頑張らない!でも諦めない!必死にならずにええかげん

(FC2編)dtiブログサービス終了に伴う引っ越し方法

      2014/11/22

Google or AdMax Promotion(it)

これまで様々なブログサービスの機能を検討してまいりましたが、
本日dti™ブログからのサービス終了のメールを受け取りました。

様々な無料ブログサービスも勝敗がはっきりとしてきて、
淘汰される時期が来ているのだなと思います。

はじめに

さて、dtiブログでブログをされている方が、
いざサービス終了となって「バックアップしてください」と言われても・・・
と思いまして、参考までにバックアップ方法についてご紹介します。

dtiブログサービスの終了に伴うお知らせということで、
既にメールを受け取られている方もいらっしゃるでしょう。

サービス終了のお知らせ

■ 新規登録の停止: 2013年9月26日
■ サービス終了予定日: 2013年12月17日

01_dtiブログサービス終了のお知らせ

dtiブログサービス終了のお知らせ

そのメールに記載されたリンク先では、以下のようなページが案内されています。

▽ データのエクスポートの方法
http://blogmanual.dtiblog.com/blog-entry-48.html

とまぁ、リンク先でおそらくMT形式などで落とせるのだろう・・・と思って確認をしてみました。
予想通り、MT形式を採用しているようです。

ヘルプ|dtiブログより
Q. 引越ししたいのですが、DTIブログの形式は?

A. DTIブログは、MT(MovableType)形式を採用しています。
実際に出力されたMTファイル例 

MovableType形式なら引っ越しできそうだが

このことから仕組み上はMovableTypeのインポートを採用しているブログであれば、
引っ越しは可能であると思います。

ではどうやって移行するかですが、
正直、素直にレンタルサーバなどでMovableTypeを設置して取り込んだり、
MT形式のインポートに対応しているサービスに移行するといった、
方法はあまりいい結果にはなりません。

投稿の中に張った画像のURLなどを個別に変換しない限りは、
すべてdtiドメインのままになってしまいますし、
画像ファイルなども(ローカルにあればそれでいいが)自分でdtiから落とすなどし、
レンタルサーバにアップロードし直す必要があります。

おそらく、画像のURL貼り直しはまだましだと思いますが、
記事の内部リンクを、移行先のリンクに張りなおす作業が非常に面倒です。
インポートした先の記事のURLに一つ一つ張り替えていく必要があります。
考えただけでも面倒そうですね。

面倒なことは避けたい

そんな場合は、いつも通りというか有名なサービスを使うしかありません。
ブログお引越しツール – FC2ブログ

これなら、まずFC2™への移行は一発で完了することができます。
というか、FC2ならいろいろと制限も少なく長く使っていけるでしょうから、
そこから先に引っ越す必要はあまりないと思います。

その他、livedoor™ブログもどうやら容易に引っ越しができそうです。
追記:livedoorブログのインポートも行いましたが改行が正しく移行できませんでした。

 

FC2:ブログお引越しツール

このツールはFC2が運営しているFC2ブログへ、
他社サービスからの引っ越しを支援してくれるツールです。

クリックしてすぐにとはいきませんし、記事数にも依存するとは思いますが、
数時間程度で作業終了のメールが届きます。

引っ越しツールを利用されるには、FC2ID(移行先のブログ)が必要になります。
事前に登録を行っておいてください。
FC2ブログ:新規登録

引っ越し手順

引っ越し元、先情報の登録

引っ越しツールのページを開きます。
FC2ブログのブログお引越しツール

FC2ブログのブログお引越しツール画面の、
[① お引越しするブログサービス選択してください]で、
[DTIブログ]を選択します。

[② 上記で選んだブログの情報を入力してください]で、
[DTIブログのログイン情報]を入力します。

[③ (お引越し先の指定)あなたのFC2ブログの登録情報を入力してください]で
[FC2ブログのログイン情報]を入力します。

入力が終了したら[確認画面へ]をクリックします。

02_FC2ブログお引越しツール・申し込み

FC2ブログお引越しツール・申し込み

引っ越し元、先情報の確認

確認画面が表示されたら、
引っ越し元ブログに表示されたブログURLとブログタイトルを確認し、
貴方のブログの情報が表示されていることを確認します。

また、併せて引っ越し先のFC2ブログの登録をした際の
メールアドレスが表示されていることを確認します。

確認が終了したら[ご登録]をクリックします。

03_FC2ブログお引越しツール・確認

FC2ブログお引越しツール・確認

申し込み完了の確認

申し込み完了画面が表示されれば受付は終了です。

04_FC2ブログお引越しツール・完了

FC2ブログお引越しツール・完了

申し込み完了メールの確認

メールを確認すると「【ブログお引越し】登録完了」というメールが
正しく届いていることを確認します。

05_「ブログお引越し登録完了」メール

「ブログお引越し登録完了」メール

しばらく処理を待つと、以下のように処理完了メールが送られてきます。

引っ越し処理完了メールの確認

メールを確認すると「【ブログお引越し】引っ越し処理完了のお知らせ」というメールが
届くとブログの引っ越し処理は完了しています。

06_「引越し処理完了」メール

「引越し処理完了」メール

ブログの表示確認

FC2ブログの表示を確認すると、以下の通りしっかりと移行されています。

07_引っ越し後の表示確認

引っ越し後の表示確認

またこのお引越しツールでは便利なことに、
dtiブログに保存されている画像をfc2側へコピーしてくれます。
そして、記事内のURLもしっかりと置き換えてくれます。

08_画像のファイルインポートとURL変換

画像のファイルインポートとURL変換

以上で、dtiブログのデータを一気にFC2へ持ってくることができました。

しかし、これだけでは終われません。
dtiブログでこれまで書いてきた記事は、dtiブログのドメインで運営されていました。

ブログの引っ越しをしっかり伝える

dtiの検索インデックスを失わないために

Google™検索などからのアクセスはdtiブログに対してのものです。
データを引っ越ししたからと言って、FC2ブログにすぐにアクセスが来るわけではありません。

検索結果にFC2ブログの投稿が新しく表示されて、
アクセスが来るようになるのを待つしかない状態です。

そもそもコピーした状態

と、言いますが、これまでの状態はいわゆる「コピーサイト」の状態を作ってしまっています。

これを迅速に対応しておかなければ、
これまでのdtiブログも新しいFC2ブログも、
検索結果から何かしらの制裁を受ける可能性があります。

厳密には、どちらがコピーサイトと判定されるかはわかりませんが、
おそらく後発のFC2側になると思われます。

しっかりと転送の設定を行う必要があります。
dtiブログ終了前に引っ越し先のブログへ転送(リダイレクト)する

作業中は・・・

おそらく転送設定にはそれなりの時間がかかることと思います。
その間は、以下のタグを転送先のHTMLファイルの<head>内に記述しておけば、
転送作業をしている間は、重複してインデックスされることはないでしょう。

が、転送先がインデックスされないということは、
インデックスを消したと同じ状態になる可能性もあるわけでなんとも言えません。

早めに転送をきっちりしてしまうことがベストかと思います。。。

あとは、転送先の投稿を一旦すべて非公開に変更して、
転送元からリダイレクト設定を行った投稿から公開していく方法もありかなと。

どれもしんどい設定になりますが。

プロモーション(btm)

Google or AdMax Promotion (it)

さいごに

正直、このFC2の引っ越しツールですが、本当に便利なサービスだなと思います。

普通なら、MT形式のエクスポートをした後に、
インポート先で利用するドメインにdtiのドメインを置き換えたり、
記事内に貼った画像を移行して、移行先にURLに置き換えたりする必要があります。

そんな作業を一括して行ってくれるサービスは、本当にありがたいなと思うのです。

dtiblogはDTI SERVICES, INC.の商標であり、
dtiblogを含む、すべての名称、商標、ブランド、ロゴ、デザイン、トレードドレス、スローガン、DTIは
その商品やサービスに関連して使用され、DTI SERVICES, INC.の著作物です。
DTIサービスのロゴ使用と会社名表記に関する声明はhttp://www.dtiserv.com/logo/DTI.htmでご確認頂けます。
またDTIサービスのWebサイト契約(http://dtiservices.com/wp/?page_id=357)に商標に関する取扱いが明記されています。

FC2はFC2, Inc.の商標であり、FC2ブログはFC2, Inc.のサービス名称です。
FC2ロゴ、アイコンその他のマーク等はFC2, Inc.の商標であり、FC2, Inc.の著作物です。

livedoorはLINE株式会社の登録商標(第4451585号)であり、
livedoorブログはLINE株式会社のサービス名称です。
livedoorロゴ、アイコンその他のマーク等はLINE株式会社の商標であり、LINE株式会社の著作物です。

*本ページ内に記載されされた各社ブランド、サービス名、商標、登録商標については、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認ください


最後までお読みいただきありがとうございました。
アルゴリズン


役に立ったと思っていただけたら、以下からシェア頂けたら幸いです^^

QRコードからもこのURLを開けます。

Pitta Promotion

アイキャッチ画像に利用させて頂いております、各社ブランドのロゴやシンボルに関しては、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認頂けますようお願い致します。
ロゴの使用等に関する苦情・ご意見等がございましたら管理者までご連絡ください。

AdMax Promotion

カテゴリ
すべて展開 | すべて省略

Rakuten Promotion

 - DTIブログ, FC2ブログ, 無料ブログ , , , ,

  関連記事