頑張らない!でも諦めない!必死にならずにええかげん

Google or AdMax Promotion(page)

FC2ブログのmeta・JavaScript転送優先度チェック

FC2ブログからのURL転送をmetaタグやJavaScriptを用いて行う際に、
すべてのページからのmetaタグによる転送が行えるわけではありません。
ページタイプによっては実現ができないページも存在しています。
そのような場合に代替策として利用できるのがJavaScriptによる転送です。
可能な限りURL転送を漏らさない為にも併記することをお勧めします。

 

FC2ブログのmeta・JavaScript転送優先度チェック

サイトのURL転送では可能な限り.htaccessを利用した、
301転送を利用することが鉄則です。

しかし無料ブログなどの外部サービスを利用している場合には、
まず.htaccessを利用することはできません。

そんな場合の代替策として利用するのがmetaタグによる転送です。

さらに、metaタグによるURL転送が行えない場合の代替策として、
JavaScriptによるURL転送もあります。

 

無料ブログのサービスによってできることに制限があることと思います。
ここではFC2ブログでmetaとJavaScriptによるURL転送を併記した場合に、
どちらにURL転送が行われるのかをチェックしておきます。

予想は「常にmetaタグが優先される」と考えています。

 

URL転送の記述

ここではFC2ブログへURL転送を、以下のようにテンプレートに記述して確認します。

metaタグ転送例

 

JavaScript転送例

 

上記のサンプルソースをテンプレートに併記します。

 

URL転送の確認

確認するページはトップページから行います。

http://fwding.blog.fc2.com/

 

確認する条件は以下のブラウザからそれぞれ行なっています。

OSはwindows: windows 7 Ultimate(64bit)上からの確認です。

  • Chrome 39.0.2171.95 m
  • IE 11.0.9600.17358
  • Safari 5.1.7(7534.57.2)
  • Firefox 34.0.5
  • Opera 26.0.1656.60

 

FC2ブログのテンプレートの<head>~</head>間に、
metaタグとJavaScriptを直接記述して転送先を確認しました。

以下はmetaタグを先に記述した例です。(一覧上の「meta→js」パターンを示す)

 

結果は以下の通りです。

検証ブラウザと記述 記述順とブラウザアクセス
meta→js js→meta
js有効 js無効 js有効 js無効
Chrome /?tt=js /?tt=meta /?tt=js /?tt=meta
IE /?tt=js /?tt=meta /?tt=js /?tt=meta
Safari /?tt=js /?tt=meta /?tt=js /?tt=meta
Firefox /?tt=js /?tt=meta /?tt=js /?tt=meta
Opera /?tt=js /?tt=meta /?tt=js /?tt=meta

 

結果として、記述の順序は全く問われることなく、
JavaScriptが有効である限りは、JavaScriptによるURL転送が行われました。

metaタグとJavaScriptによるURL転送を併記した際には、
JavaScriptによるURL転送が動作している可能性が高くなります。

極力metaタグによるURL転送を行いたい場合には注意が必要です。

 

metaタグによるURL転送を優先する

いろいろ試したのですが、metaタグの転送とJavaScriptの転送を、
併記してmetaタグを優先する方法は思いつきませんでした。

苦肉の策として、私のアクセスした結果として、
JavaScript側で、1500ms後に転送の指定を行うことで、
metaタグによる転送が優先された結果が得られましたが、
これでは本来の目的としての0秒転送にはなりません。

 

結果として、URLの転送をmetaタグ優先で行いたい場合には、
併記せず、metaタグのみを記述したほうがいいようです。

 

プロモーション(btm)

Google or AdMax Promotion (it)

さいごに

metaタグによるURL転送が利用できる以上は、
JavaScriptによるURL転送は利用する必要性もないと言えます。

ただ、FC2ではmetaタグの挿入を阻止しようとする意図が、
テンプレートの編集画面で見られます。

 

ただ、<meta http-equiv=”refresh” content=”0; ・・・ と記述すると、
保存時にメタタグが削除されてしまいます。

その為、<meta <%tag_word>http-equiv=”refresh” content=”0; のように、
空文字を返してくるようなタグを間に挿入して、回避します。

 

こうした動作がいつまで認められるかは不明ですし、
念のためJavaScriptによる転送も併記しておきたかったのですが、
あまり現実的な対応とは言えないようです。

 

そんな経緯からもあって、FC2ブログの仕様が変更になる前に、
独自ドメインのレンタルサーバーなどに、
コンテンツを移転しておくことをお勧めします。

 


公開日:

*本ページ内に記載されされた各社ブランド、サービス名、商標、登録商標については、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認ください


最後までお読みいただきありがとうございました。
アルゴリズン

役に立ったと思っていただけたら、以下からシェア頂けたら幸いです^^

QRコードからもこのURLを開けます。

ページ
すべて展開 | すべて省略

アイキャッチ画像に利用させて頂いております、各社ブランドのロゴやシンボルに関しては、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認頂けますようお願い致します。
ロゴの使用等に関する苦情・ご意見等がございましたら管理者までご連絡ください。

Rakuten Promotion