頑張らない!でも諦めない!必死にならずにええかげん

Google™サイト内検索(カスタム検索エンジンv2)でプロモーションをXMLで定義する

      2014/11/22

Google or AdMax Promotion(it)

Google™カスタムエンジンによるサイト内検索フィールドを設置して、
プロモーションの登録を行おうと思った際には個別に入力するよりも、
バックアップも兼ねて元のデータをXMLで作成した方が便利です。

そうした手間のかかるXMLファイルの作成をExcelを利用するとサクサク作業ができます。

はじめに

カスタム検索エンジンをサイトに設置していてプロモーションの設定はされていますか?
私もこれまでは検索窓を設置しただけで特にカスタマイズをしてきませんでした。

いろいろなサイトで見かける検索ボックスでもあまりプロモーションが、
表示されるような体験をしたこともあまりありません。

カスタム検索エンジンには様々なオプションが用意されており多くの設定を行うことができます。
このプロモーションの登録もその一つです。

プロモーションの考え方

カスタム検索エンジンにおいてのプロモーションとは、
AdWordsなどによって表示される広告などとは異なって、
サイト管理者が独自に指定したURLリンクなどを検索結果やオートコンプリートの入力時などに、
表示するように設定ができる機能です。

設定自体は難しいものではありませんので、設定しておくとサイトでサイト内検索をされた方が、
おっ!?っと思ってくれることもあるかもしれません。

そうした機能の詳細は以下でご紹介しています。
Google™サイト内検索(カスタム検索エンジンv2)の検索機能設定

本投稿ではそのプロモーションをXMLファイルで一括して登録する方法です。

プロモーションのXMLフォーマット

プロモーションのXMLフォーマットに関してはカスタム検索エンジンのにて、
実際にプロモーションを登録してみてダウンロードすることで触れることができます。

カスタム検索エンジンで[検索機能]-[プロモーション]タブをクリックします。

ここではすでにプロモーションを登録していますが、登録の方法などについては以下でご紹介しています。
Google™サイト内検索(カスタム検索エンジンv2)の検索機能設定

プロモーションの画面にて下部の[XMLのアップロード/ダウンロード]をクリックすると、
ダウンロードとアップロードのボタンが表示されます。

01_プロモーションのXMLダウンロード

プロモーションのXMLダウンロード

プロモーションのXMLをダウンロードすると以下のようなファイルがダウンロードされます。
プロモーションのXMLデフォルトファイル名は「promotions.xml」としてダウンロードされます。

このXMLファイルのフォーマットについてはGCSのサイトが一応は参考になります。

(参考文献)CGSのプロモーション

GCS の設定 – Google Commerce Search — Google Developers

尚、本リンク先「Google Commerce Search」のヘルプになります。
純粋な「カスタム検索エンジン」のヘルプではありません。

GCSのプロモーション定義はかなりCSEのプロモーションとは異なっています。

ただ、作成済みのプロモーションとXMLの属性は以下のように対応しています。

02_プロモーションXML属性との対比

プロモーションXML属性との対比

属性 説明 備考
id 自動生成 新規追加時は未設定可能
queries プロモーショントリガークエリ
title プロモーションのタイトル
url プロモーション先URL
image_url サムネイル画像URL
start_date プロモーションの開始日 YYYY/MM/DD hh:mm:00 -0000(mmは30分単位)
end_date プロモーションの終了日 YYYY/MM/DD hh:mm:00 -0000(mmは30分単位)
is_regex 正規表現 TRUE/FALSE
enabled プロモーションの有効無効 TRUE/FALSE
description プロモーションの説明

上記の出力済みのXMLとプロモーションを比較する為、
登録済みプロモーションの例を以下に例示しておきます。

03_プロモーション登録例

プロモーション登録例

プロモーションのXMLの編集

XML自体はシンプルなのでテキストエディタで編集を行ってもいいのですが、
大量のプロモーションを作成しようと思った際にはテキストエディタでは厳しいかもしれません。

しかしながら、そのままExcelによってインポートを行っても、
XMLがネストされた構造である為に、別途定義が必要になってしまいうまくいきません。
Google™サイト内検索(カスタム検索エンジンv2)のXMLファイルをExcelで作成・編集する

04_Excel編集後のエクスポート不可ダイアログ

Excel編集後のエクスポート不可ダイアログ

その為、プロモーションをExcelで編集する際には、
Excelインポート前にちょっとだけXMLを変更して作業します。

エクスポートしたXMLから、<Promotions start=”0″ num=”2″ total=”2″>の
「start=”0″ num=”2″ total=”2″」部分を一旦削除し、
以下のように改変したXMLでエクセルにインポートを行います。

「start=”0″ num=”2″ total=”2″」部分を削除してExcelに取り込んだ例は以下のようになります。
実際のExcel側での作業手順は、
Google™サイト内検索(カスタム検索エンジンv2)のXMLファイルをExcelで作成・編集する を参照ください。

尚、3行目は新たに1行をExcel上で追記しています。

05_Excel上の編集例

Excel上の編集例

追記した行を含めてExcelからエクスポートします。
エクスポートを行うと、以下のようなXMLが出力されます。
ここでは「promotions_edit.xml」として保存しています。

上記のXMLを見ると、当然削除した「start=”0″ num=”2″ total=”2″」部分は出力されていません。
また追加した行のid属性も出力されていませんが、
このままの状態でもカスタム検索エンジン側にインポートが可能です。

idに関しては自動で割り振られプロモーションが作成されます。
※追加されたプロモーションのidはXML出力すると確認できます。

06_プロモーションのXMLインポート結果

プロモーションのXMLインポート結果

こうしてExcelを利用してダイアログを利用して作成するよりも効率的にプロモーションの作成が行えます。

プロモーション(btm)

Google or AdMax Promotion (it)

さいごに

あまり利用されている印象のないカスタム検索エンジンのプロモーションですが、
せっかく設置したカスタム検索エンジンで、お勧めの投稿をプルダウンで表示できる
この仕組みは面白いのではないでしょうか。


Google™はGoogle Inc. の登録商標(第4478963号及び第4906016号)です。
GoogleロゴはGoogle Inc. の国際登録商標です。
国際登録番号:881006及び926052及び1086299及び1091990及び1145934
Google AdSense™,AdSense™はGoogle Inc. の登録商標(第4899412号)です。

*本ページ内に記載されされた各社ブランド、サービス名、商標、登録商標については、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認ください


最後までお読みいただきありがとうございました。
アルゴリズン


役に立ったと思っていただけたら、以下からシェア頂けたら幸いです^^

QRコードからもこのURLを開けます。

Pitta Promotion

アイキャッチ画像に利用させて頂いております、各社ブランドのロゴやシンボルに関しては、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認頂けますようお願い致します。
ロゴの使用等に関する苦情・ご意見等がございましたら管理者までご連絡ください。

AdMax Promotion

カテゴリ
すべて展開 | すべて省略

Rakuten Promotion

 - Google, XML, 検索ボックス

  関連記事