頑張らない!でも諦めない!必死にならずにええかげん

@xx.dion.ne.jpメールを維持してプロバイダを乗り換える方法

      2014/11/22

Google or AdMax Promotion(cel)

au™ひかりのサービスなどを利用している場合、
プロバイダから「#@△*.dion.ne.jp」形式のメールアドレスが提供されます。
こうしたプロバイダのメールアドレスで様々なサービスを既に登録してしまっている場合に、
プロバイダを変更するとメールアドレスが変更になってしまいます。

プロバイダを変更する際には、「#@△*.dion.ne.jp」形式のメールアドレスを残したままで、
auひかりなどから、別のプロバイダに乗り換えることができます。

2014/07/08追記訂正

2014年5月上旬にKDDI側のシステム変更(サービス変更?)によって、
プラン変更に関して一部制約が設けられました。
「auひかり」のプランを利用していた場合には、
「コミコミコース:ダイアルアップ」への変更を行うことができなくなっています。

「コミコミコース:ダイアルアップ」への変更には元のサービスが、
ADSL系のサービスを利用している必要があります。

以下で詳細をご紹介しています。

 

はじめに

私は、これまでlivedoorの無料ダイアルアップ時代からダイアルアップ接続を利用するようになり、
その後、ADSL契約、光回線、WiMaxへと様々な通信環境でインターネットを利用してきました。

通信環境の乗り換えでいつも面倒なのがメールアドレスの変更です。

友人などのメールアドレスで通信事業者のメールアドレスで受信する度に、
このアドレスっていつまで有効なんだろう、そう思うのです。

昨今ではクラウド全盛で、メールアドレスも専用のフリーメールもあれば、
SNSに登録すると自動的に発行されるものもあって、さまざまです。

そんなことから通信事業者が発行するメールアドレスが不要になってきました。

以前は、通信事業者が発行するメールアドレスしか登録を認めないといったこともありましたし、
フリーメールアドレスは登録不可といった場合もありますが、
ヤフーメールはNGでもGmailはOKだったりと、
Gmailはフリーメールでもかなり認められたサービスとして認識されています。

私は、メインのメールアドレスをGmailにしてしまっていますが、
「#@△*.dion.ne.jp」形式のメールアドレスでもメールが送られてきます。

その為、「#@△*.dion.ne.jp」形式のメールも無効にすることは厳しいわけですが、
auではメールアドレスだけを残してプロバイダ契約を変更することができます。

プロモーション(btm)

Google or AdMax Promotion (cel)

コミコミコース・ミニミニコースへの変更

auひかりやADSLの契約では、現在住んでいるお宅に対して、
光ファイバー回線を引き込み利用しているインターネット接続のサービスですが、
引っ越しなどでこのサービスを解約してしまうと、
どうしてもメールアドレスも無効になってしまいます。

最低料金の契約を残す

au(KDDI)のプロバイダープランでは、
今は過去のプロバイダ契約としてダイアルアップなどのプランがあります。

私の場合、自宅のインターネット接続は外に持ち出すこともできるWiMaxを利用しています。
これで、短期の外出にはスマートフォンでインターネットを利用し、
長期の外出にはPCとWiMaxをセットで持ち出して利用しています。

厳密には、スマートフォンだけでもLTE接続などでインターネット接続は利用できますが、
通信量で制限を受けることを懸念して、
スマートフォンからのインターネット接続をPCから利用するのは最低限に留めています。

WiMaxに限らず、別の通信事業者のサービスを利用して、
インターネットに接続するようになると、au(KDDI)のプロバイダー契約は不要になります。

通常そのまま解約すると、メールアドレスが利用できなくなります。

そこで、auとはコミコミコースやミニミニコースの契約に変更してから、
auひかり契約を廃止します(プラン変更)

コミコミコース

コミコミコースでは固定電話から0077-470または、0077-471の電話番号のアクセスポイントへ、
ダイアルアップすることでインターネット接続を行うことができるサービスです。

電話料金は0077の番号によって、au側から一括請求されます。
また、既定利用時間を超過した際には、超過分が請求に追加されてきます。

今回のメールアドレスを維持するという側面では、
利用時間1時間または5時間分が含まれる必要はありません。使いませんから。

ただし「ライト1」のプランを選択した場合、後述するミニミニコースを選択するよりも、
初月の請求分のみが割安に利用ができます。

その為、引っ越しなどで一時的(1ヶ月程度)光サービスなどを休止し、
引っ越し先で再度、光サービスを再開するような場合には、初月399円で契約を維持することができます。

プラン名 ライト1 ライト5
月額インターネット利用料 399円 1,470円
規定利用時間 1時間 5時間
通信料 0円 (上記インターネット利用料に含む)
超過料金 10.5円/分

コミコミコース│ダイヤルアップ│au

ミニミニコース

ミニミニコースでは固定電話やPHS、携帯電話から、
それぞれに合ったアクセスポイントへダイアルアップ接続することでインターネット接続が行えます。
アクセスポイントまでの電話代(通信料)はそれぞれ請求されます。

またプラン適用の初月のみ登録料525円(262円+263円登録料)で請求されます。

登録料 (初回のみ) 525円 (税込)
月額インターネット接続料 262円 (1時間まで) 超過5.25円/分 (税込)

  • ※インターネット接続料の合計は上限3,150円/月 (税込) まで
通信料 ご利用の電話会社より請求されます。

ミニミニコース│ダイヤルアップ│au

au光などのインターネット接続サービスを利用していて、
その契約を放置することはないとは思いますが、
上記の契約に変更を行って実際には通信を行わないことで、
月額262円または、399円でメールアドレスのみを維持していくことが可能になります。

一定期間、プロバイダーのメールアドレスを併用して利用し、
その間に、送られてくるメールの送信先アドレスを個々に登録変更していき、
段階的にプロバイダーのメールアドレスに送られるメールを減らすようにしていきます。

最終的には送られてくるで必要なメールがなくなった時点で、
このコミコミコースやミニミニコースの契約も終了し、メールアドレスを廃止します。

実際に通信を行った場合

もし、このダイアルアッププランを利用してインターネット接続を行った場合には、
以下のようにインターネット接続料金が従量制で加算されます。

その為、これはあくまでも通信を行わないことを前提としたプラン選択です。

ただ、こうした接続方法を残しておくことで、
固定電話にモデムを接続してインターネットに接続ができたりするように、
非常時用のインフラとして維持することもできます。

01_au接続料金プラン比較

au接続料金プラン比較

従量時間数と月額費用

時間数 0h 1h 2h 3h 4h 5h 6h 7h
コミコミコースライト1 399 399 1029 1659 2289 2919 3549 4179
コミコミコースライト5 1470 1470 1470 1470 1470 1470 2100 2730
ミニミニコース 262 892 1837 2782 3727 4672 5617 6562
au光戸建 5460 5460 5460 5460 5460 5460 5460 5460
au光マンション 3990 3990 3990 3990 3990 3990 3990 3990
時間数 8h 9h 10h 11h 12h 13h 14h 15h
コミコミコースライト1 4809 5439 6069 6699 7329 7959 8589 9219
コミコミコースライト5 3360 3990 4620 5250 5880 6510 7140 7770
ミニミニコース 7507 8452 9397 10080 10710 11340 11970 12600
au光戸建 5460 5460 5460 5460 5460 5460 5460 5460
au光マンション 3990 3990 3990 3990 3990 3990 3990 3990

2014/05/23訂正(緊急・図、グラフ修正は後日とさせてください)【作成中】
本投稿の作成時点でどうだったかは定かではありませんが、
ミニミニコースの場合、上限が3,000円でそれ以上の「インターネット接続料」は発生しません。(通話料別)

ミニミニコース│ダイヤルアップ│au (抜粋引用)

インターネット接続料が「1時間まで250円/月」+「1時間超 5円/分」の『定額+従量制』のダイヤルアップ接続コースです。一般電話回線をお持ちでない方や、ウィルコム提供のAIR-EDGEなどモバイルでのご利用が多い方におすすめです。なお、月額インターネット接続料の合計は上限3,000円とし、3,000円を超える料金はご請求いたしません。

上記算出の金額は、ミニミニコースの通信料(通話料)を固定電話を利用したもので算出しています。
ミニミニコースを利用して接続する場合、
固定電話、ウィルコムPHS、携帯電話(docomo、softbank)からダイアルアップ接続が行えますが、
固定電話以外の通信料(通話料)は各々の通信各社の金額が適用されます。
またau携帯電話を利用したダイアルアップ接続は行えません。

au携帯電話機における回線交換方式のデータ通信サービスは、800MHz帯の周波数再編にともない、2012年7月22日をもって終了しました。詳しくはこちらをご覧ください。
「CDMA 1X」などのサービス終了およびご利用中のサービスへの対応方法のお知らせ

さいごに

メールアドレスというものの維持にコストをかけること自体が、
昨今のインターネット環境ではあまり必要のないことになってきてはいるのですが、
まだフリーメールアドレスでは登録できないサービスがあったり、
プロバイダメールアドレスでないと信用が得られないような場合も少なからずあります。

就職活動などをされている方などは、
フリーメールアドレスではちょっと抵抗があったりもするのではないでしょうか。

独自ドメインが当たり前になる時代も?

生涯使い続ける為にメールアドレスを本気で運用するなら、
独自ドメインとGmailの組み合わせなども視野に入れてもいいかもしれません。

以前は独自ドメインを無料でGmailに割り当てることができました。
私も無料の間に独自ドメインを割り当てていましたので、現在も利用しています。

今から独自ドメインでGmailを利用しようと思った際には、
Apps for Businessを利用することになりますが、
1ユーザーあたり、600円/月と、ドメイン費用が必要になってきます。

現在はOutlook.comなどのメールサービスを利用する方法で独自ドメインが利用可能です。

今後はプロバイダに縛られることなく、
自身のメールアドレスは自分のドメインで運用していくことで、
長い目で見た場合には、安心かもしれません。


au™、au by KDDI、auロゴはKDDI株式会社の登録商標です。
登録番号は以下の通りです。
第4449667号、第4464105号、第4472337号、第4472338号、
第4494464号、第4531747号、第4814423号、第4836315号、
第5491501号
DION™、およびDIONロゴはKDDI株式会社の登録商標です。
登録番号は以下の通りです。
第4608476号、第4669544号

Google™はGoogle Inc. の登録商標(第4478963号及び第4906016号)です。
GoogleロゴはGoogle Inc. の国際登録商標です。
国際登録番号:881006及び926052及び1086299及び1091990及び1145934

Gmail™ ウェブメール サービスはGoogle Inc.の登録商標(第4959631号)です。
Gmail™ ウェブメール サービスはGoogle Inc.の国際登録商標(1134568)です。

Outlook®およびOutlook.comは米国 Microsoft Corporation の
米国およびその他の国における商標または名称です。
Outlook®および、Outlookロゴは米国 Microsoft Corporation の登録商標(第4137211号)です。
Outlook®および、Outlookロゴは米国 Microsoft Corporation の国際登録商標(1107047)です。

*本ページ内に記載されされた各社ブランド、サービス名、商標、登録商標については、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認ください


最後までお読みいただきありがとうございました。
アルゴリズン


役に立ったと思っていただけたら、以下からシェア頂けたら幸いです^^

QRコードからもこのURLを開けます。

Pitta Promotion

アイキャッチ画像に利用させて頂いております、各社ブランドのロゴやシンボルに関しては、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認頂けますようお願い致します。
ロゴの使用等に関する苦情・ご意見等がございましたら管理者までご連絡ください。

AdMax Promotion

カテゴリ
すべて展開 | すべて省略

Rakuten Promotion

 - au ,

  関連記事