頑張らない!でも諦めない!必死にならずにええかげん

(復旧可能)私はこうして「JetPackのサイト統計がリセットされた」

      2014/11/22

Google or AdMax Promotion(it)

JetPackのサイト統計がリセットされて統計データが0件表示になってしまう症状ですが、
私がこの症状に出会ったパターンをご紹介しておきます。
基本的にはドメインなどを過去に変更したことがある場合に発生するようですね。

 

私の場合こうしてJetPackのサイト統計がリセットされた

以下はあくまでも私がサイト統計がリセットされたケースですが、
図示してご紹介しておきます。

 

既存環境

JetPackのサイト統計がリセットされることなく、公開から1年半以上ブログを運用していました。
一緒に利用していた Automattic系 のプラグインはVaultPressです(他は省略)

ごくごく一般的な構成でサイト統計を利用してきました。

05_サイト移行前

サイト移行前

 

バックアップサイト(一時サイト)を構成

今回、サイトのサーバー移行を行うに当たって、
移行に失敗した時に一時的にサイトを公開できるように別ドメインのサイトを構成しました。

一時サイトの作成は、VaultPressを利用することによって、
Alternate Site指定を行うことで、ワンクリックで別ドメインのミラーサイトを構成することができます。

 

06_Alternate Site Restore

Alternate Site Restore

 

Alternate Site指定によってサイトのドメイン名などが自動的に置き換えられて、
別ドメインでサイトを公開することができるようになります。

ただ注意が必要な点が上の図の通り、

JetPackでサイト統計などを管理している「サイトID」が、
そのまま元ドメインで利用していたIDのまま移行されます。
※SQLエクスポート・インポートを利用して移行しても同じ結果ですが。

この状態で異なったドメイン(URL)で同一サイトIDが付与された状態になります。

自分のJetPackが利用しているサイトIDの確認方法は以下でご紹介しています。

 

移行先サイトを構成

VaultPressでは同一ドメイン名を指定してサーバー移行が行えません。

これは運用中のドメインはDNSによって一意に決定され、
VaultPressからも運用中のサーバーにしかアクセスができない為です。
※hostsファイルのような一時的にアクセス先を指定できたら便利なのですが。

運用中のドメインに対して利用できるのは「Restore」のみが利用できます。

もし別サーバーなどに移行する場合には、
VaultPressのバックアップをダウンロードしてインポートするか、
運用中のサイトから直接データベースをエクスポートするという操作になります。

今回私はphpMyAdmin経由でエクスポート・インポートで移行しました。

当然ですが、この場合もインポート直後はサイトIDが同じ状態でインポートされます。

しかし、その後、JetPackがエラーを出力してしまう場合があります。

例)エラー画面は以下のような画面が表示されます。

08_WordPress.comサイト統計準備中(3.7.1)

WordPress.comサイト統計準備中(3.7.1)

 

エラーを改善しようと一旦、JetPackのWordPress.comアカウント連携を解除・再連携すると、
サイトIDが新しく割り当てられてしまいました。

07_データベースインポート移行

データベースインポート移行

 

DNSレコードの変更

サイトを移行したら、実際に移行先のサイトへDNSを変更して公開します。

移行先のサイトでも同じようにエラーが表示されますので、
やはりJetPackを再連携する必要が発生します。

結果として、一時サイト側で過去のサイト統計が表示され、
メインのドメインではサイト統計が0pvスタートになって、初期化された状態になりました。

08_DNS変更とサイト公開

DNS変更とサイト公開

 

このようにして、本来利用していたドメイン側のサイトIDが、
新しいサイトIDに刷新されてしまって、
一時サイト側に過去のサイト統計が表示される状態になりました。

この挙動はJetPack側も認識しています。
発生する原因は以下のように書かれています。

With Jetpack, your stats information is connected to a unique blog ID. Sometimes, if a site owner was using a development site or a different URL address when they set up Jetpack, disconnecting and reconnecting may create a new blog ID. When this happens, it may appear that your stats and/or followers were lost.

(意訳)
Jetpackのでは、 あなたの統計情報は、一意のブログIDに接続されています。
時に、サイトオーナーが開発用サイトや異なったURLアドレス(ドメイン)でJetPackをセットアップしたとした、(JetPackをWordPress.comアカウントから)連携解除し、再連携すると新しいブログIDが作成され、問題が発生する場合があります。
それはあなたの統計情報およびフォロアーを失ったように見えることがあります。

 

ということなので、現状で特に別のサイトなどを構成したり、
引っ越したりといったことが過去になければ、こうした症状が発生することはほぼないと言えます。

 

プロモーション(btm)

Google or AdMax Promotion (it)

さいごに

こうして発生するJetPackのサイト統計の初期化問題ですが、
過去のサイト統計が表示されなくなった場合も、データは消えていません。

一意に付与されているサイトIDのデータとしてWordPress.comに保持されていて、
JetPackのサイトIDが異なっているために表示されないだけです。

自分でこのサイトIDとドメインの紐付けを、
変更することはできない為、(WordPress.comのサーバー側の変更が必要)
元のサイトIDのサイト統計を表示するには、JetPackに対して依頼する必要があります。

JetPackに対して依頼する手順については以下でご紹介してます。

 


*本ページ内に記載されされた各社ブランド、サービス名、商標、登録商標については、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認ください


最後までお読みいただきありがとうございました。
アルゴリズン


役に立ったと思っていただけたら、以下からシェア頂けたら幸いです^^

QRコードからもこのURLを開けます。

Pitta Promotion

アイキャッチ画像に利用させて頂いております、各社ブランドのロゴやシンボルに関しては、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認頂けますようお願い致します。
ロゴの使用等に関する苦情・ご意見等がございましたら管理者までご連絡ください。

AdMax Promotion

カテゴリ
すべて展開 | すべて省略

Rakuten Promotion

 - jetpack, WordPress ,

  関連記事