頑張らない!でも諦めない!必死にならずにええかげん

Google+プロフィールの名前付けポリシーで指摘受け対応しました

      2014/11/22

Google or AdMax Promotion(it)

Google+のページに名前変更の警告バーが表示され、
名前付けポリシーに対する違反と表示された場合に
対応するプロセスを、ご紹介しておきます。
以前の名前変更プロセスよりも厳しくなってきているようです。

2014/09/13追記
なお、この名前付けポリシーに対する対応の他に、
既に運用実績のあるSNSなどに基づいた活動名(別名・ニックネーム)を利用する方法もあります。

併せてご検討されてはいかがでしょうか。

 

はじめに

Google+を最近利用するようになって、
交流のある方のプロフィールを拝見した際に見慣れない表示が・・・

01_名前付けポリシー違反警告

名前付けポリシー違反警告

プロフィールの名前がGoogleの名前付けポリシーに違反しているようです。
お手数ですが、2013年12月3日までにご対応ください。

自分も表示されているのだろうかと確認をしに自分のプロフィールを確認。
予想通り表示されているという状況。

さっそく、どうしたものかと思案

私はGoogleさんとはGoogle™AdSenseでお世話になっております。

本来なら、私の本名をGoogleさんが原則知ることはないでしょう。
(Gmailを検索すれば名前くらいは出てくるでしょうけど)

しかし、Google™AdSenseで利用しているアカウントと連携していることもあり、
このプロフィールの[アルゴリズン]という名称は、
NGだという指摘がなされたと推測できます。

なんだか段々FBっぽくなってきて困るのですが、
正直FBは私はどうでもよくて、
むしろGoogle+というかGoogleさんのサービスには依存しっぱなしなので、
ここは素直に従わせていただく形になります。

私はFBにもし同じ指摘を受けていたら、放置すると思います。
アカウントを自ら削除して閉じるでしょうね。

さて、Google+の名前変更プロセスが以前と変わって、
厳しくなっているようなので、ご紹介しておきます。

名前付けのポリシーとは

Google+名前付けポリシーについては、以下に明記されています。
結構厳しい基準かなと。
Google+ プロフィールの名前付けポリシー – Google+ ヘルプ

ざっくり言うと

  • 職業上の肩書を使用することは認められない(所属に対して記載する)
  • ニックネームは本名に追加できるが、表示上は本名とニックネームで表示される
  • イニシャルや名前は、どちらか姓名のどちらかのみイニシャルにできる
  • 名前に記号は利用できない。
  • 当然芸能人のなりすましアカウントは利用できない(停止される)
  • 姓名の入力は必須。片方のみの入力は不可だが姓にピリオドのみの入力は可能

Google+プロフィール名前・ニックネーム変更手順

まず、自分のGoogle+プロフィールにアクセスします。
名前の部分をマウスオーバーし、クリックします。

02_名前をクリックし編集

名前をクリックし編集

名前を編集ダイアログが表示されますので、姓名の入力を行います。
[+詳細を表示]をクリックするとニックネームの変更が行えます。
ニックネーム付きの表示名を選択肢から選べます。
変更が完了したら[保存]をクリックして送信を行います。

03_氏名の入力とニックネーム表示選択

氏名の入力とニックネーム表示選択

審査のためにこの名前を送信しますか?とのダイアログが表示されます。
[送信]をクリックすると、名前の変更を申請することができます。

04_名前の保存と送信

名前の保存と送信

この辺で、ちょっと重たい感じがしてしまって、少し萎えますね。
なんだかな・・・ってな感じ。

入力した名前が名前付けポリシーに準拠していない場合には、
送信後に再びエラーメッセージが表示されます。

05_ポリシー違反警告

ポリシー違反警告

名前を名前付けポリシーに準拠した形に変更し、
[保存]し、[送信]を行って問題がなければ、
以下のように名前が変更され審査が開始されます。
[プロフィールを審査中です]と表示が変わります。

06_変更完了と審査メッセージ

変更完了と審査メッセージ

再変更

プロフィールの名前が姓名が逆になってしまっていたので、
再編集を行おうとすると、以下のようなメッセージが表示されます。

今名前を変更すると、当分は変更できなくなります。

でも変更するしかないので[名前を変更]をクリックします。

07_再変更時の注意

再変更時の注意

名前の変更はかなり厳しい感じになってしまってますので、
変更は細心の注意を払って行いましょう。

参考

参考までに姓に対して[ . (ピリオド)]の入力は可能という明記がありましたが、
名に対して[ . (ピリオド)]を入力した場合には、エラーとなります。

08_名前に . は使えない

名前に . は使えない

その他、氏名に記号がNGということで、
[take_naka]の形式や[take-naka]の形式もNGとなります。

最終的には[take naka]とスペースを入れさせてもらいましたが、
まずは、このスペースの入力を審査結果で許容してくれるかを待ちたいと思います。

[take naka]名前検索を行って、
スペースなしの検索結果に出てしまうのかは今後の経過観察かなというところです。

2013/11/19追記
その後、同日夜にプロフィールの確認を行いました。
[take naka]とスペースを挿入した形でも承認を頂けたようです。
[プロフィールを審査中です]とのバー表示が消えておりました。
プロフィールを見て頂ければわかるとは思いますが。

尚、このバー表示が出ている間は、トップバーに表示される

次の URL を含め、プロフィールの
カスタム URL をいくつか事前承認しました

という、メッセージは表示されなくなります。
要は、プロフィールのカスタムURLの取得は、
プロフィールの[名前付けポリシー]を解決しなければ行えません。
当たり前ですが、ご参考まで。

プロモーション(btm)

Google or AdMax Promotion (it)

さいごに

個人的にはGoogleさんの目指している
「あなたの名前で容易に検索ができるようになります」の思想。

私は好きではありません。

自分を検索して欲しい人も居れば、二度と関わりたくない人もいるわけです。

勝手に検索され、自分にリーチされてしまうことの気持ち悪さを、
如何に回避するかという点で考えたいのですが、
現状の仕組みでは、私の場合名字の重複者が多いと判断し、
名字と名前をイニシャル表示とするしか方法がないのかなという感じでした。

まぁ、いつかは法人代表者としての名前公開や、
特商法の関係で名前はださなければならなくなるとは思いますけど・・・。

お詫び

最後になりましたが、
Google+の名前付けポリシー違反に付きまして、

この場をお借りしてお詫び申し上げます。訂正させてい頂きました。


Google™はGoogle Inc. の登録商標(第4478963号及び第4906016号)です。
GoogleロゴはGoogle Inc. の国際登録商標です。
国際登録番号:881006及び926052及び1086299及び1091990及び1145934
Google™ AdSense,AdSense™はGoogle Inc. の登録商標(第4899412号)です。
Google+、Google+ロゴはGoogle Profiles™ サービスの一部を示し、
Google+、Google+ロゴはGoogle Inc. の商標です。

*本ページ内に記載されされた各社ブランド、サービス名、商標、登録商標については、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認ください


最後までお読みいただきありがとうございました。
アルゴリズン


役に立ったと思っていただけたら、以下からシェア頂けたら幸いです^^

QRコードからもこのURLを開けます。

Pitta Promotion

アイキャッチ画像に利用させて頂いております、各社ブランドのロゴやシンボルに関しては、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認頂けますようお願い致します。
ロゴの使用等に関する苦情・ご意見等がございましたら管理者までご連絡ください。

AdMax Promotion

カテゴリ
すべて展開 | すべて省略

Rakuten Promotion

 - Google ,

  関連記事