頑張らない!でも諦めない!必死にならずにええかげん

WordPress4.0が公開されインストール(日本語化は画面選択のみ)

      2014/11/22

Google or AdMax Promotion(it)

WordPressが4.0になって利用できるようになったということで、
実際にサーバーにインストールを行って、日本語化も行いましたので、
その手順についてご紹介しておきます。

WordPressもついに4.0と言うバージョンまで成長して、
当サイトはかけ離れたバージョンでの運用を余儀なくされてしまっていますが、
今回、複数のレンタルサーバーの比較検討をする過程で、
できる限り同条件でチェックができるWordPressが欲しかったので、
そのチェック用WordPressに対して4.0を採用することにしました。

本投稿の中ほどに訂正を記載しております。
訂正に伴い、本投稿のタイトルも以下の通り、変更しております。

【訂正前】 WordPress4.0が公開されたようなので日本語化してインストール
【訂正後】 WordPress4.0が公開されインストール(日本語化は画面選択のみ)

 

WordPress 4.0のダウンロード・インストール

WordPressのインストールのお作法は4.0になったからと言って、
何かが変わるものでもありません。

WordPressインストールの一連の作業は以下でご紹介していますので、
併せてお読み頂けると幸いです。

 

WordPress4.0ダウンロード

WordPress4.0はWordPress.orgからダウンロードすることができます。

WordPress › Download WordPress

サイトにアクセスしたら[Download WordPress 4.0]をクリックします。

01_WordPress4.0ダウンロード

WordPress4.0ダウンロード

 

ダウンロードすると「wordpress-4.0.zip」ファイルがダウンロードされます。

適宜、解凍しておきアップロードの準備をしておきます。

 

2014/09/06追記・訂正
WordPress4.0より言語ファイルはインストール時に選択した言語にて、
自動的に言語ファイルがダウンロードされる仕様に変更されたようです。

11_WordPressインストール・言語選択

WordPressインストール・言語選択

 

コミュニティーにてご指摘くださいました Daisuke Takahashi 様には、
この場をお借りしてお礼申し上げます。
https://plus.google.com/101123762590074071270/posts/Jd3TKC86Nmj

言語ファイルのインストールを行わずに言語選択をおこなって、
WordPressをインストールすると「languages」ディレクトリが生成され、
言語ファイルがダウンロードされることを確認いたしました。

よって、以下の作業は一切不要です。
お詫びして訂正させて頂きます。

スキップして、wp-config.phpファイルの準備 作業に入ります。

インストール時の言語ファイル展開などについては追ってご紹介しますが、
取り急ぎ、誤記訂正させて頂きます。

 

Developer版言語ファイルのダウンロード

2014/09/05現在は日本語版としてダウンロードすることはできません。
その為、ここではDeveloper版の言語ファイルを別途インストールして日本語化を行います。

02_日本語版は3.9.2

日本語版は3.9.2

 

なお、国際版WordPressを日本語化する手順については以下でご紹介しています。
ただ、今回はDeveloper版の為、ひと手間が必要になります。

 

言語ファイルのダウンロードサイトにアクセスします。

WordPress › WordPress < GlotPress

最新版が「3.9.x」ですので、言語ファイルのDeveloper版の状態をまず確認します。
Developmentのリンクをクリックします。

03_Development言語ファイルの選択

Development言語ファイルの選択

 

リンク先ではJapaneseが100%となっていますので、概ね問題はなさそうです。

04_Japaneseを選択で確認

Japaneseを選択で確認

 

各言語ファイルのダウンロードはサイトからもいけますが、
直接URLからアクセスしたほうが便利です。

WordPress › 日本語 « 日本語リソースのインストール

翻訳が必要なファイルのある GlotPress のページへ行きます。それぞれ、VERSION の部分は例えば 3.4 や 3.4.1 なら “3.4.x“、ベータ、RC 版の場合は “dev” に変更してください。

  • 管理画面 (ja.mo):
    http://translate.wordpress.org/projects/wp/VERSION/ja/default
  • シングルサイト管理者画面 (admin-ja.mo):
    http://translate.wordpress.org/projects/wp/VERSION/admin/ja/default
  • マルチサイトネットワーク管理者画面 (admin-network-ja.mo):
    http://translate.wordpress.org/projects/wp/VERSION/admin/network/ja/default
  • タイムゾーン用の国・町名リスト (continents-cities-ja.mo):
    http://translate.wordpress.org/projects/wp/VERSION/cc/ja/default

ここでは、VERSIONの部分をすべて「dev」に置き換えて、
Developer版のダウンロードを行います。

最新のdevの場合以下のようになります。

ダウンロードは各ページの最下部のExportから行えます。

05_下部のExportからダウンロード

下部のExportからダウンロード

 

ダウンロードするファイルはプルダウンから選択して「.mo」ファイルをダウンロードしますが、
通常、日本語版WordPressでは「.po」ファイルもセットでインストールされていますので、
私は両方をダウンロードして配置しています。

06_ダウンロード対象ファイルを選択

ダウンロード対象ファイルを選択

 

また、デフォルトテーマの言語ファイルも必要になりますので、
各ページにアクセスして、Exportから同様にダウンロードします。

07_テーマの言語ファイルも同様にダウンロード

テーマの言語ファイルも同様にダウンロード

 

言語ファイル名のリネーム

ダウンロードした各ファイル名はバージョンを含んでいますので、
以下のようにリネームします。

WordPress言語ファイル名

リネーム前 リネーム後
wp-dev-ja.po ja.po
wp-dev-admin-ja.po admin-ja.po
wp-dev-admin-network-ja.po admin-network-ja.po
wp-dev-cc-ja.po continents-cities-ja.po
wp-dev-ja.mo ja.mo
wp-dev-admin-ja.mo admin-ja.mo
wp-dev-admin-network-ja.mo admin-network-ja.mo
wp-dev-cc-ja.mo continents-cities-ja.mo

 

デフォルトテーマ言語ファイル名

リネーム前 リネーム後
wp-dev-twentyfourteen-ja.po twentyfourteen-ja.po
wp-dev-twentythirteen-ja.po twentythirteen-ja.po
wp-dev-twentytwelve-ja.po twentytwelve-ja.po
wp-dev-twentyfourteen-ja.mo twentyfourteen-ja.mo
wp-dev-twentythirteen-ja.mo twentythirteen-ja.mo
wp-dev-twentytwelve-ja.mo twentytwelve-ja.mo

 

言語ファイルの準備までできたら言語ファイルを
WordPress内のディレクトリに配置します。

言語ファイルの配置(インストール)

WordPressの以下のディレクトリに対して、各言語ファイルをコピーします。

「wp-contentlanguages」 ディレクトリ内にWordPressの言語ファイルをインストールします。
※「languages」ディレクトリはありませんので作成します。

08_WordPress言語ファイルの配置

WordPress言語ファイルの配置

 

「wp-contentlanguagesthemes」 ディレクトリ内にテーマの言語ファイルをインストールします。
※「languagesthemes」ディレクトリはありませんので作成します。

09_テーマ言語ファイルの配置

テーマ言語ファイルの配置

 

言語ファイルの準備までできたらwp-config.phpの準備をします。

 

wp-config.phpファイルの準備

言語ファイルが準備できたら後は通常のWordPressインストール同様に、
MySQLの接続設定を「wp-config.php」に対して設定を行います。

設定の手順は以下でご紹介しています。

 

2014/09/06訂正
WordPress4.0では「define(‘WPLANG’, ‘ja’);」の指定は必要ありません。
むしろ、推奨されていません。

他言語版では言語指定の記述がありませんので、
以下の1行を追加する必要があります。

define(‘WPLANG’, ‘ja‘);

 

編集したwp-config.phpは以下のような感じになります。(接続文字列はマスク済み)

※以下64行目は不要

 

 

WordPressのFTPアップロード

準備ができたらWordPressインストールディレクトリ名を適宜変更し、
サーバーにアップロードします。

アップロードの手順については以下でご紹介しています。

 

10_WordPressアップロード

WordPressアップロード

 

WordPressインストールスクリプト実行

アップロードが完了したら、インストールしたサーバーへアクセスして、
WordPressのインストールを開始します。

「http://[ドメイン名]/[インストールディレクトリ]/ 」 にアクセスして、
インストールを開始します。

今回「define(‘WPLANG’, ‘ja‘);」を設定しているのですが、
言語選択画面が表示されましたので「日本語」を選択しています。

11_WordPressインストール・言語選択

WordPressインストール・言語選択

 

通常のWordPressインストール画面が表示されます。
サイト名やユーザー名、パスワードを入力し[WordPressをインストール]をクリックします。

12_WordPressインストール

WordPressインストール

 

すぐにインストールが完了します[ログイン]をクリックします。

13_WordPressインストール完了

WordPressインストール完了

 

ログインするとダッシュボードが表示されます。

3.9.2などと見た目はあまり変わった印象はありません。

14_WordPress4.0ダッシュボード

WordPress4.0ダッシュボード

 

サイトを表示するとこちらもあまり変わっている印象はありません。

15_WordPress4.0サイト表示

WordPress4.0サイト表示

 

サイトの表示のみですが、以下のURLにインストールを行っています。

 

ご参考まで。

 

プロモーション(btm)

Google or AdMax Promotion (it)

さいごに

今回は4.0のインストール手順のみご紹介しますが、
何か面白い変更点などがあればまたご紹介します。

 


*本ページ内に記載されされた各社ブランド、サービス名、商標、登録商標については、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認ください


最後までお読みいただきありがとうございました。
アルゴリズン


役に立ったと思っていただけたら、以下からシェア頂けたら幸いです^^

QRコードからもこのURLを開けます。

Pitta Promotion

アイキャッチ画像に利用させて頂いております、各社ブランドのロゴやシンボルに関しては、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認頂けますようお願い致します。
ロゴの使用等に関する苦情・ご意見等がございましたら管理者までご連絡ください。

AdMax Promotion

カテゴリ
すべて展開 | すべて省略

Rakuten Promotion

 - WordPress

  関連記事