頑張らない!でも諦めない!必死にならずにええかげん

Google™Chromeを複数のGoogleアカウントユーザーで使い分ける方法

      2014/11/22

Google or AdMax Promotion(it)

Google™Chromeを利用していて複数のGoogleアカウントを割り当てて利用しているでしょうか。
仕事用、プライベート用などGoogleアカウントを複数利用している場合には、
Chromeも複数のアカウントを設定して切り替えると非常に便利になります。
複数アカウントの設定方法についてご紹介します。

はじめに

既に皆さんが普通に利用していることとおもいますので、
特にご説明の必要はないとは思いますが、
Google Chromeを複数のユーザーで切り替えて利用する方法についてご紹介します。

Chromeに対して最初のGoogleアカウントを設定する方法は、
ログインを行うだけで自動的に最初のアカウントとして設定されます。

02_設定メニューで唯一ユーザー表示

設定メニューで唯一ユーザー表示

新たなユーザーの追加

Googleアカウントを複数持っている場合で、
Chromeに対してそのアカウントも設定する方法は設定画面から行います。

Chromeの右上の[≡]をクリックして表示するメニューから[設定]を選択します。

01_Chromeの設定選択

Chromeの設定選択

表示された設定ページで[新しいユーザーを追加]をクリックすることでユーザーの追加が行えます。

02_新しいユーザーを追加...選択

新しいユーザーを追加…選択

「ユーザーを作成」画面にて、追加するユーザーアカウントに割り当てるアイコンと、
ニックネームを入力します。
また[このユーザーのデスクトップショートカットを作成]にチェックを付与します。
ショートカットはあった方が便利です。

03_アイコンとニックネーム選択

アイコンとニックネーム選択

今追加したユーザーのアイコンが表示されたChromeウィンドウが起動します。
表示されているログイン画面で追加するGoogleアカウントを入力しログインします。

04_Googleアカウントログイン

Googleアカウントログイン

ログインが完了すると、ログインしたGoogleアカウントで通常使用ができます。

05_ログイン後、通常使用開始

ログイン後、通常使用開始

追加したアカウントから設定を確認すると以下のように、
元のユーザーと追加したユーザーが表示されるようになります。

06_追加アカウント側の設定メニュー

追加アカウント側の設定メニュー

※(現在)と表示されているログインユーザーの部分をダブルクリックすると、
ユーザーのニックネームとアイコンを変更できます。

08_アカウントの編集

アカウントの編集

最初のユーザー側のウィンドウでも同じようにアイコンが表示されるウィンドウに変更されます。

デスクトップには最初のユーザ、追加したユーザーそれぞれのアイコンが表示されるようになります。
それぞれのデスクトップショートカットにはユーザごとのアイコンが表示されます。

07_マルチアカウント設定後の変更点

マルチアカウント設定後の変更点

Chromeに対して複数のアカウントを設定する方法は以上です。
これで、ウィンドウを切り替える感覚でGoogleアカウントを切り替えて作業することができます。

当然、アカウントが異なりますので、起動時のページなどの設定も別で設定ができます。
用途に応じてチェックするページも異なるでしょうから、アカウントを分けておくと非常に便利です。
Google™Chromeで起動時によくアクセスするページを自動で一気に開く方法

補足

ユーザーごとの起動アカウントに指定されているディレクトリパスの形式は以下のように設定されています。
このことから、Googleアカウントでログインをしたアカウント数分のプロファイルが保存されていることが分かります。

  1. 最初のユーザー
    “C:\Program Files\Google\Chrome\Application\chrome.exe” –profile-directory=”Profile 2″
  2. 追加ユーザー
    “C:\Program Files\Google\Chrome\Application\chrome.exe” –profile-directory=”Profile 3″

“Profile xx”が今回は、Profile 2とProfile 3になっていますが、現在この端末でログイン設定していない
“Profile 1″が削除されずに残っていることが分かります。
明示的に削除しない限り、このプロファイルIDが増えていくことになります。

この法則でアプリケーションショートカットを復旧することはできます。

09_手動でショートカット作成

手動でショートカット作成

当然アカウントにログインしていなければ起動時のページ設定や履歴などを確認することはできませんので、
ショートカットを作成されたといって実害はありませんが、
気持ち悪いので共用端末では明示的に削除するように心がけたほうがいいでしょう。

07_このユーザーを削除

このユーザーを削除

08_削除確認

削除確認

プロモーション(btm)

Google or AdMax Promotion (it)

さいごに

Googleアカウントは複数作成でき、用途に合わせて使い分けることができる点が非常に便利です。

私の場合、自分のメインGmailとブログやWebサービス登録用、テスト用とアカウントを利用させてもらっています。
その他、ビジネスアカウントが無料だった際に独自ドメインを割り当てた、
独自ドメインのGmailも利用しています。

正直、Gmailがなくなったら本当に困る。そんな感じです。


Google™はGoogle Inc. の登録商標(第4478963号及び第4906016号)です。
GoogleロゴはGoogle Inc. の国際登録商標です。
国際登録番号:881006及び926052及び1086299及び1091990及び1145934
Google Chrome™ ブラウザはGoogle Inc. の登録商標です。
登録番号は商願2011-80184号および、商願2011-80187号です。
Google Chrome™およびロゴはGoogle Inc. の国際登録商標です。
国際登録番号:773982

*本ページ内に記載されされた各社ブランド、サービス名、商標、登録商標については、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認ください


最後までお読みいただきありがとうございました。
アルゴリズン


役に立ったと思っていただけたら、以下からシェア頂けたら幸いです^^

QRコードからもこのURLを開けます。

Pitta Promotion

アイキャッチ画像に利用させて頂いております、各社ブランドのロゴやシンボルに関しては、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認頂けますようお願い致します。
ロゴの使用等に関する苦情・ご意見等がございましたら管理者までご連絡ください。

AdMax Promotion

カテゴリ
すべて展開 | すべて省略

Rakuten Promotion

 - Google , ,

  関連記事