頑張らない!でも諦めない!必死にならずにええかげん

Blogger™を利用する際に実名を利用しない方法

      2014/11/22

Google or AdMax Promotion(it)

Blogger™を通常利用しているとGoogle+アカウントと連携され、
実名によるブログ公開が行われます。

これはGoogle+の名前付けポリシーによって制約を受けており、
Google+とBloggerを連携することでBloggerも実名による公開となってしまいます。
しかし、Bloggerには表示名でブログを公開する方法があります。

はじめに

Google+は実名で利用されていますか?
通常利用するだけであればおそらく実名はGoogle側に申告しなくともGoogle+を利用できるでしょう。
しかし、Google AdSenseなどのサービスを利用するようになると、
住所の確認や口座の登録などで、結局実名がGoogle側に伝わることになります。

その結果として、Google+に対してのポリシー違反を指摘される場合があります。

 

2014/09/13追記
なお、この名前付けポリシーに対する対応の他に、
既に運用実績のあるSNSなどに基づいた活動名(別名・ニックネーム)を利用する方法もあります。

併せてご検討されてはいかがでしょうか。

 

さて、Google+を実名に修正した結果として、弊害が出る場合もあります。

それが、これまでニックネームで運営していたBloggerなどです。

Bloggerをニックネーム(表示名)で利用するにはBloggerプロフィールの利用

Bloggerに対して実名主義のGoogle+を利用するか、
ニックネーム(表示名)を利用可能なBloggerプロフィールを利用するかは、
選択できるようになっています。

以下はヘルプの抜粋です。

Blogger から Google アカウントに登録する – Blogger ヘルプ (抜粋引用)

ブログを実名と Google+ プロフィールに関連付ける

ブログを Google+ プロフィールに関連付けると、実名(Google アカウントの登録時に入力した名前)でブログを利用することになります。たとえば山田太郎さんは、他のブログに書き込んだコメント、投稿署名欄、プロフィール ガジェットに「山田太郎」という名前が表示されます(表示するよう選択した場合)。他のユーザーがあなたの名前をクリックすると、あなたの一般公開の Google+ プロフィールが表示されます。

実名でブログを利用した方が便利な場合は、ブログを Google+ プロフィールに関連付けると、ブログを見つけてもらいやすくなり、他のブログ ユーザーや読者と簡単にコミュニティを形成することができます。ブログの投稿を Google+ で共有することもできます。

ブログを Google+ プロフィールに関連付けた場合の影響については、Google+ プロフィールへの切り替えに関するよくある質問をご覧ください。

表示名でブログを利用する

別の名前でブログを利用する(例: 本名の「山田太郎」ではなく、「サッカー少年 A」という名前でブログを利用する)場合は、登録手続きの最中に、お好きな Blogger の表示名で別のプロフィールを作成するよう指定することができます。それには [制限付きの Blogger プロフィールに切り替え] か [制限付きの Blogger プロフィールを作成] をクリックします。ただし、Blogger の表示名を使用する場合でも、Google+ プロフィールを作成することができます。違いは、この 2 つが外部的に関連付けられないことです。

ヘルプに記載の通り、ニックネーム(表示名)で利用したいのであれば、
Bloggerプロフィールを利用するようにと記載されています。

Bloggerプロフィールへ戻す方法

Bloggerに設定するプロフィールをBloggerプロフィールに戻す方法については、
以下でご紹介しています。

簡単な手順で戻すことができますので、
本名を公開することに抵抗がある場合には変更されてはいかがでしょうか。

 

05_Bloggerプロフィール表示名の表示

Bloggerプロフィール表示名の表示


*本ページ内に記載されされた各社ブランド、サービス名、商標、登録商標については、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認ください


最後までお読みいただきありがとうございました。
アルゴリズン


役に立ったと思っていただけたら、以下からシェア頂けたら幸いです^^

QRコードからもこのURLを開けます。

Pitta Promotion

アイキャッチ画像に利用させて頂いております、各社ブランドのロゴやシンボルに関しては、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認頂けますようお願い致します。
ロゴの使用等に関する苦情・ご意見等がございましたら管理者までご連絡ください。

AdMax Promotion

カテゴリ
すべて展開 | すべて省略

Rakuten Promotion

プロモーション(btm)

Google or AdMax Promotion (it)

 - Google, ウェブサービス

  関連記事