頑張らない!でも諦めない!必死にならずにええかげん

Windows7で環境変数PATHを設定する手順

      2014/11/22

Google or AdMax Promotion(it)

Windows7で環境変数PATHを設定する手順をさらっとご紹介します。

また環境変数値の登録順による違いについてもご紹介します。

はじめに

コマンドプロンプトからプログラムを実行する際には、
プログラムが配置(インストールされているフォルダ)に移動して、
そこから実行すれば特に問題なく実行できます。

しかしよく実行するプログラムは環境変数PATHに対して、
フォルダを登録しておくことで、フォルダを移動する必要なくプログラムの実行が行えます。

わざわざ投稿するほどのことではないとは思いますが。

環境変数PATHの設定手順

環境変数を設定するにはスタートメニューから[コンピュータ]を右クリックし、
プルダウンメニューから[プロパティー]をクリックします。

01_システムのプロパティー

システムのプロパティー

システムのプロパティーが表示されたら[システムの詳細設定]をクリックします。

02_システムの詳細設定の確認

システムの詳細設定の確認

システムの詳細設定が表示されたら[環境変数]をクリックします。

03_システムの詳細設定・環境変数

システムの詳細設定・環境変数

環境変数では、下段のシステム環境変数から[path]をスクロールして探し選択します。
選択したら[編集]をクリックします。

04_PATH値の選択

PATH値の選択

表示されたシステム変数の編集画面で、パスとして登録したいフルパスを入力します。

例のような「C:\curlx64」を登録する場合には、
すでに登録されている値の前でも後ろでも構いませんが、「;」にて値を区切って設定します。

C:\curlx64;(既に登録されている値) または、(既に登録されている値);C:\curlx64

登録が完了したら[OK]をクリックして、その他のウィンドウもすべて閉じます。

05_PATH値の編集

PATH値の編集

登録は以上です。

Windowsを再起動します。
※再起動しなくても動作しますが、まれに動作しない場合もありますので念のため

PATHの確認

PATH登録をしない場合の実行と、PATHを登録した場合の実行を比較します。

PATH登録前の状態

通常コマンドプロンプトからプログラムを実行する際には、
プログラムの存在するフォルダまで移動してプログラムを実行します。

コマンドプロンプト画面

06_プログラムの実行

プログラムの実行

これは「C:\curlx64\curl.exe」が存在しているため、コマンドが実行できます。
以下のように指定しても同じ意味になります。

この方がイメージがつかみやすいのではないかと思います。

① [C:\>cd c:\curlx64]にて、実行ディレクトリを「c:\curlx64」に移動します。
② [c:\curlx64>curl.exe -help]にて、c:\curlx64に存在するcurl.exeプログラムに-helpコマンドを実行させます。

コマンドプロンプト画面

07_プログラムのexe付き実行

プログラムのexe付き実行

こうして通常は実行したいcurl.exeなどの実行ファイルの存在する場所に、
cdコマンドにて移動してから、コマンドを実行するのですが、PATHの設定を行っている場合には、
curl.exeをどのディレクトリからでも実行することができるようになります。

仮に登録されていない場合に、c:\curlx64以外からcurl.exeを呼び出すと、
以下のようにエラーになります。

コマンドプロンプト画面

08_プログラムがないフォルダからの呼び出しエラー

プログラムがないフォルダからの呼び出しエラー

これは「c:\」には「curl.exe」が存在していないためです。

これを一般的には「パスが通っていない」などといいます。

PATH登録後

PATHが登録されている場合には「c:\」でも「curl.exe」を呼び出すことができ、
プログラムの実行が行えることが確認できます。

09_PATHが設定されている場合

PATHが設定されている場合

こうしてPATHを登録することでよく利用するプログラムを直接プログラム名で呼び出すことができるようになります。

PATHの重複

決してお勧めできることではありませんが、
環境変数に登録したPATHでプログラムが重複して登録されてしまうことも起こりえます。

たとえば以下のような例です。

  • C:\curlx64-nossl と C:\curlx64の両方にcurl.exeが存在している。
  • C:\curlx64-nossl と C:\curlx64の両方がPATHに登録されている。

この場合、PATHへの登録順序で認識されるexeが異なってきます。

10_同一ファイル名プログラムの複数存在

同一ファイル名プログラムの複数存在

基本的には先に定義されたPATHが優先されて実行されます。
※こうしたPATHの変更時にはWindowsの再起動が必要になります。

PATH値:[C:\curlx64-nossl;C:\curlx64; …]の場合

PATHは以下のように登録されています。

11_パスの重複登録1

パスの重複登録1

実行されているcurl.exeのバージョンを確認すると、
以下のようにSSLが無効なcurl.exeが実行されています。

コマンドプロンプト画面

12_SSLなしの実行

SSLなしの実行

PATH値:[C:\curlx64;C:\curlx64-nossl; …]の場合

PATHは以下のように登録されています。

13_パスの重複登録2

パスの重複登録2

この場合にはSSLが有効なcurl.exeが呼び出されています。

コマンドプロンプト画面

14_SSLありの実行

SSLありの実行

プロモーション(btm)

Google or AdMax Promotion (it)

さいごに

PATHの登録といえば、JavaやPHPをインストールした際によくやるのですが、
そうしたときにPATHが正しく登録されているか確認したり、
複数登録されてしまっていないかを確認したりする場合もあります。

基本的な部分ではありますが、うまく動作しないような場合には念のため確認されるといいでしょう。


Windows は米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標です。
登録番号は以下の通りです。
第3333588号、第3351402号、第4197799号、
第4348387号、第4395963号、第4648301号
Windows は米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における国際登録商標です。
国際登録番号:1135413

*本ページ内に記載されされた各社ブランド、サービス名、商標、登録商標については、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認ください


最後までお読みいただきありがとうございました。
アルゴリズン


役に立ったと思っていただけたら、以下からシェア頂けたら幸いです^^

QRコードからもこのURLを開けます。

Pitta Promotion

アイキャッチ画像に利用させて頂いております、各社ブランドのロゴやシンボルに関しては、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認頂けますようお願い致します。
ロゴの使用等に関する苦情・ご意見等がございましたら管理者までご連絡ください。

AdMax Promotion

カテゴリ
すべて展開 | すべて省略

Rakuten Promotion

 - windows

  関連記事