頑張らない!でも諦めない!必死にならずにええかげん

Google or AdMax Promotion(page)

xdomain無料サーバーに独自ドメインを割り当てる手順

xdomainの無料サーバーでは独自ドメインを割り当てて運用をおこなうことができます。
xdomainでドメインを新しく取得することもできますし、
別のドメインレジストラで取得したドメインを割り当てて設定を行うこともできます。
ここではxdomainで取得したドメインと他社で取得したドメインの
それぞれを割り当てる方法をご紹介します。

 

xdomain無料サーバーに対するドメインの割り当て

xdomainではxdomainで取得したドメインでも、
他社で取得したドメインでもどちらを利用しても無料でサイトを公開することができます。

ドメインを割り当ててサイトを公開しておくことで、
今後サイトを別のサーバーに引っ越しを行う際などにも、
URLの変更をなく(最小限にして)サイトを公開し続けることができます。

 

xdomainでドメインを取得して公開する場合

ドメインに対してあまり詳しくない場合には、
xdomainで取得したドメインをそのままxdomainで割り当てたほうがより簡単にサイトの公開が行えます。

以下では、xdomainで取得したドメインをサイトに対して割り当てる手順についてご紹介しています。

 

他社で取得したドメインでサイトを公開する場合

新しくサイトを公開しようと思った際には私は最初に利用したいドメインをまず取得するようにしています。

あるタイミングで勢いで取得してしまったドメインをxdomainでそのまま利用したい場合も、
xdomainではドメインを持ち込みで設定してサイトを公開することができます。

極論を言ってしまえば、ドメインの移管をおこなえば管理自体をxdomainに移管して、
運用をおこなうこともできますが、その際は当然移管の手数料がかかってしまいます。

以下では、他社管理のドメイン(持ち込みドメイン)をxdomainの無料サーバーに対して、
割り当ててサイトを公開する方法です。

 

どちらの方法を採用しても特に問題なく独自ドメインを利用してサイトを公開できますし、
サイトにアクセスが集まるようになるまで、低コスト(ドメイン費用のみ)でサイトの運用ができます。

将来的にサイトがサーバー費用を賄えるようになってきてから、
パフォーマンスで定評のあるXSERVERなどに移行して、
より安定した環境で運用するというように、
検索からのトラフィックが得られるようになるまでのサーバー費用の負担を回避することができます。

 


プロモーション(btm)

Google or AdMax Promotion (it)

公開日:
最終更新日:2014/12/04

*本ページ内に記載されされた各社ブランド、サービス名、商標、登録商標については、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認ください


最後までお読みいただきありがとうございました。
アルゴリズン

役に立ったと思っていただけたら、以下からシェア頂けたら幸いです^^

QRコードからもこのURLを開けます。

ページ
すべて展開 | すべて省略

アイキャッチ画像に利用させて頂いております、各社ブランドのロゴやシンボルに関しては、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認頂けますようお願い致します。
ロゴの使用等に関する苦情・ご意見等がございましたら管理者までご連絡ください。

Rakuten Promotion