頑張らない!でも諦めない!必死にならずにええかげん

VaultPress™を利用して別のサイトに復旧(テスト・一時)サイトを構成する手順

      2014/11/22

Google or AdMax Promotion(it)

Vaultpress™を利用してサイトの自動バックアップを行っている場合には、
常にサイトの復旧などに必要なデータがWordPress.com上にバックアップされています。
このバックアップファイルを利用して緊急時にサイトの復旧を行うことに利用できますが、
テスト用のサイトや一時的に異なるドメインに対して、
サイト移転を行うような場合にも利用することができます。
ここでは別ドメインへサイトデータを移行してリストアする手順についてご紹介します。

この別ドメインに対して同一サイトを構成する利用方法は、
緊急時に別サイトへ一時移転する際にも利用できますが、

クライアントへの納品前にデモドメインに準備したコンテンツを、
本ドメイン側のサイトへデータ移行してサイト公開を行うような場合でも便利です。

使い方次第で月額500円($5)以上の価値を得られるものと思います。

2014/09/04追記
VaultPressでは別の移行サイト(Alternate)を選択した移行において、
テストサイトを構成できるといった記述があり、テスト用のドメインに対して移行を行ってみました。

その結果、JetPackによるサイト統計がテストサイト側をメインサイトとして認識し、
別の移行サイト(Alternate)側でしかサイト統計が確認できない事態になりました。

その為、JetPackを導入している場合には、
Alternate Site移行の機能を利用されないことを強くお勧めします。

ドメイン名の変更を伴うサーバー移行を目的とした場合に限定したほうがいいと思います。

確認したバージョン

  • WordPress: 3.5.1
  • JetPack: 2.5.2

バージョンが古いのですが他のプラグインとの互換性を保つために、
現在もこのバージョンを利用しています。
その為、新しいバージョンではこうした症状は出ない恐れはありますが、ご参考まで。

 

2014/08/22追記
尚、この方法でテストサイトや一時サイトを構成して公開した場合には、
完全なミラーサイトが作成されることになります。

クローラアクセスを排除するようにrobots.txtを設定するか、
URL正規化をミラーサイト側から正規のサイトへ指定されることをお勧めします。

このVaultPressによるバックアップ関係の双方サイトで、
共通の設定でURL正規化を行う方法を以下でご紹介しています。

 

VaultPressバックアップファイルの確認と保存

VaultPressのプラン契約を行ってサイトを登録しておくと、
Liteプランでは1日に1回のバックアップが行われ、
過去のバックアップを30日分保持しておくことができます。

このバックアップファイルは、VaultPressにログインすることで確認することができます。

バックアップの確認とデータのダウンロードの手順については以下でご紹介しています。

 

01_VaultPressダッシュボードバックアップ一覧

VaultPressダッシュボードバックアップ一覧

 

他ドメインへのサイト移行ではバックアップデータのダウンロードを行わず、
VaultPress上に格納されたバックアップデータからそのまま自動リストアを行います。

移行先のWordPressとWordPress用のデータベースの作成を先に行っておきます。

 

プロモーション(btm)

Google or AdMax Promotion (it)

WordPress用の空のデータベース作成

移転先のWordPress用にMySQLでデータベースを作成しておきます。

02_新規データベース

新規データベース

 

空のデータベースの作成のみを行っておき、
WordPressの設定ファイル「wp-config.php」に対して、
作成したデータベースへの接続情報を設定するための、接続情報を準備しておきます。

 

WordPressのセットアップ

WordPressの準備は念のため、
現在運営している既存サイトのWordPressのバージョンと同じバージョンの
WordPressをダウンロードしてアップロードしておきます。

 

WordPressのダウンロード

WordPressの過去バージョンのアーカイブは以下からダウンロードできます。

WordPress › 日本語 « リリース

03_WordPressアーカイブダウンロード

WordPressアーカイブダウンロード

 

WordPressのアップロード

ダウンロードが完了したら、
既存のサイト構成に合わせたディレクトリ構成でWordPressをアップロードします。

/public_html/wp/… などでWordPressを運営している場合には、
移転先のサーバーにも同じように「wp」ディレクトリを作成しWordPressをアップロードします。

04_WordPressファイルのアップロード

WordPressファイルのアップロード

 

設定ファイル(wp-config.php)の準備

WordPressのファイルアップロードを行ってサーバー上に配置したら、
wp-config.phpファイルを準備します。

 

wp-config.phpの準備

通常のWordPressインストール時と同じように、
「wp-config-sample.php」ファイルをコピーし「wp-config.php」にリネームします。

05_wp-config.phpの作成

wp-config.phpの作成

 

リネームした「wp-config.php」ファイルを開いて編集します。

06_wp-config.phpの編集

wp-config.phpの編集

wp-config.phpの初期状態例

 

データベース接続情報の編集

「wp-config.php」ファイルを編集して、
移転先のサーバー用に作成した、MySQLデータベースの接続情報を設定します。

07_wp-config.phpデータベース接続情報

wp-config.phpデータベース接続情報

 

WordPress.org の秘密鍵サービスでユニークキーの取得

「wp-config.php」ファイルに記載されている
WordPress.org の秘密鍵サービス(以下URL)にアクセスし秘密鍵を生成し取得します。

https://api.wordpress.org/secret-key/1.1/salt/

08_wp-config.php秘密鍵の取得とコピー

wp-config.php秘密鍵の取得とコピー

 

秘密鍵を取得して、「wp-config.php」ファイルに対して貼りつけて設定します。

09_wp-config.php秘密鍵の貼り付け

wp-config.php秘密鍵の貼り付け

 

「wp-config.php」ファイルのアップロード

編集した「wp-config.php」ファイルをサーバーにアップロードします。

10_wp-config.phpのアップロード

wp-config.phpのアップロード

 

 

WordPress初期化プロセスの実行

ここまで準備できたところで通常のWordPressセットアップ同様に
WordPressのインストールディレクトリにブラウザでアクセスし初期設定を行います。

ただこの初期設定はVaultPressからの設定で上書きされますので、適当でかまいません。

サイト情報などの入力が終わったら[WordPressをインストール]をクリックします。

11_WordPress初期設定プロセス実行

WordPress初期設定プロセス実行

 

WordPressのインストールが完了するとインストール完了画面が表示されます。

[ログイン]をクリックしてWordPressダッシュボードにログインします。

12_WordPress初期設定完了

WordPress初期設定完了

 

ログイン画面で入力したアカウントでログインします。

13_WordPressダッシュボードログイン

WordPressダッシュボードログイン

 

仮にインストールしたWordPressのダッシュボードが表示されます。

このWordPressはVaultPressのリストアによってすべて上書きされます。

14_WordPressダッシュボード

WordPressダッシュボード

 

サイトが初期状態で表示されることを念のため確認します。

15_WordPress初期サイト表示

WordPress初期サイト表示

 

では、このサイトに対してVaultPressからの移行を行います。

 

移行元サイトの例

今回、移行元に利用するサイトは以下のサイトを利用しています。
まだ開設から間もなく、アクセスが少ないのでこうしたテストにはもってこいのサイトです^^;

 

28_移行元に利用するサイト(rensrv.com)

移行元に利用するサイト(rensrv.com)

 

VaultPressからのデータ移行(Alternate Site)

移行先のWordPressの準備ができたら、
VaultPressから移行先のWordPressに対してサイトのデータを移行します。

VaultPressのダッシュボードから移行するサイトの[BUCKUPS]をクリックして開きます。

01_VaultPressダッシュボード

VaultPressダッシュボード

 

表示されたバックアップ一覧から復旧に利用するバックアップデータから、
[Restore]をクリックしてリストア対象を選択します。(すべてチェックでOK)

[Prepare Buckup]をクリックしてバックアップデータの準備(生成)を開始します。

16_VaultPressバックアップ・PrepareBackup

VaultPressバックアップ・PrepareBackup

 

バックアップデータの準備が開始され上部のプログレスバーに表示されるようになります。

リストア対象はバックアップ元のサイト(Primary)と別の移行サイト(Alternate)から選択できます。

ここでは[Alternate]をクリックしてサイト情報を指定します。

17_バックアップの準備とAlternate選択

バックアップの準備とAlternate選択

 

[Alternate]をクリックするとサイト情報の入力画面が表示されます。

  • SiteURL
    移行先サイトのURLを指定します。
  • Remote Connection
    移行先サイトへ接続するプロトコルを選択します。 

    • SSH
    • SFTP
    • FTP
  • Host
    FTP接続などに利用するホスト名を指定します。
  • Port
    FTP接続などでポートを指定する必要がある場合のみ設定します。
  • Username
    FTP接続などで利用するユーザーアカウントを指定します。
  • Password
    FTP接続などで利用するユーザーアカウントパスワードを指定します。
  • Location of WordPress
    インストール済みのWordPressのwp-load.phpファイルのパスを指定します。

 

18_サイトURLとFTP接続情報入力エリア

サイトURLとFTP接続情報入力エリア

 

尚、SiteURLは実際にアクセスが可能なURLを指定する必要があり、
バックアップ元のドメイン名を指定しての別サーバ移転は行えませんでした。

FTPのみによってファイルのみを転送するわけではなく、
URLとして有効なアクセスが行われますので、
ドメインが振り向けられていないサーバーを指定した際には、404エラーが発生し移行が中断されます。

VaultPress is unable to connect to the specified URL (Unexpected HTTP status 404)

29_同一ドメインを指定した際のエラー

同一ドメインを指定した際のエラー

 

その為、私は同一ドメインを別のサーバーに引っ越す際に、
VaultPressのバックアップファイルを利用して手動で移行を行いました。

 

FTPアカウントなどを設定して[Browse Files]をクリックすると、
実際に接続が行われ、下部にディレクトリ内のファイル一覧が表示されます。

うまく接続されない場合には何度か[Save Alternate Site]をクリックして、
設定を一旦保存してみることで接続エラーなどのエラー内容が画面で確認できます。

19_サイトURLとFTP接続情報入力

サイトURLとFTP接続情報入力

 

ファイルの一覧からWordPressディレクトリ内の
[wp-load.php]ファイル(ブルー部分)をクリックしてパスを設定します。

20_wp-load.phpの存在パス選択と指定

wp-load.phpの存在パス選択と指定

 

すべての設定が完了したら[Save Alternate Site]をクリックします。

21_代替サイトの保存(Save Alternate Site)

代替サイトの保存(Save Alternate Site)

 

代替サイトの設定が保存されます。
リストア先のサイトURLが正しいことを確認して[Restore Now]をクリックします。

リストアではリストア先に指定したWordPressデータが一旦削除され全て上書きされます。
上書きされても構わないサイトであることを十分に注意した上で実行してください。

22_代替サイトの選択とリストア実行

代替サイトの選択とリストア実行

 

すぐにリストアが開始されプログレスバーに進捗が表示されます。

23_リストアの実行開始とプログレスバー

リストアの実行開始とプログレスバー

 

リストアが完了すると「RESTORE COMPLETE!」と表示され代替サイトが構成されています。

24_リストア完了

リストア完了

 

代替サイトへのアクセス

SiteURLに指定した代替サイトのURLにアクセスを行うと、
以下のとおり元サイトのバックアップ時点の状態でサイトが構成されています。

ウィジェットやプラグインの状態もそのままの構成で代替サイトが構成されます。
サイト内のリンクなどもすべて代替サイトのURLに置き換えられています。

25_リストアサイトURLアクセスと表示

リストアサイトURLアクセスと表示

 

ダッシュボードのログインを行います。

26_ダッシュボードログイン

ダッシュボードログイン

 

ダッシュボードの状態もしっかりと移行されています。

27_ダッシュボード表示

ダッシュボード表示

 

実際の環境の紹介

実際に以下のサイトへの移行を行っています。

移行元サーバー

 

移行先サーバー

 

ご参考になれば幸いです。

 

さいごに

以上で、VaultPressでバックアップされたファイルを元にした、
テストサイト・一時サイトを構成する流れをご紹介しました。

この方法を利用してワンクリックで現在のドメイン名を指定した引っ越しができたら、
本当に便利だっただろうなと思います。

可能であれば、
バックアップ元のサイト(Primary)を同じドメイン名で、
別サーバーへFTP接続して移行できるようにサービスの刷新をされる事を願います。

 


*本ページ内に記載されされた各社ブランド、サービス名、商標、登録商標については、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認ください


最後までお読みいただきありがとうございました。
アルゴリズン


役に立ったと思っていただけたら、以下からシェア頂けたら幸いです^^

QRコードからもこのURLを開けます。

Pitta Promotion

アイキャッチ画像に利用させて頂いております、各社ブランドのロゴやシンボルに関しては、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認頂けますようお願い致します。
ロゴの使用等に関する苦情・ご意見等がございましたら管理者までご連絡ください。

AdMax Promotion

カテゴリ
すべて展開 | すべて省略

Rakuten Promotion

 - VaultPress, WordPress

  関連記事