頑張らない!でも諦めない!必死にならずにええかげん

Google Analyticsアクセス解析をはてなブログで利用する方法

      2014/11/22

Google or AdMax Promotion(it)

Google Analytics™は皆さんご利用でしょうか。
こうした優れたアクセス解析ツールを各社無料ブログで利用したい
そう思うことはよくあることでしょう。
今回はHatena(はてな)ブログ™でGoogle Analyticsを利用する方法をご紹介します。

他社の無料ブログでどのように設定するのかなどが、
気になるようでしたら以下の投稿をどうぞ。
無料ブログ各社のGoogle Analytics利用可否と方法

はじめに

無料ブログには既に独自のアクセス解析ツールが付属していて、
サービスを始めるとともにすぐにアクセス数等が確認できて便利なものです。
しかしこうした標準のアクセス解析ツールでは、
あくまでも標準で提供された内容のみが確認でき、
もっと詳細に解析データを確認したいと思っても、確認することができません。

そこで、アクセス解析でもっとも普及しているであろう、
Google Analyticsを利用しようと思うわけです。

01_GoogleAnalyticsをhantenaブログで!

GoogleAnalyticsをhantenaブログで!

利用規約上問題はないか

Hatena(はてな)ブログといった無料ブログサービスなどの、
外部Webサービスを利用するにあたって、
まず確認しなければならないことは利用規約です。

Hatena(はてな)ブログの利用規約の禁止事項に対して、
このような外部プログラムの利用が認められていることを確認する必要があります。

はてな利用規約

この中には禁止事項等が書かれています。
以下は2013/08/26時点の第6条抜粋です。

第6条(禁止事項)

  1. ユーザーは、本サービスを利用するに際し、以下のような法律違反行為を行ってはなりません。
    1. 著作権、特許権等の知的財産権を侵害する行為
    2. プライバシーを侵害する行為
    3. 名誉毀損行為、侮辱行為や他者の業務妨害となる行為
    4. 詐欺行為
    5. 無限連鎖講(ネズミ講)を開設し、またはこれを勧誘・運営する行為
    6. 不正アクセス行為の防止等に関する法律に違反する行為、電子計算機損壊等業務妨害罪(刑法第234条の2)に該当する行為をはじめ、当社及び他人のコンピューターに対して不正な操作を行う行為
    7. その他犯罪に関わる行為あるいは法令に違反する行為
  2. ユーザーは、本サービスを利用するに際し、以下のような社会的に不適切な行為を行ってはなりません。
    1. 犯罪予告、犯罪の指南等、犯罪を引き起こすおそれのある行為
    2. 人種、民族、信条、性別、社会的身分、居住場所、身体的特徴、病歴、教育、財産及び収入等を根拠にする差別的表現行為
    3. 倫理的に問題がある低俗、有害、下品な行為、他人に嫌悪感を与える内容の情報を開示する行為。ポルノ、売春、風俗営業、これらに関連する内容の情報を開示する行為。
    4. 迷惑行為、嫌がらせ行為、誹謗中傷行為、正当な権利なく他者に精神的被害・経済的被害を与える行為
    5. 自分以外の個人や会社、団体を名乗ったり、権限なく特定の会社や団体の名称を使用したり、架空の個人や会社、団体を名乗ったり、事実がないにも関わらず他の人物や会社、団体と業務提携や協力関係があると偽ったりする行為
    6. 他者になりすましてサービスを利用したり、情報を改ざんする行為
    7. その他、公序良俗に反するかあるいは社会的に不適切な行動と解される行為
  3. ユーザーは、本サービスを利用するに際し、以下のような本サービス利用上不適切な行為を行ってはなりません。
    1. 宣伝や商用を目的とした広告・勧誘その他の行為。ただし、当社が各サービスのヘルプに別途定める場合はその限りではありません。
    2. ユーザー名を共有する行為、当社の許諾無く1人でメインアカウントを複数保有する行為、当社が許諾する数を超えるサブアカウントを保有する行為
    3. 他人に不快感や誤解を与えるようなユーザー名を使用する行為、当社あるいは他人、一般的に知られている社名、団体名、商品名と誤解されるような同一あるいは類似のユーザー名を使用する行為
    4. 有益とみなされる回答が得られているにも関わらず、意図的に回答者にポイントを支払わずに質問をキャンセルするなど、マナー違反とみなされる行為
    5. 他人の個人情報やポイントを盗用、収集、蓄積、変更、利用する行為、自分の個人情報やポイント数を不正に操作し、変更する行為
    6. 本サービス内でのページデザイン変更により、当社が標準的に表示しているヘッダ、フッタ、広告及び著作権表示を当社の許諾なく非公開にする行為
    7. 当社の承諾無く本サービスを転用・売却・再販する行為
  4. ユーザーは、本サービスの「はてなアンテナ」を利用するに際し、以下のような行為を行ってはなりません。
    1. 更新無視文字列及び更新チェック範囲に意図的に不適切な内容を設定する行為
    2. チェック対象ウェブページ管理者および関係者に対する嫌がらせを目的として、ウェブページを登録する行為
  5. ユーザーは、本サービスの「はてなグループ」を利用するに際し、以下のような行為を行ってはなりません。
    1. キーワードおよび日記に他者の著作権やその他の権利を侵害する情報を掲載する行為
    2. グループ管理者の要請、命令、強制的措置等に反する行為
  6. ユーザーは、本サービスの「はてなブックマーク」を利用するに際し、以下のような行為を行ってはなりません。
    1. コメントおよびタグに他者の権利を侵害する情報を掲載する行為
    2. エントリー概要欄においてエントリーと無関係な内容を登録するなど不適切な編集行為
    3. 広告、宣伝および検索サイト最適化を目的としてブックマークに登録する行為
    4. ウェブページの管理者および関係者に対する誹謗中傷、嫌がらせ及びそれらに類する目的でブックマークに登録する行為
  7. ユーザーは、以上の各項の他、当社が不適切であると判断する行為を行ってはなりません。

確認した感じとして、社会通念上のNG行為全般や、性的表現に関する行為、
商業行為の禁止などが挙げられています。

今回のGoogle Analyticsなどに関する禁止規定の明記はありませんので特に問題ないものと解釈できます。
また、Google Analytic専用の設定が設けられていますので、
使用することを認めていると考えられます。

Google Analyticsコードの取得

Hatena(はてな)ブログでは後述しますが、
GoogleAnalyticsから提供されるトラッキングコードを設定して、
GoogleAnalyticsの設定を行うのではなく、
トラッキングIDのみを設定するという方法で設定を行います。

この方式は、livedoorブログでも利用されていますが、
最終的に出力されるトラッキングソースの選択肢がないことが欠点になります。
Google Analyticsアクセス解析をlivedoorブログで利用する方法(連携)

Hatena(はてな)ブログから実際に出力されるコードは、
以下のようなコードが出力されます。

別のトラッキングIDも埋め込まれていますので、
Hatena(はてな)運営側のトラッキングも行われているように見えます。

こうしたトラッキングコードで利用される関数はトラッキング方式によってコードが違うのですが、
hatena(はてな)ブログでは、この関数をAPIを利用して独自の処理にしています。

では、それぞれのトラッキングのプロパティータイプによる、
Google Analyticsから指定されるトラッキングコードを確認してみます。

Universal Analytics(beta)プロパティーのトラッキングコード

正式な技術資料はIntroduction to Analytics.jsです。

取得の方法については以下でご紹介しています。
GoogleAnalyticsのユニバーサルアナリティクスコードを取得する(追加)

標準アナリティクスプロパティーのトラッキングコード

正式な技術資料はTracking Basics (Asynchronous Syntax)です。

取得の方法については以下でご紹介しています。
GoogleAnalyticsの標準アナリティクスコードを取得する(追加)

hatena(はてな)ブログは標準トラッキングを採用

Hatena(はてな)ブログこの出力されたトラッキングコードを見てみると、
_gaq.push()関数が利用されていますので、標準トラッキングコードを採用していることが分かります。

また、Google Analyticsにてトラッキングコードを取得する方法は、
以下の投稿を参考にしてください。
GoogleAnalyticsの新規ユーザー登録

通常、GoogleAnalyticsの登録を行った際には、
Universal Analyticsによるプロパティーを利用したプロパティーが作成されます。

ご自身の取得したトラッキングコードが、以下のようなソースである場合は、
Universal Analyticsトラッキングでプロパティーを作成しています。

アナリティクスのトラッキングコードがUniversal Analyticsのソースである場合には、
正しく標準アナリティクストラッキングコードを
取得しなおすことをお勧めします。

GoogleAnalyticsの標準アナリティクスコードを取得する(追加)

実際のところ、私はGoogleAnalyticsを使い倒しているわけではありませんので、
普通にアクセス数をみる程度であれば、

標準アナリティクスのトラッキングコードで、
Universal Analyticsトラッキングのプロパティーに対して連携しても、
何か問題が出ている感じはありません。

しかし、Universal Analytics独自の追加機能等で、
正しくデータが表示されないなど問題が発生する可能性もあります。
トラッキングソースとトラッキングプロパティーはちゃんと合わせておいた方が無難でしょう。

Hatena(はてな)ブログに対する設定

Hatena(はてな)ブログでGoogle Analyticsの設定を行う際には、
以下のようにトラッキングIDを設定します。

トラッキングIDの設定

Hatena(はてな)ブログのダッシュボードを開き、
サイドメニューからGoogle Analyticsを設定したいブログを選択します。

02_ブログの選択

ブログの選択

ブログメニューのサイドバーより[設定]をクリックします。

03_設定の選択

設定の選択

設定画面の[詳細設定]タブをクリックします。

04_詳細設定の選択

詳細設定の選択

詳細設定の画面をスクロールし、中ほどの[解析ツール]に表示された、
[Google Analytics埋め込み]に対して、
Google AnalyticsのトラッキングIDを設定します。
設定をしたら最下部の[変更する]をクリックして保存します。

05_トラッキングIDの貼り付け

トラッキングIDの貼り付け

設定は以上です。

表示の確認

ブラウザから自身のサイトにアクセスして表示します。
レイアウト等が崩れていないことを確認します。

06_Webページの確認

Webページの確認

Webページのソースを開き、<body>タグの開始すぐの部分に、
Google Analyticsのトラッキングソースが出力されていることを確認します。

07_出力ソースの確認

出力ソースの確認

Google Analytics設定の確認

レポートデータの確認

レポートの[リアルタイム]-[サマリー]で現在のアクセスユーザー数の確認ができます。
自分で自サイトをブラウザで開き、レポートを確認すると、
現在のユーザー数に自分が確認できます。

Google Analyticsのデータは完全にリアルタイムで確認ができるわけではありません。
データを受信してから、翌日などにデータの確認を行ってください。

08_GoogleAnalytics動作の確認

GoogleAnalytics動作の確認

プロモーション(btm)

Google or AdMax Promotion (it)

さいごに

いかがだったでしょうか。
標準のHatena(はてな)ブログのアクセス解析にプラスして、
詳細なアクセス解析ができるようになるのはとても便利なことです。

それぞれの解析メリットを利用しながら、サイト運営をしていけばいいと思います。

他社の無料ブログでどのように設定するのかなどが、
気になるようでしたら以下の投稿をどうぞ。
無料ブログ各社のGoogle Analytics利用可否と方法

Google™はGoogle Inc. の登録商標(第4478963号及び第4906016号)です。
GoogleロゴはGoogle Inc. の国際登録商標です。
国際登録番号:881006及び926052及び1086299及び1091990及び1145934
Google Analytics™はGoogle Inc. の商標です。

Hatenaは株式会社 はてなの登録商標(第4863805号)です。
Hatena Blogは株式会社 はてなの商標であるとともに、
Hatenaロゴ、アイコンその他のマーク等は株式会社 はてなの商標であり、株式会社 はてなの著作物です。

*本ページ内に記載されされた各社ブランド、サービス名、商標、登録商標については、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認ください


最後までお読みいただきありがとうございました。
アルゴリズン


役に立ったと思っていただけたら、以下からシェア頂けたら幸いです^^

QRコードからもこのURLを開けます。

Pitta Promotion

アイキャッチ画像に利用させて頂いております、各社ブランドのロゴやシンボルに関しては、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認頂けますようお願い致します。
ロゴの使用等に関する苦情・ご意見等がございましたら管理者までご連絡ください。

AdMax Promotion

カテゴリ
すべて展開 | すべて省略

Rakuten Promotion

 - Analytics, はてなブログ, 無料ブログ , , ,

  関連記事