頑張らない!でも諦めない!必死にならずにええかげん

【解決】スラッグが全ての投稿で「post-0」としてMT形式がインポートされる原因

   

Google or AdMax Promotion(it)

FC2からの引っ越しに関しての投稿を作成している過程で、
インポートされた投稿のスラッグ(URL)が、
すべて「post-0」となってしまうケースに直面しました。
もし「post-0」となってインポートされてしまった場合の原因と対処法をご紹介します。

 

スラッグが全ての投稿で「post-0」としてMT形式がインポートされる原因

以前、FC2からのエクスポートファイルを、
WordPressへインポートした際には、
各投稿のスラッグは投稿タイトル(全角)が設定されてきました。

それから数か月経って、改めてインポートを行ったところ、
投稿のスラッグがすべて「post-0」となってしまうケースに直面しました。

てっきり最初はFC2側の問題かと疑いました。

しかし、原因は・・・テーマでした。

Stingerテーマ適用時にインポートで発生

私はこれまでテーマでStingerを利用してきていませんでした。

WordPressテーマのSTINGER3公式サイト

将来的には自分でテーマを作成しようと思って、
その際にRWD対応すればいいやと放置してきた感じです。

しかし、時代はRWDが当たり前、新規にサイトを立ち上げる際などには、
皆さんが良く使われている「Stinger」のお力をお借りしようと、
早速テスト環境(FC2からの移行検証環境)にStingerを導入し、
インポートを試していました。

環境

今回、以下のバージョンによる検証中に症状に出会いました。

  • WordPress: WordPress 3.9.2 ja
  • テーマ: stinger5ver20141011 / stinger3ver20140327
  • 有効化プラグイン:Movable Type and TypePad Importer のみ
01_実行環境(Stinger)

実行環境(Stinger)

 

インポートと実行

実際にFC2ブログからエクスポートしたMT形式のファイルを、
インポーターを利用してインポートを行います。

02_インポート実行

インポート実行

 

インポートの結果、投稿の各スラッグがすべて「post-0」として設定されます。

03_スラッグの重複インポート(Stinger)

スラッグの重複インポート(Stinger)

 

てっとり早い解決策

なお、結論として改善した組み合わせとしては、
上記からテーマを一旦「Twenty Fourteen」に戻したのちに、
インポートを行えば正常にインポートできました。

ですので、サイトが準備中などで投稿をすべて消すことが可能な場合には、
一旦インポートした投稿のすべてを削除し(ゴミ箱からも削除)、
テーマを一旦「Twenty Fourteen」に戻し、インポートを実行。

インポート完了後に「stinger」テーマに戻せば回避できます。

「Twenty Fourteen」を利用してます。

04_実行環境(Twenty Fourteen)

実行環境(Twenty Fourteen)

 

インポート実行後はスラッグが投稿名タイトルがそのまま設定されます。

05_スラッグのタイトルインポート(Twenty Fourteen)

スラッグのタイトルインポート(Twenty Fourteen)

 

でも、スラッグなんて結局はすべて適切な文字に変更するでしょ

とは言え、スラッグを投稿名そのままで採用される方も少ないでしょうし、
インポートした後にスラッグの変更は個別に行うでしょう。

パーマリンクをデフォルトのパラメータ形式を利用するような方は、
スラッグなんて気にすることもないでしょうし・・・。

そういう意味では別に重複したスラッグでインポートされたからと言って、
個別に全件変更を行う過程で、
投稿の内容を表した、適切なスラッグにされればいいと思います。

投稿数が非常に多くて、スラッグの変更なんてやってられない。

一発でとにかく重複だけ解決したいって方には、
一応、スラッグを一発でユニークにさせる方法はありますが・・・。

お勧めはしません。

 


*本ページ内に記載されされた各社ブランド、サービス名、商標、登録商標については、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認ください


最後までお読みいただきありがとうございました。
アルゴリズン


役に立ったと思っていただけたら、以下からシェア頂けたら幸いです^^

QRコードからもこのURLを開けます。

Pitta Promotion

アイキャッチ画像に利用させて頂いております、各社ブランドのロゴやシンボルに関しては、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認頂けますようお願い致します。
ロゴの使用等に関する苦情・ご意見等がございましたら管理者までご連絡ください。

AdMax Promotion

カテゴリ
すべて展開 | すべて省略

Rakuten Promotion

プロモーション(btm)

Google or AdMax Promotion (it)

 - WordPress

  関連記事