、この中には記述しないようにします。

個別に追記する場合には、# BEGIN WordPressよりも前の行に、
個別のURL転送を記載するといいでしょう。

 

さいごに

無料ブログから、自身のサーバーまでURLによって振り分けができるように、
アクセスを流すことさえできれば、
あとは、自身のサーバー側で.htaccessを利用して、

外部で利用していたURL形式(パス形式)を、
WordPressとしてのURL形式に変換してURL転送を行うことができます。

無料ブログ側の仕様に依存する部分は多くあり、
そもそもmetaタグによるURL転送さえ認めていないこともあります。

可能な限り、URL転送を行って既存のサイト評価を、
無駄にすることなく引き継いで引っ越しを成功させたいものです。

 


公開日:
最終更新日:2014/12/22

*本ページ内に記載されされた各社ブランド、サービス名、商標、登録商標については、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認ください


最後までお読みいただきありがとうございました。
アルゴリズン

役に立ったと思っていただけたら、以下からシェア頂けたら幸いです^^

QRコードからもこのURLを開けます。

ページ
すべて展開 | すべて省略

アイキャッチ画像に利用させて頂いております、各社ブランドのロゴやシンボルに関しては、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認頂けますようお願い致します。
ロゴの使用等に関する苦情・ご意見等がございましたら管理者までご連絡ください。

Rakuten Promotion