頑張らない!でも諦めない!必死にならずにええかげん

Google or AdMax Promotion(page)

(mod_rewrite:RewriteRule)FC2ブログ「年月別」URL形式を再転送

FC2ブログからWordPressの年月別アーカイブページに対してURL転送を行う際に
一旦サーバーへ転送を行った後のWordPress形式URLへ置換する
mod_rewriteを利用した記述例についてご紹介します。
ここではRewriteRuleにて条件判定を記述しています。

 

.htaccessによるURL転送方法(RewriteRule)

mod_rewriteディレクティブでRewriteRuleを利用した
FC2ブログ形式の年月別アーカイブページの転送について、

ここではFC2ブログ形式のURLから移転先のドメイン名のみを変更し、
一旦移転先のサーバーへ転送を行うことを想定しています。

 

mod_rewrite(RewriteRule)

mod_rewriteを利用した場合には、
パターンマッチングによる動的なURL生成が利用できます。

その為、多くのURLをパターン化して、1つの記述で表現することができます。

 

移転元、移転先のURLマッピング

タグURL形式 転送元先 検証用転送先URL
年別アーカイブ 転送元→ http://date-mr-fc2.freeblg.info/blog-date-2014.html
→転送先 http://url-html.rensrv.com/2014
年月アーカイブ 転送元→ http://date-mr-fc2.freeblg.info/blog-date-201412.html
→転送先 http://url-html.rensrv.com/2014/12
年月日アーカイブ 転送元→ http://date-mr-fc2.freeblg.info/blog-date-20141209.html
→転送先 http://url-html.rensrv.com/2014/12/09

転送先URLの末尾にスラッシュ「/」がないのは、
パーマリンク設定をカスタムとして、URLの末尾を「.html」として設定した際に、
WordPress3.9.2では末尾スラッシュなしとなってしまうためです。
それぞれの環境に合わせて必要ならスラッシュ付きで.htaccessに記載してください。

mod_rewriteを利用した場合には、
年月ごとに転送の記述をマッチングパターンで記述することができます。

パターン指定を行うことができるので、
要求されたURLから動的に転送先URLを生成させることができます。

 

以下では、RewriteRuleによる判定と、RewriteCondによる判定の双方を例示しています。
要求パスの判定にはスラッシュの有無に違いがありますが、
この違いについては以下でご紹介しています。

 

年別アーカイブ

1つの年別アーカイブページをFC2ブログからリダイレクトを行って、
WordPress形式のURLに再転送を行うには.htaccessへ記述を行います。

mod_rewriteでURL転送を記述する際には、
URLの判定条件をRewriteRule または、RewriteCondで指定することができます。

 

RewriteRule で指定

URLの判定条件をRewriteRule で判定させる場合には以下のように記述します。

 

この記述によって、以下のように判定されています。

RewriteRule ^blog-date-([0-9]{4})\.html$ http://url-html.rensrv.com/$1 [R=302,L]

要求パスに対して、正規表現を用いたパターンマッチングを利用しています。

[0-9]」は、数字の0~9のいずれかの文字であることを示しています。
{4}」は直前に指定した0~9の文字が、4文字であることを示しています。

これによって、2014などの西暦4桁(YYYY)が入ることを表現しています。

\」は「.html」拡張子を表現するために、特殊な意味がある「. (任意の1文字の意味)」を、
本来の文字としてのピリオドとして表現するために、エスケープしています。

これによって要求パスが「blog-date-YYYY.html」である場合に、
このパターンにマッチします。

([0-9]{4})」の括弧に含まれる部分の文字を、
置換後文字列で利用するために記憶しておく(変数化)ことを意味しています。

この記憶した値を「$1」として、利用しています。
「blog-date-2014.html」と要求された場合、/2014 として置換後パスに挿入されます。

 

以下のURLにアクセスするとURLが転送されるのが確認できます。

すぐにWordPressによって転送され以下のURLにページが遷移します。

 

年月別アーカイブ

1つの年月別アーカイブページをFC2ブログからリダイレクトを行って、
WordPress形式のURLに再転送を行うには.htaccessへ記述を行います。

mod_rewriteでURL転送を記述する際には、
URLの判定条件をRewriteRule または、RewriteCondで指定することができます。

 

RewriteRule で指定

URLの判定条件をRewriteRule で判定させる場合には以下のように記述します。

 

この記述によって、以下のように判定されています。

RewriteRule ^blog-date-([0-9]{4})([0-9]{2})\.html$ http://url-html.rensrv.com/$1/$2 [R=302,L]

要求パスに対して、正規表現を用いたパターンマッチングを利用しています。

[0-9]」は、数字の0~9のいずれかの文字であることを示しています。
{4}」は直前に指定した0~9の文字が、4文字であることを示しています。
これによって、2014などの西暦4桁(YYYY)が入ることを表現しています。

{2}」は直前に指定した0~9の文字が、2文字であることを示しています。
これによって、12などの月2桁(MM)、日2桁(DD)が入ることを表現しています。

\」は「.html」拡張子を表現するために、特殊な意味がある「. (任意の1文字の意味)」を、
本来の文字としてのピリオドとして表現するために、エスケープしています。

これによって要求パスが「/blog-date-YYYYMM.html」である場合に、
このパターンにマッチします。

([0-9]{4})」「([0-9]{2})」の括弧に含まれる部分の文字を、
置換後文字列で利用するために記憶しておく(変数化)ことを意味しています。

この記憶した値を「$1」「$2」として、利用しています。
番号は左から順番に付与されます。
「/blog-date-201412.html」と要求された場合、/2014/12 として置換後パスに挿入されます。

 

以下のURLにアクセスするとURLが転送されるのが確認できます。

すぐにWordPressによって転送され以下のURLにページが遷移します。

 

年月日別アーカイブ

1つの年月別アーカイブページをFC2ブログからリダイレクトを行って、
WordPress形式のURLに再転送を行うには.htaccessへ記述を行います。

mod_rewriteでURL転送を記述する際には、
URLの判定条件をRewriteRule または、RewriteCondで指定することができます。

 

RewriteRule で指定

URLの判定条件をRewriteRule で判定させる場合には以下のように記述します。

 

この記述によって、以下のように判定されています。

RewriteRule ^blog-date-([0-9]{4})([0-9]{2})([0-9]{2})\.html$ http://url-html.rensrv.com/$1/$2/$3 [R=302,L]

要求パスに対して、正規表現を用いたパターンマッチングを利用しています。

[0-9]」は、数字の0~9のいずれかの文字であることを示しています。
{4}」は直前に指定した0~9の文字が、4文字であることを示しています。
これによって、2014などの西暦4桁(YYYY)が入ることを表現しています。

{2}」は直前に指定した0~9の文字が、2文字であることを示しています。
これによって、12などの月2桁(MM)、日2桁(DD)が入ることを表現しています。

\」は「.html」拡張子を表現するために、特殊な意味がある「. (任意の1文字の意味)」を、
本来の文字としてのピリオドとして表現するために、エスケープしています。

これによって要求パスが「blog-date-YYYYMMDD.html」である場合に、
このパターンにマッチします。

([0-9]{4})」「([0-9]{2})」「([0-9]{2})」の括弧に含まれる部分の文字を、
置換後文字列で利用するために記憶しておく(変数化)ことを意味しています。

この記憶した値を「%1」「%2」「%3」として、利用しています。
番号は左から順番に付与されます。
「blog-date-20141209.html」と要求された場合、/2014/12/09 として置換後パスに挿入されます。

 

以下のURLにアクセスするとURLが転送されるのが確認できます。

すぐにWordPressによって転送され以下のURLにページが遷移します。

プロモーション(btm)

Google or AdMax Promotion (it)

実際にサーバーに導入する場合

実際にサイトに対して設定を行う場合には、
それぞれの行を順に記述してサーバーに導入します。

転送されることを確認し問題がないことがわかったら、
レスポンスコードを302から301へと変更します。

 

RewriteRule で指定する場合

 

RewriteCond で指定する場合

 

 

%1と$1の併用について

mod_rewriteを利用した場合、正規化表現によってマッチングしたURL文字列を、
()括弧で囲むことで、記憶し置換後URLで変数として利用することができます。

この%と$は非常に便利に利用することができます。

当然、併用することも可能です。

 

 

さいごに

年月アーカイブ形式のURLは、
FC2ブログから移転先サーバにURL転送を行う際に、
JavaScriptを利用した転送を行うしかないタイプのページです。

年月別アーカイブのインデックスがさほど重要だとは思っていませんが、
念のためURL転送を行っておく程度の力感でいいのではないかと思います。

 


公開日:

*本ページ内に記載されされた各社ブランド、サービス名、商標、登録商標については、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認ください


最後までお読みいただきありがとうございました。
アルゴリズン

役に立ったと思っていただけたら、以下からシェア頂けたら幸いです^^

QRコードからもこのURLを開けます。

ページ
すべて展開 | すべて省略

アイキャッチ画像に利用させて頂いております、各社ブランドのロゴやシンボルに関しては、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認頂けますようお願い致します。
ロゴの使用等に関する苦情・ご意見等がございましたら管理者までご連絡ください。

Rakuten Promotion