頑張らない!でも諦めない!必死にならずにええかげん

Google+のホームを荒らすユーザーのフォロー解除せず表示しない方法

      2014/11/22

Google or AdMax Promotion(it)

Google+は様々な共通属性のユーザー同士で繋がって、
意見交換や情報交換が行えていいのですが、
少なからず、無意味な投稿や写真などを連投したりするユーザーも存在します。
しかし、SNSという特性上やはりフォローされたら、フォローバックをするのが礼儀かなと思い、
フォローバックをするわけですが、どうもホームに表示される投稿に嫌気がさすこともあります。
そんな時にはフォローを解除せず、ホームストリームに表示させないように設定してしまいましょう。

 

Google+のホームを荒らすユーザーのフォロー解除せず表示しない

Google+ではフォローする際に追加するユーザーを、
自分で分類してフォローすることができます。

「この人は、こういう関係性のユーザー」とサークルごとに分けて登録することができます。

このサークルには便利な機能があります。
「[ホーム]のストリームに投稿を表示」機能です。

設定方法順番にご紹介します。

Google+でホームストリームを表示します。

現在、AユーザーがBユーザーをフォローしている為、
ホームにはBユーザーの投稿が表示されています。

01_ホームストリーム表示

ホームストリーム表示

 

フォロー状態を確認します。

Bユーザーは今「フォロー中」サークルに対して登録されています。

ここで新たに[+]をクリックして新しいサークルを追加します。

02_フォロー・サークル

フォロー・サークル

 

ポップアップが表示されますのでサークル名を入力して[空のサークルを作成]をクリックします。

ここではサークル名を「ミュート」としています。

03_新しいサークル

新しいサークル

 

ミュートサークルが作成されました。

04_作成したサークル

作成したサークル

 

作成したミュートサークルをクリックして選択し、Bユーザーを追加します。

追加すると、Bユーザーは「ミュート」と「フォロー中」の両方に登録された状態になります。

05_サークルにユーザー追加

サークルにユーザー追加

 

次に「フォロー中」サークルをクリックして、Bユーザーをマウスオーバーして表示される
[×]をクリックして、サークルから削除します。

06_既存サークルからの削除

既存サークルからの削除

 

削除されるとユーザーが落ちていきます。

07_削除中

削除中

 

削除した結果、Bユーザーは「ミュート」サークルにのみ追加された状態になります。

08_フォロー状態

フォロー状態

 

次はホームストリームを表示します。

09_ホームストリームの選択

ホームストリームの選択

 

ホームストリームを表示したら上部タブから[その他]をクリックし、
作成した[ミュート]サークルを選択します。

10_ストリームからサークルを選択

ストリームからサークルを選択

 

ミュートサークルに追加されているBユーザーの投稿のみが表示されます。

11_サークルのストリーム表示

サークルのストリーム表示

 

ここで、設定アイコンをクリックして、
プルダウンから[ホーム]のストリームに投稿を表示に付与されているチェックを外します。

12_サークルの設定変更

サークルの設定変更

 

再びホームストリームに戻ると、
ホームストリームにはミュートサークルのユーザーの投稿は表示されなくなります。

※ホームストリームの表示にはしばらく時間がかかる場合があります。
概ね、1分以内には設定が有効になった表示を確認できます。

13_ホーム表示

ホーム表示

 

プロモーション(btm)

Google or AdMax Promotion (it)

さいごに

このようにして、フォローしている状態を維持して、
ホームストリームで心無いノイズを発するユーザーを排除することができます。

あまりに目に余るようであれば、フォロー解除やブロックも利用するといいとは思いますが、
悪意のないノイズもありますので、
そうした場合にはサークルの付け変えを行うだけで、ホームが静かになります。

 


*本ページ内に記載されされた各社ブランド、サービス名、商標、登録商標については、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認ください


最後までお読みいただきありがとうございました。
アルゴリズン


役に立ったと思っていただけたら、以下からシェア頂けたら幸いです^^

QRコードからもこのURLを開けます。

Pitta Promotion

アイキャッチ画像に利用させて頂いております、各社ブランドのロゴやシンボルに関しては、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認頂けますようお願い致します。
ロゴの使用等に関する苦情・ご意見等がございましたら管理者までご連絡ください。

AdMax Promotion

カテゴリ
すべて展開 | すべて省略

Rakuten Promotion

 - Google ,

  関連記事