頑張らない!でも諦めない!必死にならずにええかげん

Google or AdMax Promotion(page)

FC2ブログの「PCテンプレート」metaタグ転送手順

FC2ブログからのURL転送を行う際には、
サイトにアクセスしてきた端末ごとのテンプレートに合わせて、
テンプレートに対してのURL転送を行います。
ここではFC2ブログの「PCテンプレート」に対しての転送手順をご紹介します。

 

PCテンプレートの他には携帯端末向けの「ケータイ用」テンプレート、
スマホ用の「スマートフォン用」テンプレートがあります。

それぞれサイトにアクセスしてきた端末によって、
転送の指定を行っておかなければ、大切なアクセスを逃すことになります。
じっくりと計画を行って移転を成功させたいものです。

 

なお、JavaScriptを利用した転送方法は以下でご紹介しています。
どちらもメリットデメリットがありますので併用されるといいと思います。

 

FC2ブログの「PCテンプレート」転送手順

FC2ブログにおけるPC用テンプレートは、
FC2ブログにある様々なページタイプに対して1テンプレートで設定する仕様です。

トップページも個別記事のページも見た目や表示されている内容が異なっていますが、
テンプレートは共通の1つであるということです。

その為、1つのテンプレートで何を表示するかを、
独自のエリアタグというもので指定しています。

例えば、ここは「トップページのみで出力したい」とか、
ここは「個別記事の表示の時だけ出力したい」といったように、
ページの種別ごとに出力を「する/しない」の指定をエリアタグで指定します。

こうしたエリアタグを利用することで、
このページではこのタグを出力するというような条件分岐が行えます。

今回はWordPressへFC2ブログを移転することを想定していますので、

FC2ブログのページ種別とWordPressのページ種別、
またページ種別に対応するエリアタグの例を以下に示します。

WordPress側種類 FC2ブログ側の種別 関連する独自変数タグ 備考
トップページ トップページ <!–index_area–>
~ <!–/index_area–>
インデックスページ、?mode 等のクエリが何も付かないURL
記事(投稿ページ) 固定リンク画面 <!–permanent_area–>
~ <!–/permanent_area–>
(blog-entry-x.html)で表示
カテゴリアーカイブページ カテゴリ別画面 <!–category_area–>
~ <!–/category_area–>
(blog-category-x.html)で表示
タグアーカイブページ タグ検索結果画面 <!–tag_area–>
~ <!–/tag_area–>
(?tag=xxx)で表示
年別アーカイブページ 月・日別表示画面 <!–date_area–>
~ <!–/date_area–>
(blog-date-x.html)で表示
年月別アーカイブページ
年月日別アーカイブページ
検索結果ページ 検索結果画面 <!–search_area–>
~ <!–/search_area–>
(?q=xxx)で表示

(参考) FC2ヘルプ | FC2ブログ | テンプレート用 変数一覧

 

こうしたページ種別ごとに転送タグの出力を切り替えていきますが、
それぞれのページ種別によって、
確実に転送が行えたり、FC2ブログ側の仕様的な限界があったりと様々です。

それぞれのページ種別ごとに転送を行う例を順にご紹介します。

なお、ここで例示する転送ドメインは、
FC2ブログ側(転送元)が、http://fwding.blog.fc2.com/ としています。
WordPress側(転送先)が、http://fc2.freeblg.info/ としています。

 

トップページ

トップページとは、http://fwding.blog.fc2.com/としてFC2ブログに公開されている、
ドメイン名のトップページを示しています。

FC2ブログでは通常はブログの最新投稿が抜粋表示で表示されていると思います。

WordPressでは、トップページでは最近の投稿一覧などが表示したり、
ホームページ形式で固定ページを表示したりすることができます。

このトップページのURL転送はFC2ブログから問題なく行うことができます。

 

以下のようなタグを<head>~</head>タグの間に記述します。
※私は<head>の次の行に記載しています。

 

記事(投稿ページ)

記事(投稿ページ)とは、http://fwding.blog.fc2.com/blog-entry-5.html のような、
1記事を表すURLのページを示しています。

この記事URL転送はFC2ブログから行うことができます。
URL形式をWordPressでも同一にするならば、再転送は必要なくなります。

 

以下のようなタグを<head>~</head>タグの間に記述します。
※私は<head>の次の行に記載しています。

 

カテゴリアーカイブページ

カテゴリアーカイブページは、

http://fwding.blog.fc2.com/blog-category-2.html 形式で表示される、

同一のカテゴリが付与された投稿の一覧を表示する抜粋ページです。

カテゴリページのURL転送では、WordPressではカテゴリ名がURLに含まれますが、
FC2ブログではブログIDが含まれる静的URL形式で公開されています。

また変数で取得できる値もブログIDになりますので、
以下のようなタグでURL転送を行って、ブログIDごとに転送先のサーバーで、
URLの再転送をおこなう形がいいかと思います。

 

以下のようなタグを<head>~</head>タグの間に記述します。
※私は<head>の次の行に記載しています。

 

タグアーカイブページ

タグアーカイブページは、

http://fwding.blog.fc2.com/?tag=tags 形式で表示される、

同一のタグが付与された投稿の検索結果一覧を表示する抜粋ページです。

WordPressではタグ名(スラグ)がURLに含まれますが、
FC2ブログでは検索パラメータ形式によるURLで表示されます。

その為、FC2ブログでタグを検索したURLから検索キーワードを利用して、
URL転送を行うのがいいかと思います。

転送後にそのまま日本語URLのままWordPressでタグページを表示するか、
スラッグに合わせて再転送を行うような流れになります。

 

以下のようなタグを<head>~</head>タグの間に記述します。
※私は<head>の次の行に記載することにしました。

 

2014/12/07追記

その後いろいろと検討しておりましたが、
基本的にはFC2ブログのURL形式のまま、WordPress側に一旦URL転送した方が、
より柔軟に対応が行えるのではないかと感じています。

その為、タグアーカイブページもURL形式を変更せず、
そのままのURL転送を一旦されることをお勧めします。

以下のようなタグを<head>~</head>タグの間に記述します。
※私は<head>の次の行に記載することにしました。

これによって、http://fwding.blog.fc2.com/?tag=tags というページは、

http://fc2.freeblg.info/?tag=tags へ転送されることになります。

※当然このままではWordPress側では表示することはできません。

 

年月別アーカイブページ(年別、年月日別)

年月別アーカイブページは、以下のようなURL形式で表示される、
投稿年月別などで表示される抜粋ページです。

  • http://fwding.blog.fc2.com/blog-date-2014.html
  • http://fwding.blog.fc2.com/blog-date-201411.html
  • http://fwding.blog.fc2.com/blog-date-20141125.html

このタイプのページでは<meta>タグでは年月情報が取得できず、
年月ごとのURL転送を行うことができません。

特定の年月のアーカイブに転送するような方法になるかと思います。

 

以下のようなタグを<head>~</head>タグの間に記述します。
※私は<head>の次の行に記載しています。

 

ただ、JavaScriptによる転送を利用すると、
年月ごとにURLの転送を行うことができますので、そうした選択肢も検討されるといいでしょう。

 

検索結果ページはブログ内をユーザーが入力したキーワードで検索し、
検索に該当したページの一覧を抜粋表示するページです。

FC2ブログではhttp://fwding.blog.fc2.com/?q=[keyword] 形式で表示されます。
そのパラメータ形式のURLをWordPress側の検索結果を表示するURLに変更し、
転送を行う形がいいかと思います。

 

以下のようなタグを<head>~</head>タグの間に記述します。
※私は<head>の次の行に記載しています。

 

それぞれのページに合わせて、必要なタグを出力するように、
FC2ブログのテンプレートを編集し、可能な限り既存のコンテンツを、
移転先のブログに転送をおこなうといいでしょう。

 

プロモーション(btm)

Google or AdMax Promotion (it)

さいごに

<meta>タグでURLの転送を行う方法でも、
JavaScriptでURL転送を行う方法でも、目的に合った方法を採用されるといいでしょう。

JavaScriptでURL転送を行うと、細かな制御は行えるようになる反面、
JavaScriptが有効な状態でアクセスをしたユーザーのみが転送されることになるので、
<meta>タグによる転送が確実です。

ただ、実現ができないような転送を行う場合に、
一部JavaScriptを採用するのもいいと思います。

 

参考

感謝!
FC2BLOGでmeta要素のrefreshを使ってリダイレクトする : FC2ブログ – Paroday


公開日:
最終更新日:2014/12/07

*本ページ内に記載されされた各社ブランド、サービス名、商標、登録商標については、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認ください


最後までお読みいただきありがとうございました。
アルゴリズン

役に立ったと思っていただけたら、以下からシェア頂けたら幸いです^^

QRコードからもこのURLを開けます。

ページ
すべて展開 | すべて省略

アイキャッチ画像に利用させて頂いております、各社ブランドのロゴやシンボルに関しては、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認頂けますようお願い致します。
ロゴの使用等に関する苦情・ご意見等がございましたら管理者までご連絡ください。

Rakuten Promotion