頑張らない!でも諦めない!必死にならずにええかげん

Google™AdSenseの検索向けユニット(AFS)とカスタム検索ユニット(CSE)の違い

      2014/11/22

Google or AdMax Promotion(it)

Google™AdSenseを利用してサイトの運営を行っていると、
当然「検索向けユニット」というものがあるということを知り、
サイトにサイト内検索ユニットなどを設置することもあるでしょう。

でもふとした時に
「これってAdSenseをやる前から利用していた検索ボックスと何が違うのか?」と疑問に思うこともあるでしょう。
そんな「AdSense検索向けユニット」と「カスタム検索ユニット」の違いをご紹介しておきます。

はじめに

カスタム検索向けユニットはサイトの運営を行っている場合、設置したことがあるパーツではないでしょうか。
しかし、AdSenseを始めた際にも、検索ユニットという似たものを利用していると思います。

これはどのように違うのでしょうか、そんな点について少し紹介します。

AdSenseの検索向けユニットとカスタム検索エンジン操作画面の違い

そもそもAdSenseの検索向け広告ユニットとカスタム検索エンジンは設定を行う画面が異なっています。

AdSenseの検索向け広告ユニット

AdSenseの検索向け広告ユニットの設定を行う場合はAdSenseのホームから[広告の設定]をクリックします。
ホーム: Google AdSense

01_AdSenseの検索向け広告ユニット・広告の設定

AdSenseの検索向け広告ユニット・広告の設定

表示された広告の設定から[検索]をクリックし既存のAdSenseの検索向け広告ユニットの編集や
新しいカスタム検索エンジンの作成を行います。

※ここで作成されたカスタム検索エンジンは、
すべてAdSenseアカウントと最初から連携された状態のカスタム検索エンジンとして作成されます。

02_AdSenseの検索向け広告ユニットの新規作成

AdSenseの検索向け広告ユニットの新規作成

カスタム検索エンジン

カスタム検索エンジンの設定はカスタム検索エンジンのサイトから設定を行います。
カスタム検索 – 検索エンジンの編集

01_カスタム検索エンジン選択

カスタム検索エンジン選択

このカスタム検索エンジンの編集画面では、
カスタム検索エンジンとしてAdSenseとは関係なく作成された「カスタム検索エンジン」と、
AdSense管理画面にて作成された「AdSenseの検索向け広告ユニット」の両方が表示されます。
※呼び名が違うだけでどちらも「カスタム検索エンジン」です。

AdSenseの検索向けユニットとカスタム検索エンジンの違い

AdSenseの検索向けユニットとカスタム検索ユニットの違いといっても、
どちらも「カスタム検索エンジン」そう違いはありません。
詳しくは以下に明記されています。

検索向け AdSense とカスタム検索の違い – AdSense ヘルプ

検索向け AdSense と カスタム検索のどちらでも、カスタム検索エンジン(CSE)を作成して検索結果ページに表示された AdSense 広告から収益を得ることができます。カスタム検索には拡張機能があり、個別のサービスとしてもご利用いただけます。

検索向け AdSense とカスタム検索ではどちらも次の機能を利用できます。

  • ユーザーが検索するコンテンツの選択: ユーザーはお客様のサイト、お客様が選択する多数のサイト、またはウェブ全体を検索できます。さらに、サイトの特定のセクションを優先して検索するようにしたり、検索をそのセクションのみに制限することができます。
  • デザインのカスタマイズ: 配色、広告の配置、自分のサイトまたは Google で結果をホストするかを選択できます。
  • 検索結果ページでのターゲット広告からの収益

カスタム検索を個別に使用すると、検索エンジンを作成した後で、次の拡張機能もご利用いただけるようになります。

  • サイトの除外
  • ラベルと絞り込み
  • コラボレーション

検索向け AdSense では、検索向け AdSense またはカスタム検索で作成したかどうかに関係なく、すべての検索エンジンでチャネルを作成し、掲載結果レポートを表示できます。

既存の AdSense アカウントがある場合は、検索向け AdSense ですべての検索エンジンを作成することをおすすめします。

ヘルプでは上記のように書かれています。

実際に双方の設定で大きな違いがある点を例示しますが、
あくまでもどちらの画面から操作するかという点で違いがあるだけです。

また「カスタム検索エンジン」にて新規に作成したのちに、
作成済みの「カスタム検索エンジン」に対してAdSenseアカウント連携を行うことができます。

しかし「カスタム検索エンジン」から作成されたユニットも、
本来はAdSenseの管理画面に表示されてくるはずですが、
私が確認した環境ではAdSense管理画面に表示されることはありませんでした。
その点がヘルプ記載の

「検索向け AdSense ですべての検索エンジンを作成することをおすすめします。」

なのだと思います。

10_カスタム検索エンジン収益化

カスタム検索エンジン収益化

AdSense管理画面独自の機能

当然ながらAdSenseにて利用される「AdSenseの検索向け広告ユニット」ではAdSense独自の機能が設定できます。

※ここではAdSense管理画面から作成されたカスタム検索エンジンを使用しているものとします。

カスタムチャネル

カスタムチャネルの設定は「カスタム検索エンジン」の画面には設定項目がありません。
その為、カスタムチャネルをAdSenseの検索向け広告ユニットに割り当てる場合には、
AdSense管理画面より行う必要があります。

14_カスタムチャネル

カスタムチャネル

広告スタイル

広告のスタイル設定は「カスタム検索エンジン」の画面には設定項目がありません。

カスタム検索エンジンでは「プロモーション」というサイト管理者がお勧めするURLなどを表示する機能があり、
そのプロモーションの表示に対するスタイル設定はあります。
その設定は検索結果ページに表示される広告の設定とは別のものです。

AdSenseの検索向け広告ユニットのテーマ・デザイン

AdSenseの検索向け広告ユニットのテーマやデザインの変更はAdSense管理画面から行います。

17_広告スタイル・広告スタイルを選択

広告スタイル・広告スタイルを選択

18_広告スタイル・カスタム設定を使用

広告スタイル・カスタム設定を使用

カスタム検索エンジンのプロモーション

カスタム検索エンジンでは独自に表示するプロモーションのスタイルのみ変更可能です。

07_プロモーションの表示

プロモーションの表示

検索向けAdSenseに関連するヘルプ

AdSenseの検索向け広告ユニットに関するヘルプは以下が参考になります。

検索向け AdSense – AdSense ヘルプ

検索向け AdSense(AFS)

カスタム検索エンジンにて編集するリンク表示

AdSenseの検索向け広告ユニットに関しての独自機能についてご紹介しましたが、
AdSenseの検索向け広告ユニットの編集画面(AdSense管理画面)から、
さらに詳細なカスタマイズにはカスタム検索エンジンのページで編集を行うようにとのリンクが表示されています。

[その他の検索オプション機能]をクリックするとカスタム検索エンジンのページが開きます。

01_AdSenseの検索向け広告ユニット・その他オプション

AdSenseの検索向け広告ユニット・その他オプション

カスタム検索エンジンの画面が開くと編集中のAdSenseの検索向け広告ユニットが
選択された状態で編集を開始できます。

02_カスタム検索エンジン画面へ遷移

カスタム検索エンジン画面へ遷移

カスタム検索エンジンで変更可能な機能

カスタム検索エンジンのカスタマイズ機能については以下でご紹介しています。
Google™サイト内検索(カスタム検索エンジンv2)をカスタマイズする方法

AdSense管理画面ではカスタマイズできない設定で、
カスタム検索エンジンで設定できるはヘルプに明記の通り以下の機能がありますがそれだけではありません。

  • サイトの除外
  • ラベルと絞り込み
  • コラボレーション

その他に設定できるものとして以下のものがあります。

設定

カスタム検索エンジンの[設定]メニューでは、
AdSense管理画面からは利用できない以下の機能が設定できます。

  • 画像検索機能のオン・オフ
  • 検索フィールドの音声入力オン・オフ
  • 検索対象除外ページの指定(サイトの除外)
  • カスタム検索エンジンの共同編集(コラボレーション)
  • オンデマンドインデックス登録
  • カスタム検索エンジンのXMLダウンロード・アップロード

カスタム検索エンジンからの設定機能の詳細については以下でご紹介しています。
Google™サイト内検索(カスタム検索エンジンv2)の設定

カスタム検索エンジンの共同編集と共同編集者が編集できる権限については、
以下でご紹介しています。
Google™カスタム検索エンジンv2を複数Googleアカウントで共同編集する

カスタム検索エンジンを利用したオンデマンドインデックス登録の機能は以下でご紹介しています。
Google™カスタム検索エンジンv2でオンデマンドインデックス登録

デザイン

カスタム検索エンジンの[デザイン]メニューでは、
AdSense管理画面からは利用できない以下の機能が設定できます。

  • 検索結果ページ表示方法の指定
  • 検索結果ページのスタイル指定
  • 検索ボックス、検索結果、プロモーションデザインの詳細設定
  • 検索結果のサムネイル画像表示のオン・オフ

カスタム検索エンジンからのデザイン設定機能の詳細については以下でご紹介しています。
Google™サイト内検索(カスタム検索エンジンv2)のデザイン設定

検索機能

カスタム検索エンジンの[検索機能]メニューでは、
AdSense管理画面からは利用できない以下の機能が設定できます。

  • プロモーションの作成・編集
  • 検索結果の絞り込み設定(ラベルと絞り込み)
  • カスタムオートコンプリートの設定
  • 類義語設定
  • 検索結果の並び順指定
  • クエリ文字列の追加指定

カスタム検索エンジンからの検索設定機能の詳細については以下でご紹介しています。
Google™サイト内検索(カスタム検索エンジンv2)の検索機能設定

プロモーション・オートコンプリート・類義語はXMLを利用して作成することもできます。
Google™サイト内検索(カスタム検索エンジンv2)でプロモーションをXMLで定義する
Google™サイト内検索(カスタム検索エンジンv2)でオートコンプリートをXMLで定義する
Google™サイト内検索(カスタム検索エンジンv2)で類義語をXMLで定義する

統計情報とログ

カスタム検索エンジンの[統計情報とログ]メニューでは、
AdSense管理画面からは利用できない以下の機能が設定できます。

  • 検索統計結果の確認
  • Google™Analytics連携設定(独自サイト内検索利用時に限る)

カスタム検索エンジンからの統計設定機能の詳細については以下でご紹介しています。
Google™サイト内検索(カスタム検索エンジンv2)の統計情報とログ設定

プロモーション(btm)

Google or AdMax Promotion (it)

さいごに

AdSenseの検索向け広告ユニットをAdSense管理画面からのみ利用していると、
あまり設定変更が行える部分が少なく、ついついそのままの状態で設置して安心してしまいます。

しかしながらAdSenseの検索向け広告ユニットはカスタム検索エンジンそのものであり、
カスタム検索エンジンと全く同じように修正をおこなったりしてカスタマイズすることができます。

もっと言えば、現在主流のV2コードと呼ばれる設置タグだけではなく、
V1コードと呼ばれるCustom Search Element を直接操作してカスタマイズを行うことも可能です。
WordPressにGoogle™サイト内検索(カスタム検索エンジンv1)を設置する方法

またHTMLタグを利用した従来の検索ボックスの設置方法も利用することが可能です。
(HTML)WordPressにGoogle™サイト内検索(カスタム検索エンジン)を設置する方法

カスタム検索エンジン(サイト内検索)と一言で言っても、
かなりいろいろなカスタマイズを行える点がさすがGoogleさんといった感じです。


Google™はGoogle Inc. の登録商標(第4478963号及び第4906016号)です。
GoogleロゴはGoogle Inc. の国際登録商標です。
国際登録番号:881006及び926052及び1086299及び1091990及び1145934
Google AdSense™,AdSense™はGoogle Inc. の登録商標(第4899412号)です。

*本ページ内に記載されされた各社ブランド、サービス名、商標、登録商標については、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認ください


最後までお読みいただきありがとうございました。
アルゴリズン


役に立ったと思っていただけたら、以下からシェア頂けたら幸いです^^

QRコードからもこのURLを開けます。

Pitta Promotion

アイキャッチ画像に利用させて頂いております、各社ブランドのロゴやシンボルに関しては、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認頂けますようお願い致します。
ロゴの使用等に関する苦情・ご意見等がございましたら管理者までご連絡ください。

AdMax Promotion

カテゴリ
すべて展開 | すべて省略

Rakuten Promotion

 - AdSense, Google, 検索ボックス

  関連記事