頑張らない!でも諦めない!必死にならずにええかげん

Google App EngineのWordPress画像アップロードは課金情報登録のみで動作は可能

      2014/11/22

Google or AdMax Promotion(it)

Google App Engine for PHPを利用して複数WordPressを設置している場合には、
1つのアプリケーションでCloudSQLを有効にすれば、
他のアプリケーションからも別アプリケーションのデータベースを利用できます。
App EngineのCloud Storageも同様でアプリケーション間で参照ができます。
ただ、課金登録を行っていない場合にはCloud Storageに対して、
WordPressから接続が行えない為、課金情報の登録が必須になります。

 

Google App Engineの画像アップロードは課金情報登録のみで動作は可能

WordPressのメディア管理機能を利用した画像のアップロードは、
Google App Engine for WordPressプラグインを利用することで、
Cloud Storage(バケット)へ画像アップロードができるようになります。

Cloud Storage(バケット)自体は別アプリケーションからも操作が行えるものの、
画像アップロードにはSocket APIが利用されているようで、
課金情報登録だけは必須となってしまいます。

課金情報の登録を行っていれば、
参照する側のアプリケーション(プロジェクト)では、
Cloud StorageAPIは有効にする必要はありません。

 

他のアプリケーションから別アプリケーションのCloud Storage(バケット)を、
参照する方法と概要は以下でご紹介しています。

03_CloudStorage共用WordPress配置・AppEngine

CloudStorage共用WordPress配置・AppEngine

※Applicationの課金情報(Billing)はA,B共に有効である必要があります。
※Application B がBacket Aを参照するにはSocket API(課金登録で自動有効)が必要です。

 

Cloud Storage(バケット)上のファイル確認

実際にGoogle App Engine for WordPressプラグインを利用し、
別アプリケーションのバケットに対して画像のアップロードを行った模様です。

バケット名に指定した別アプリケーションのバケットを開いて確認すると、
アップロードしたファイルが保存されて一覧に表示されています。

18_アップロードされたバケット内画像

アップロードされたバケット内画像

 

プロモーション(btm)

Google or AdMax Promotion (it)

さいごに

実際のところは課金情報(クレジットカード・デビットカード)の登録は必要になるため、
こうしたアプリケーション間の参照のメリットがあるかは不明ですが、

共通ファイルを1つのWordPressから参照したいような場合には、
便利かもしれません。

 


*本ページ内に記載されされた各社ブランド、サービス名、商標、登録商標については、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認ください


最後までお読みいただきありがとうございました。
アルゴリズン


役に立ったと思っていただけたら、以下からシェア頂けたら幸いです^^

QRコードからもこのURLを開けます。

Pitta Promotion

アイキャッチ画像に利用させて頂いております、各社ブランドのロゴやシンボルに関しては、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認頂けますようお願い致します。
ロゴの使用等に関する苦情・ご意見等がございましたら管理者までご連絡ください。

AdMax Promotion

カテゴリ
すべて展開 | すべて省略

Rakuten Promotion

 - Google

  関連記事