頑張らない!でも諦めない!必死にならずにええかげん

【5/31】配布終了!「リチャージ・WebMoneyカード」を利用して匿名かつ同じプリペイド番号で決済し続ける方法

      2014/11/22

Google or AdMax Promotion(it)

WebMoney™カードではコンビニ発行のシートタイプやカードタイプ、
MasterCard®ブランドの付与されたWebMoney MasterCard Card(Lite)など様々です。
そんなWebMoneyカードには有効期限がある場合があります。
そんな中、残額をチャージして有効期限を延長するタイプのWebMoneyカードがあります。
「ストアーカード/リチャージタイプ WebMoneyカード」です。

ストアーカード/リチャージタイプ WebMoneyカード

ストアーカード/リチャージタイプ WebMoneyカード(以後、リチャージWebMoneyカード)とは、
ストアブランド等が付与されたタイプのWebMoneyカードで、以下の2タイプが発行されています。

横浜DeNAベイスターズカード

現在発行されているものの一つとしては 「横浜DeNAベイスターズカード」があります。
ですがこれは「横浜DeNAベイスターズ公式ファンクラブ会員証」になっています。
その為、保有するには会員になる必要があります。

横浜スタジアム限定販売 リチャージ型プリペイド電子マネー横浜DeNAベイスターズカード (抜粋引用)

横浜スタジアムでの買い物や、インターネット上のWebMoney加盟店コンテンツでのお支払いでご利用いただける簡単、安心、便利なカードです。

横浜DeNAベイスターズ公式ファンクラブ「B☆SPIRIT友の会」の会員証

横浜DeNAベイスターズ公式ファンクラブ「B☆SPIRIT友の会」の会員証

(出典:http://www.webmoney.jp/)

一般にはauショップで買えるストアカード

では、一般でリチャージWebMoneyカードを入手することができないのかというと、
現在(2014/05/24)は、auショップで配布(販売)しています。

表面 裏面
ストアカード

04_リチャージタイプWebMoneyカード・表

リチャージタイプWebMoneyカード・表

05_リチャージタイプWebMoneyカード・裏

リチャージタイプWebMoneyカード・裏

※デザインはスタンダードなもの以外に、他サービスのタイアップデザインのものもあります。
GREEのクリノッペデザインとか・・・。

ただ、このカードは2014/5/31でauショップの取り扱いを終了するとのことでした。(auショップ店員談)

WebMoney MasterCard Card(Lite)が発行され、au WALLET カードも発行されました。
その為、必要性がなくなったという解釈なのでしょう。

 

しかし、このストアカードには特有のメリットがあります。

  • 残額がチャージで増額可能
  • 本人認証(個人情報提供)一切不要
  • 使用することで有効期限が延長される(未使用期間2年)

 

他のWebMoneyカードでは有効期限はないが、使い切り(チャージ不可)であったり、
有効期限が5年に設定されていたりします。
この場合、必ず5年後にはプリペイド番号が変わります。

同じプリペイド番号を使い続けられるのは、よくプリペイド番号を入力する人にとっては、
便利な使い方かもしれません。

このタイプのカードの配布終了は間近ですので、
1枚持っていたいという方は取得を検討されてはいかがでしょうか。

 

プロモーション(btm)

Google or AdMax Promotion (it)

ストアカードの注意点

このWebMoneyストアカードには以下のような注意点(制限)があります。

WebMoneyカードに記載されているプリペイド番号を利用して、
プリペイド番号間の残高(残額)の引き継ぎの機能があります。

その引継ぎにおいて、ストアカードの場合には以下のように注意事項が表示されます。

お読みください

  • 有効期限[最終利用日の翌日から24ヶ月間有効]のあるカードへ残高引継されます。
    (有効期限は入金やお支払いなどのご利用毎に更新されます。)実行後は元に戻すことはできません。
  • WebMoneyストアーカード同士で引継を行った場合、引継元のWebMoneyストアーカードは以後ご利用いただけなくなります。

上記を簡単に言えばこうなります。

  1. 有効期限が切れたカードには引き継げない。
  2. 引継ぎ元に指定されたストアカードは以後利用できない(無効)
  3. 引継ぎ先は実質、ストアカードにしか引き継げない。

 

「3.引継ぎ先は実質、ストアカードにしか引き継げない。」の部分は注意事項には特に記載されていません。

ですが「ストアカード同士で引継ぎを行った場合」と明記されているにも関わらず、
実際に引継ぎを行ってみると、ストアカード同士しか引き継げないことが分かります。

ストアカードからの引継ぎのパターンを図示すると以下のようになります。

01_リチャージ引継ぎパターン

リチャージ引継ぎパターン

こうしてみると、ずっと使い続けることはできるものの、
MaterCardなどに残額を移行することができないので、

WebMoneyプリペイド番号対応サービスにしか利用ができないことが残念です。
※とはいえWebMoneyウォレットよりはマシだとは思いますが。。。

リチャージブルのストアカードで引継ぎを行うということは、
引継ぎ元のストアーカードが単なるゴミとして使用できないカードになりますので、
基本的には合算しない利用方法を推奨しているということでしょう。

エビデンス(証跡)

上記の各パターンで引継ぎを実行した際のメッセージなどをご紹介しておきます。

「WebMoney ストアカード」→「WebMoney プリペイドカード(シート)」

WebMoneyをご利用ありがとうございます。引継ぎ元と引継ぎ先のプリペイド番号の種類が異なるため「残高の引継ぎ」が行えませんでした。
(コード:1000041)

02_①リチャージ→プリカ(シート)

①リチャージ→プリカ(シート)

「WebMoney ストアカード」→「WebMoney プリペイドカード(カード)」

WebMoneyをご利用ありがとうございます。引継ぎ元と引継ぎ先のプリペイド番号の種類が異なるため「残高の引継ぎ」が行えませんでした。
(コード:1000041)

03_②リチャージ→プリカ(カード)

②リチャージ→プリカ(カード)

「WebMoney ストアカード」→「WebMoney ストアカード」

引継ぎが行えます。

04_③リチャージ→リチャージ

③リチャージ→リチャージ

 「WebMoney ストアカード」→「WebMoney MasterCard Lite」

ご指定のWebMoneyストアーカードは、それぞれのブランドタイプが異なるため引き継ぐことができません。
(コード:WRR360)

05_④リチャージ→MasterCard Lite

④リチャージ→MasterCard Lite

 「WebMoney ストアカード」→「WebMoney MasterCard」

ご指定のWebMoneyストアーカードは、それぞれのブランドタイプが異なるため引き継ぐことができません。
(コード:WRR360)

06_⑤リチャージ→MasterCard

⑤リチャージ→MasterCard

さいごに

あまり目にする機会が少ないWebMoneyストアカード(リチャージブル)ですが、
使い続けられる点や、個人情報を一切提供する必要がなく、
有効期限を自動延長しながら使い続けられる点などは、人によっては便利な点かもしれません。

 


*本ページ内に記載されされた各社ブランド、サービス名、商標、登録商標については、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認ください


最後までお読みいただきありがとうございました。
アルゴリズン


役に立ったと思っていただけたら、以下からシェア頂けたら幸いです^^

QRコードからもこのURLを開けます。

Pitta Promotion

アイキャッチ画像に利用させて頂いております、各社ブランドのロゴやシンボルに関しては、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認頂けますようお願い致します。
ロゴの使用等に関する苦情・ご意見等がございましたら管理者までご連絡ください。

AdMax Promotion

カテゴリ
すべて展開 | すべて省略

Rakuten Promotion

 - WebMoney

  関連記事