頑張らない!でも諦めない!必死にならずにええかげん

偽装gmail.com迷惑メールを拒否するとGoogle App BusinessのGmailが受信できない件

      2014/11/22

Google or AdMax Promotion(cel)

偽装gmail.comのメールアドレスによる迷惑メールが届くという話を、
OKwaveなどでたまに見かけるので、また偽装メールか・・・と思っていました。
ezweb.ne.jpなら「なりすまし規制」を有効にすれば回避できる・・・と、
そんな簡単なものではなかった件です。

「なりすまし規制」は有効

「なりすまし規制」と「迷惑メールおまかせ規制」の組み合わせは優秀で、
迷惑メールの多くをフィルタして受信ボックスをクリーンに保ってくれます。

それぞれの設定方法は以下でご紹介しています。

このなりすまし規制を有効にすると、ドメイン偽装などの偽装メールアドレスを排除して、
迷惑メールという判断をしてくれる便利な機能なのですが、

よくあるパターンとしてメール転送などが迷惑メールにされてしまうという弊害もあります。

そうした弊害の一つとして、
今回直面したのがGoogle App BusinessのGmailが偽装扱いになってしまう点です。

詳細は以下でご紹介していますが、
Google App Businessの独自ドメインメールだけでなく、
元の「Googleアカウント@gmail.com」のメールアドレスでさえ偽装扱いされてしまいました。


プロモーション(btm)

Google or AdMax Promotion (cel)

回避策は・・・

このGoogle App BusinessのGmailが偽装扱いになってしまうことによって、
独自ドメインでGoogleのプラットフォームで運用されているメールは、

「ezweb.ne.jp」+「なりすまし規制:高」 の、

組み合わせでは正しく受信できない恐れがあることになります。

回避リストで回避?

ならばということで「@gmail.com」を回避リストに追加すれば、
gmail.comが受信できるようにはなります。

しかし、この場合には偽装されたgmail.comも通過することになります。

それでは本末転倒です。

それに、独自ドメインもそれぞれ設定する必要があります。

 「ezweb.ne.jp」+「なりすまし規制:低」で運用

今回、Google App BusinessのGmailが受信できるようになった設定として、

「なりすまし規制:低」に変更するという方法が有効でしたが、当然フィルタ強度としては弱くなります。

迷惑メールフィルター設定-ヘルプ詳細 (抜粋引用)

なりすまし規制

送信元のアドレスを偽って送信してくるメールの受信を拒否します。

この規制を実施するにあたっては以下の点にご注意ください。

1)なりすまし規制は、送信ドメイン認証(SPF/SenderID)技術を用いて、送信元のIPアドレスが送信元ドメインに対するIPアドレスとしてネットワーク上に登録されているもの(SPFレコード)と合致するかを確認し、送信元ドメインが詐称されている可能性がある場合は拒否するものです。

2)なりすまし規制(高)(中)(低)の3つのレベルからお選び頂けます。

・(高)はエンベロープFromおよびヘッダFromが詐称されているメールまたは認証不可のメールを拒否します。 (低)(中)よりも規制条件が厳しく、もっとも迷惑メール削減効果が高い設定です。

・(中)はエンベロープFromが詐称されているメールを拒否します。

・(低)パソコン等から携帯電話・PHSのEメールアドレスを用いてあたかも携帯電話・PHSから送信されたかのように装うメールを拒否します。ただし、携帯電話・PHSからの送信でも転送サービス等でインターネットプロバイダーを経由したメールも規制対象になります。

(以下略)

ヘルプによると「中」という設定があるはずなのですが、画面からは「中」設定が選択できません。

01_なりすまし規制PC

なりすまし規制PC

「中」設定はスマホでもありません。

02_なりすまし規制スマホ

なりすまし規制スマホ

「中」設定があれば一番有効そうなところですが、ないのでは低とするしかありません。

実際に拒否できるかはわからない

実際のところ「低」設定では Google App BusinessのGmailが受信できるようにはなるものの、

偽装Gmailが防げているのかは私にはわかりません。

偽装Gmailは私の携帯には届いていないもので。。。
これまでの「おまかせ規制レポート」にもそうしたメールアドレスはありませんでした。

どなたか実際に 偽装Gmailにお困りの方は、実際に設定を変更してみてもらえませんかね。

2014/05/18追記
これまで「おまかせ規制:高」にて運用してきて偽装gmail.comが届いていなかっただけで、
「おまかせ規制:低」に変更したことで、私のメルアドもターゲットになっていれば届くはずですね。
とりあえずのところは、「おまかせ規制:低」で様子をみてみます。

参考

同じようなケースとしては「指定受信リスト」を活用する方法が紹介されています。

このケースは偽装Gmailに対しての質問なので、指定受信は有効なのだと思います。

この、なりすまし回避設定で逃げられるのかを私自身一度試してみたいものですね。

@gmail.comの迷惑メールについて auのiPhone5sを使用しています。 最近とても… – Yahoo!知恵袋


*本ページ内に記載されされた各社ブランド、サービス名、商標、登録商標については、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認ください


最後までお読みいただきありがとうございました。
アルゴリズン


役に立ったと思っていただけたら、以下からシェア頂けたら幸いです^^

QRコードからもこのURLを開けます。

Pitta Promotion

アイキャッチ画像に利用させて頂いております、各社ブランドのロゴやシンボルに関しては、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認頂けますようお願い致します。
ロゴの使用等に関する苦情・ご意見等がございましたら管理者までご連絡ください。

AdMax Promotion

カテゴリ
すべて展開 | すべて省略

Rakuten Promotion

 - au

  関連記事