頑張らない!でも諦めない!必死にならずにええかげん

Google™サイト内検索(カスタム検索エンジンv2)のXMLファイルをExcelで作成・編集する

      2014/11/22

Google or AdMax Promotion(it)

Google™カスタムエンジンによるサイト内検索フィールドを設置して、
オートコンプリート(キーワードサジェスト)や類義語の登録、
プロモーションの表示などの設定を一括してXMLファイルで行う際には、
インポート用のXMLファイルを作成する必要があります。

そうした手間のかかるXMLファイルの作成をExcelを利用するとサクサク作業ができます。

はじめに

XMLの編集と聞いて、テキストエディタでコツコツ作成するのもいいと思います。
eclipseなどでXMLを編集すれば、色つきで編集できて少しは楽かもしれません。

ですが、私はExcelを利用した編集方法の方が便利だと感じています。
eclipseだと要素のコピーが面倒で大量のリストを生成するには向いていない感じでした。

編集元のXMLファイルの準備

今回作成を行いたいXMLファイルは、以下の投稿で利用するための
XMLファイルを作成する作業をExcelで行います。

Google™サイト内検索(カスタム検索エンジンv2)でプロモーションをXMLで定義する

Google™サイト内検索(カスタム検索エンジンv2)でオートコンプリートをXMLで定義する

Google™サイト内検索(カスタム検索エンジンv2)で類義語をXMLで定義する

ExcelでXMLファイルの編集を行う際には元となるXMLファイルを準備し、
その定義をひな形として定義を追加していく方が効率的です。

ここでは、類義語のインポート用のXMLでご説明します。

カスタム検索エンジンオートコンプリートのXMLファイルの準備

オートコンプリートで利用するXMLファイルはダウンロードすることができません。
カスタム検索エンジンにて[検索機能]-[オートコンプリート]をクリックします。

表示されたオートコンプリートの設定画面にて[XMLのアップロード/ダウンロード]をクリックします。

01_カスタムオートコンプリート

カスタムオートコンプリート

[ダウンロード]ボタンが表示されません。

02_エクスポート機能なし

エクスポート機能なし

その為、元となるテンプレートを別途準備する必要があります。
以下のサイトにアクセスします。

(参考文献)CGSのオートコンプリート

GCS の設定 – Google Commerce Search — Google Developers

尚、本リンク先「Google Commerce Search」のヘルプになります。
純粋な「カスタム検索エンジン」のヘルプではありません。

スクロールすると表示されているサンプルソースをコピーし、
適当なファイル名などで保存します。ここでは「Autocompletions.xml」で保存します。

27_オートコンプリートXML例

オートコンプリートXML例



このファイルを元にしてExcelで編集を行います。

ExcelへXMLファイルのインポート

ExcelでXMLの編集を行うには[開発]リボン内の[XML]メニューを利用します。

03_Excel2010XMLリボン

Excel2010XMLリボン

開発リボンが表示されていない場合

もし[開発]リボンが表示されていない場合には[ファイル]-[オプション]を選択します。

04_Excelオプション

Excelオプション

表示されたオプションダイアログにて[リボンのユーザー設定]をクリックし、
メインタブ内の[開発]にチェックをつけ[OK]をクリックします。

05_開発リボンの選択

開発リボンの選択

これで、[開発]リボンが表示されます。

XMLメニューが表示されていない場合

リボン内にXMLのメニューが表示されていない場合には、
以下リンクからアドオンをダウンロードしてインストールしてみてください。

Download Excel 2003 Add-in: XML Tools Add-in from Official Microsoft Download Center

XMLインポートの実行

[開発]-[XML]内の[インポート]をクリックします。

06_XMLインポート

XMLインポート

先ほど保存した「Autocompletions.xml」ファイルを選択します。

07_インポートファイルの選択

インポートファイルの選択

スキーマファイルの自動関連付けのメッセージが表示されます。
[OK]をクリックします。

08_スキーマ自動作成メッセージ

スキーマ自動作成メッセージ

インポート開始フィールドを選択し[OK]をクリックします。

09_インポート先の選択

インポート先の選択

XMLデータが読み込まれテーブルとして表示されます。

10_インポート後のテーブル

インポート後のテーブル

XMLの編集

インポートが完了したら、今回のオートコンプリートにて表示したい
キーワードのリストをメモ帳などで作成し、コピーします。

11_リストの作成とコピー

リストの作成とコピー

コピーしたらExcelのデータ1行目のセルを選択し、貼り付けます。

12_リストテキストの貼り付け

リストテキストの貼り付け

貼り付けるとテーブルのエリアも自動的に拡張されます。

13_貼り付け結果とテーブル拡張

貼り付け結果とテーブル拡張

「type列」の値をすべて「1」に変更します。
1はカスタムオートコンプリートのリスト追加を意味します。
2は除外リストとして指定する場合に利用します。

  • 1 – 語句を追加(ホワイトリスト)。
  • 2 – 語句を削除(ブラックリスト)。
14_typeを1に変更

typeを1に変更

「match列」はtypeが1の場合には必要ありませんので削除します。

  • 1 – デフォルト。完全一致させます。
  • 2 – 正規表現。正規表現を指定できるのはブラックリストのみです。
15_matchの消去

matchの消去

「language列」に対して「 (全角スペース)」など、後から置換がしやすい文字を入力します。

ここで「 (全角スペース)」を入力しているのはExcelからXMLをエクスポートした際に、
値が設定されていない属性はExcelがXMLとして出力を行わないためです。

これは未定義のままにしてください。GCS のデフォルトでは、コントロール パネルの [基本] セクションで定義した言語が使用されます。

16_languageに全角スペース入力

languageに全角スペース入力

値を全行に貼り付けます。

17_language全行へ貼り付け

language全行へ貼り付け

以上で、データの編集は完了です。

XMLデータのエクスポートと補正

リボンの[開発]-[XML]-[エクスポート]を選択しXMLをエクスポートします。

18_XMLのエクスポート

XMLのエクスポート

XMLファイルに名前を付け保存します。ここでは「Autocompletions_edit.xml」としています。

19_ファイル名指定とエクスポート実行

ファイル名指定とエクスポート実行

保存したXMLファイルをテキストエディタで開いて編集します。
ここではSAKURAエディタを利用しています。

20_エクスポートファイルの編集

エクスポートファイルの編集

SAKURAエディタで開いたら1行目を選択し、削除します。

21_XML1行目削除

XML1行目削除

また置換メニューで先ほど入力した「 (全角スペース)」をすべて「」で置換し削除します。

22_全角スペースの一括削除

全角スペースの一括削除

置換が完了すると以下のようになります。

language=“ ” → language=“”

23_全角スペースの削除前後

全角スペースの削除前後

XMLファイルの補正は終了です。

ここで、language属性を「 (全角スペース)」で一旦設定している理由は、
ExcelからXMLをエクスポートすると属性の指定がない場合には、
その属性そのものが出力されないためです。

今回の「language=””」は未定義でインポートする必要がある為、この方法を取っています。

XMLファイルのインポート

カスタム検索エンジンのカスタムオートコンプリートの画面にて[アップロード]をクリックします。

24_アップロードの選択

アップロードの選択

「候補ファイルのアップロード」ポップアップが表示されたら[ファイルを選択]をクリックし、
XMLファイルを選択します。選択が完了したら[OK]をクリックしアップロードを開始します。

25_ファイルの指定とアップロード実行

ファイルの指定とアップロード実行

正常にアップロードが完了するとカスタムオートコンプリートに
インポートされ表示されます。

26_オートコンプリートの取り込み結果

オートコンプリートの取り込み結果

プロモーション(btm)

Google or AdMax Promotion (it)

さいごに

こうしてExcelにて修正したXMLファイルを利用して、
カスタム検索エンジンのデータを一括して取り込むことができました。

こうして元のXMLデータを元にしてExcelで簡単に編集し取り込むことができます。


Google™はGoogle Inc. の登録商標(第4478963号及び第4906016号)です。
GoogleロゴはGoogle Inc. の国際登録商標です。
国際登録番号:881006及び926052及び1086299及び1091990及び1145934
Google AdSense™,AdSense™はGoogle Inc. の登録商標(第4899412号)です。

*本ページ内に記載されされた各社ブランド、サービス名、商標、登録商標については、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認ください


最後までお読みいただきありがとうございました。
アルゴリズン


役に立ったと思っていただけたら、以下からシェア頂けたら幸いです^^

QRコードからもこのURLを開けます。

Pitta Promotion

アイキャッチ画像に利用させて頂いております、各社ブランドのロゴやシンボルに関しては、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認頂けますようお願い致します。
ロゴの使用等に関する苦情・ご意見等がございましたら管理者までご連絡ください。

AdMax Promotion

カテゴリ
すべて展開 | すべて省略

Rakuten Promotion

 - XML, 検索ボックス

  関連記事