頑張らない!でも諦めない!必死にならずにええかげん

サーバーをXSERVERへ移転しました(お名前SD-01プランより)

      2014/12/10

Google or AdMax Promotion(it)

当サイトでは2014/08/28付けでお名前.comのSD-01プランのレンタルサーバーより、
XSERVERのX10プランへ一旦緊急避難的に引っ越しを行いました。
この引っ越しを行った経緯についてご紹介しておきます。

 

Google Web Masters Toolsクローラエラーの頻発

当サイトでは過去に何度もGoogle Web Masters Toolsの
クローラエラーが発生しておりました。

クロールエラーとページビュー、サーバー転送量ログのグラフを重ねてみると、
以下のような感じです。
※厳密には横軸は合っていないと思いますが目安です。

何となくアクセスが多い日にはクロールエラーも増えていますが、
そうではない日もエラーが出ています。

01_GWMT・GA・SERVER転送ログ

GWMT・GA・SERVER転送ログ

 

また、データベース接続エラーも過去によく表示されるようになっていました。

これまではPHPの設定を変更したりしながらずるずると延命をしてきたわけです。

 

原因がこれかは不明ですが、
最近はアクセスがジリジリと下がってるような傾向で、
このエラーも少なからず影響しているのが感じられるようになってきました。

これはもう緊急性が高くなって、タスクの優先度が最優先になってしまいます。

 

プロモーション(btm)

Google or AdMax Promotion (it)

疑わしきは転送量の制限

共用サーバーだけに他のユーザーさんとの兼ね合いで、
エラーの出やすい日もあればそうでない日もあるのでしょう。

また管理者側で負荷調整を取っているのか不明ですが、
しばらくするとエラーが少し落ち着いたりすることもありました。

その為、エラーが出た場合でも、しばらくすれば消えるかな・・・と、
これまでの消えた事実から希望的観測をもっていた部分もありました。

しかし、上記のグラフの通り一向にエラーが改善されません。

 

転送量の確認

そこで、サーバーの転送量を確認してみるわけですが、
直近では1日当たり、20GB程度の転送量が発生しています。

当然、クローラのアクセスなどの頻度にもよると思います。

また、この1ヶ月ぐらいで転送量の削減のために、
中国のクローラアクセス(スパムコメント?)をバッサリとブロックしました。

それでも「1日当たり、20GB程度」のまま変わらない状況でした。

02_SERVER転送ログ

SERVER転送ログ

 

レンタルサーバーの事業者側では目安として月間の転送量を
レンタルサーバーの選定を目的として公開していることが多いのですが、
お名前.comのレンタルサーバーでは一切そうした情報を公開していません。

また、サポートに確認しても「お答えできない」と言う回答しか得られませんでした。

でも、おそらくこの辺りの「1日当たり20GB程度」が制限を受ける目安なのかもしれません。

ただ、転送量よりもMySQLなどの同時接続数などに起因している可能性もありますが、
サポートがそうした情報を提供してくれないので、まったく原因は分かりません。

 

そこで、できることと言えばApache Benchを見るくらいかなと思い、
ベンチマークを取ってみました。

1秒あたりのリクエスト処理(29行目)は速いようで、6.73が出ていましたが、
何よりも痛いのが、、、

Failed requests:        19

リクエストを返さなかったのが 19となってます。エラーが出ていると。

 

さすがに、一定のエラーが戻るのでは他が早くても意味がありません。

そんなことから、まずはエラーを無くすためにも引っ越すこととしました。

 

XSERVERへの移行手順

XSERVERへの引っ越しの手順については、また追ってご紹介しますが、
まずはさらっと流れだけをご紹介しておきます。

テーブルデータ移行

今回はphpMyAdminを利用してテーブル単位によるエクスポートでsqlファイルを取得しました。

VaultPressによるバックアップを行っていますが、
VaultPressでは同一ドメインによる別サーバーへの移行が行えませんので手動になります。

あとは、作成したMySQLデータベースへテーブルごとにインポートしました。

ファイルの移行

ファイルに関しては一旦、VaultPressを利用してXSERVER上に
別ドメインを割り当てたサーバーディレクトリに対してリストアを行って、
サーバーファイルをコピーさせました。

その後、XSERVERにリストアされたファイルを正式なドメインディレクトリへ移動しました。
これはFTPによるアップロードよりも確実にファイルのリストアが行えたためです。

 

XSERVERへの移行後のApacheBench

XSERVERへ移行してHostファイルの書き換えを行って、
一時的に移行先に接続しApache Benchを実行しました。

なお、以下3パターンで試しましたが、

結局は「FCGI・APCが有効+XSERVERのMySQL」利用が体感的に早い印象だったので、
特に個性を出すことなくそのまま採用しました。

Apache Benchだけで言えば、
「3.FCGI無効+APCキャッシュ無効+XSERVERのMySQL」が一番レスポンスがいいようです。

キャッシュなのでこの辺はアクセスが増えてから威力を発揮するというものかなとも思います。

  1. FCGI有効+APCキャッシュ有効+XSERVERのMySQL
  2. FCGI有効+APCキャッシュ有効KAGOYAのMySQLへ外部接続
  3. FCGI無効+APCキャッシュ無効+XSERVERのMySQL

 

それぞれのApache Bench結果をご参考までにご紹介しておきます。

1.FCGI有効+APCキャッシュ有効+XSERVERのMySQL

通常、何も考えずXSERVERの基本構成で利用する場合には、
この「FCGI有効+APCキャッシュ有効」設定でサイトを構成するでしょう。

MySQLもXSERVER上のMySQLを利用するものと思います。

 

1秒あたりのリクエスト処理(27行目)は、3.94に落ちてしまいました。
しかし何よりも助かるのが

Failed requests:        0

いや、これが当たり前であって欲しいのですけどね。

 

2.FCGI有効+APCキャッシュ有効+KAGOYAのMySQLへ外部接続

「FCGI有効+APCキャッシュ有効」設定でサイトを構成するものとして、
XSERVER上のMySQLは外部接続は利用できませんので、
外部から接続ができるKAGOYAのMySQLを利用してどのくらいパフォーマンスが下がるかを確認しました。

本当は外部からアクセスできたほうが引っ越しも楽だし、
データをエクスポートするのも楽なので好みなのですが、
やっぱりレスポンスは大きく落ちるようですね。

 

1秒あたりのリクエスト処理(27行目)は、1.11に落ちてしまいました。
ちょっと厳しい感じがしますので、これは見送るしかないかもしれないなという判断です。

それでも、エラーは発生しませんね。

Failed requests:        0

 

3.FCGI無効+APCキャッシュ無効+XSERVERのMySQL

「FCGI有効+APCキャッシュ有効」設定でサイトを構成した場合に、
WordPressが正しく動かなかったり、特定のプラグインがうまく動作しない場合も想定されます。
※私はそうした経験はまだありません。

一応、キャッシュを無効化した環境でも検証を行っておきます。

 

1秒あたりのリクエスト処理(27行目)は、4.32になってFCGI+APCキャッシュ構成よりも、
パフォーマンスが良くなってしまいましたが、
この辺はアクセスが多くならないとキャッシュのメリットがでないという感じかと思います。

それでも、エラーは発生しませんね。

Failed requests:        0

 

とにかく、XSERVERでは何度ABを実行しても、エラーが返ることがなかったので、
安定して利用ができるのかなと思うところです。

単にサーバーの速さと言う部分ではお名前SDの方がいいスペックなのかもしれませんが、
これは私のサイトとの相性もあるのかもしれません。

結果として、XSERVERで運用するほうが取り急ぎはエラーが減って、
より安定したサイト運用が行えるかなという判断をしました。

 

決め手は結局サポートの良さ

テストサイトをXSERVER上に公開し動作確認を行っている過程で、
少しわからない点があったためにサポートに電話で確認を行いました。

(平日の昼だったこともあるらしいが)電話がつながるのが3コール以内と言う驚きでした。

サポートにいろいろ引っ越しの経緯などをお話ししていると、

「X10のプランでは1日当たり50GBの転送量を目安にお使い頂けます。」

という、回答が。

ざっとヘルプは見たんですが、そうした情報が公開されているとは知らず、
逆にサポートから明確な数値を教えて頂けたことで、さらに安心感が増しました。

やっぱり、こうしたサポートの対応は印象が大きく、今後の安心感にもつながると思いますね。

事前に自分でヘルプ確認しとけよ・・・て自分も思いましたけどねw

でも試用中にすべての仕様を把握してることなんてないよね?
まず、動くか確認してから、耐えうるかというような細かい条件見ていくと思うんだ。。。

仕様が合っていて、いざ導入!ってなった時に使えない・・・
なんてことも出会うものなので^^;(言い訳)

 

エックスサーバー よくある質問 | レンタルサーバー 高速・高機能・高安定性の【エックスサーバー】

Q.転送量課金はなしとありますが、転送量がどれだけ増えてもいいのですか?

A.データ転送量の課金はございませんが、ネットワークやサーバに対して過大な負荷が掛かる場合には、制限を行わせて頂く場合があります。各プランの転送量の目安数値は以下の通りです。

各プランにおける転送量の目安
X10 X20 X30
50GB/日 70GB/日 80GB/日

目安数値を恒常的に上回る場合は、ご利用プランの変更をお願いする場合があります。
また、目安数値を大きく上回る転送量が発生する場合には、速度制限などの制限を実施する場合があります。

 

※お客さまのお喜びの声(これは個人の感想ですw)


 

体感的速度

体感的にページを表示した感じではさほど「早くなった!」という実感はありません。

これは当サイト自体がごにょごにょしすぎていて、
処理に時間がかかる状態になってしまっているものと自覚しています。

たぶん、どこに行っても遅いんだと思う。

サイトの内部に手を入れるのは、もっと計画的に行う必要があるとしても、
取り急ぎのエラーは消え、安定して運用が行えている印象です。

取り急ぎ情報共有しておきます。

 


*本ページ内に記載されされた各社ブランド、サービス名、商標、登録商標については、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認ください


最後までお読みいただきありがとうございました。
アルゴリズン


役に立ったと思っていただけたら、以下からシェア頂けたら幸いです^^

QRコードからもこのURLを開けます。

Pitta Promotion

アイキャッチ画像に利用させて頂いております、各社ブランドのロゴやシンボルに関しては、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認頂けますようお願い致します。
ロゴの使用等に関する苦情・ご意見等がございましたら管理者までご連絡ください。

AdMax Promotion

カテゴリ
すべて展開 | すべて省略

Rakuten Promotion

 - KAGOYA(カゴヤ), XSERVER, お名前SD , ,

  関連記事