頑張らない!でも諦めない!必死にならずにええかげん

Google+へアップロードした投稿画像の一部を判読不能に編集(マスク)する方法

      2014/11/22

Google or AdMax Promotion(it)

Google+やコミュニティーなどに一度共有してしまった画像などで、
自身の個人情報などが漏えいしてしまっていることに後から気づくことは、あっちゃいけない。
でもやっちゃう時はあるわけでGoogle+で既存のコメントなどの投稿を残して、
画像のみを一部判読不能に編集する方法をご紹介します。

Google+投稿の仕様

Google+で写真つきの投稿を行っているところです。
一般的に利用されているでしょう。

01_画像投稿の例

画像投稿の例

実際に投稿を行なった状態です。
投稿を行った後に、コメントや+1などを頂いた場合には投稿を削除するのは躊躇います。(左)
また投稿の編集では、画像のみを削除するといったことはできません。(右)

02_既にコメントがある・編集で画像のみ外せない

既にコメントがある・編集で画像のみ外せない

プロモーション(btm)

Google or AdMax Promotion (it)

Google+へ投稿した画像を編集する

画像を編集するにはメニューから[写真]を選択します。

03_写真の選択

写真の選択

写真ページから[すべての写真]をクリックします。

04_すべての写真

すべての写真

アップロード済みの写真が一覧表示されます。
編集する画像をクリックします。

05_編集する画像の選択

編集する画像の選択

編集する画像をクリックすると、画像の詳細が表示されます。

06_画像の表示

画像の表示

上部のメニューから[編集]をクリックします。

07_上部編集メニュー

上部編集メニュー

編集画面が表示されます。

08_画像編集画面

画像編集画面

既に投稿などで共有されている場合には、メッセージが表示されます。

この画像は既に共有されています。編集内容は共有画像にも適用されます。

09_既に共有済メッセージ

既に共有済メッセージ

チルシフトの適用

編集メニューのサイドメニューから『チルシフト』を選択します。

10_チルシフトの選択

チルシフトの選択

チルシフトの「ぼかしの形」で直線または、円を選択します。

直線

11_ぼかし直線

ぼかし直線

12_ぼかし円

ぼかし円

チルシフトのラインはドラッグして移動できます。

幅の調整

13_ぼかし幅調整

ぼかし幅調整

角度の調整

14_ぼかし角度調整

ぼかし角度調整

位置の移動

15_ぼかし位置移動

ぼかし位置移動

「ぼかし」のスライダーを移動するとぼかしの強さを変更することができます。

ぼかし弱

16_ぼかし強さ弱

ぼかし強さ弱

ぼかし強
編集を適用する際には右下の「適用」をクリックします。

17_ぼかし強さ強と編集適用

ぼかし強さ強と編集適用

適用するとチルシフトが終了します。右上の[×]をクリックして編集を終了します。

18_編集の終了

編集の終了

一覧が表示され、適用された画像が表示されます。

19_編集の反映

編集の反映

元画像の確認

画像の詳細画面ではマウスオーバーすると「編集済み」と表示されるようになります。

20_元画像の確認方法

元画像の確認方法

[編集済み]をマウスでクリックロック(クリックして押したまま)すると、
元の画像が確認できます。

21_元画像のプレビュー

元画像のプレビュー

ストリームへの反映

画像を編集すると、すぐにストリームへの反映を確認したいところですが、
ストリームを確認すると、大抵はまだ反映されていません。(4:32)

22_ストリーム上未反映

ストリーム上未反映

その後一定時間が経過したのちに(ブラウザを立ち上げなおして)確認すると、
以下のようにストリーム側も画像が反映されてきます。(5:00)

23_ストリーム上反映

ストリーム上反映

Google+へ投稿した画像を削除した場合

写真を削除してしまえば、投稿からも削除されるのではないかと思うかもしれません。
実際に画像を削除してみます。

画像の詳細から右上の[ゴミ箱(アイコン)]をクリックします。

24_写真の削除

写真の削除

アイコンをクリックするとすぐに画像が削除(ゴミ箱)されます。

25_ゴミ箱メッセージ

ゴミ箱メッセージ

画像がなくなると投稿が消える

画像をゴミ箱に移動すると、投稿自体も非表示になってしまいます。
その為、投稿のアクティビティーを活かして、画像のみを削除することができません。

26_投稿も削除

投稿も削除

ゴミ箱に入れた画像を元に戻すと、投稿も表示されるようになります。

27_ゴミ箱から戻す

ゴミ箱から戻す

【注意】画像は削除されてはいない

これで、よしよし。ではありません。

この元画像が確認できて、比較できる仕組みが曲者です。
マウスをクリックロックした際にプレビューされているURLが確認できます。

28_元写真URL

元写真URL

では、ストリームが反映される前に、新旧画像のURLを取得しておきます。

29_新旧URLの事前取得

新旧URLの事前取得

ストリーム上は反映されました。

30_ストリーム上の画像更新

ストリーム上の画像更新

編集前画像

https://lh6.googleusercontent.com/-h91Y0FZArBk/U5KasGxXvBI/AAAAAAAAAE8/4ozjn6ZohU4/s426/eye_cat1.png

編集後画像

https://lh5.googleusercontent.com/-h91Y0FZArBk/U5KasGxXvBI/AAAAAAAAAIE/q1NKyNzgVx4/s731-no/eye_cat1.png

ストリームが反映された後も、元画像にアクセスができることが分かります。
その為、URLが知られている場合には、
画像をマスクしたとしても、元画像は公開されたまま確認することが出来てしまいます。
(非公開になっているわけではない)

その為、漏えいしてはならない画像がどうしてもある場合には、
投稿のアクティビティーを諦め、画像をできる限り早く削除することをお勧めします。
(手遅れかもしれないけれども)

さいごに

このようにして、Google+の投稿にリンクしてしまっている画像も、
必要に応じて一部を修正することができるようになります。

セキュリティーという意味ではあまり意味はないかもしれませんが、
ダダ漏れ感だけはなくすことができます。

画像の削除とケースバイケースで使い分けるといいでしょう。

なお、投稿を削除する際には、コメントを下さった方や+1してくれた人に、
一言お詫びをしたうえで、投稿の削除をされるようにしましょう。

さすがに、自分の都合だけで相手のアクティビティーを削除するのは失礼ですからね。


*本ページ内に記載されされた各社ブランド、サービス名、商標、登録商標については、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認ください


最後までお読みいただきありがとうございました。
アルゴリズン


役に立ったと思っていただけたら、以下からシェア頂けたら幸いです^^

QRコードからもこのURLを開けます。

Pitta Promotion

アイキャッチ画像に利用させて頂いております、各社ブランドのロゴやシンボルに関しては、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認頂けますようお願い致します。
ロゴの使用等に関する苦情・ご意見等がございましたら管理者までご連絡ください。

AdMax Promotion

カテゴリ
すべて展開 | すべて省略

Rakuten Promotion

 - Google

  関連記事