頑張らない!でも諦めない!必死にならずにええかげん

WordPressインストール後のパーマリンク設定

      2014/11/22

Google or AdMax Promotion(it)

WordPressのパーマリンク設定というと答えのでない課題ですね。
一体何が正しいのかと言う答えはないのでしょう。
と言っても設定をしないよりは当然した方がいいわけで、
ここではパーマリンク設定についてさらっとご紹介しておきます。

 

WordPressのパーマリンク設定

WordPressをインストールして投稿を行う前にまず最初に設定すべきものが、
このパーマリンク設定です。

稀に、この設定を忘れて投稿をUPしてしまったりするのですが、
後にURLの変更が発生することはやはり避けたいものです。

WordPressのパーマリンク設定はサイドバーのメニューから
[設定]-[パーマリンク設定]から行うことができます。

01_WordPressパーマリンク設定

WordPressパーマリンク設定

 

パーマリンク設定を開くとデフォルトの設定がされています。

http://[ドメイン名]/[インストールディレクトリ]/?p=123

02_デフォルトパーマリンク

デフォルトパーマリンク

 

このデフォルトでは「?」を含むURLパラメータ形式のURLで、
SEO的にもあまりよくないとされています。

このURLを私は「月と投稿名」に変更して利用しています。

当サイトなどでは「日付と投稿名」としていますが、
日付まで分けて投稿する理由もあまりなかったな・・・という印象です。

日付まで細かく分けていれば[投稿名]部分のURLが重複せずに投稿ができて、
便利になると思って採用したのですが、
結果的にはカテゴリやタグなどの日付を含まないアーカイブページでは、
同一の[投稿名]があれば当然重複することになります。

結果としてパーマネントリンクの同一の[投稿名]部分には、
自動的に「-2」が付与されてしまうことになります。

これではいくら日付までをURLに含んでも全く意味がありません。

その為、ある程度の分類をおこなえれば十分と言う解釈で「月と投稿名」にしています。

 

パーマリンク設定を 「月と投稿名」を選択したら[更新]ボタンをクリックして変更します。

カスタム部分には変数が例で表示されます。
/%year%/%monthnum%/%postname%/

03_月と投稿名へ変更・設定保存

月と投稿名へ変更・設定保存

 

変更が完了するとメッセージが表示され設定は完了です。

04_パーマリンク設定変更メッセージ

パーマリンク設定変更メッセージ

 

プロモーション(btm)

Google or AdMax Promotion (it)

新規投稿部分のURL編集

パーマリンク設定を変更すると以後の投稿の作成画面で
URL部分に対して投稿名URLを変更するフィールドが表示されます。

初期状態では投稿タイトルを入力するとそのままURL形式で日本語文字列が設定されます。

05_新規投稿URL投稿名部分

新規投稿URL投稿名部分

 

タイトルそのままでは無用に長くなってしまいますので適宜調整します。

私は特に意味がない限りは英字文字列に変更しています。
適切な長さであれば日本語文字列もSEO的には効果が出てきているようです。

06_URL投稿名部分の変更

URL投稿名部分の変更

 

[OK]をクリックするとURL部分が確定されます。
投稿を公開するとこのURLにて投稿が公開されます。

07_投稿URLの確定

投稿URLの確定

 

パーマリンク設定の変更後の .htaccessの生成

パーマリンク設定を変更すると、WordPressインストールディレクトリに対して、
.htaccessファイルが自動生成されます。

08_.htaccess 自動生成

.htaccess 自動生成

 

作成された.htaccessファイルの例

 

2014/08/25追記
作成されたこの .htaccess ファイルがWordPressと連携してどのような役割を担っているのかを、
以下の投稿で検証しご紹介しています。

 

この自動作成された .htaccess ファイルにはパーミッションが644が設定されています。

WordPressが推奨している604に設定変更しておくといいでしょう。

10_パーミッションの変更

パーミッションの変更

尚、 .htaccess ファイルがFTPクライアントから見えない場合には、
隠し属性のファイルを表示するように変更してみてください。

09_隠し属性ファイルの強制表示

隠し属性ファイルの強制表示

 

ご参考まで。


*本ページ内に記載されされた各社ブランド、サービス名、商標、登録商標については、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認ください


最後までお読みいただきありがとうございました。
アルゴリズン


役に立ったと思っていただけたら、以下からシェア頂けたら幸いです^^

QRコードからもこのURLを開けます。

Pitta Promotion

アイキャッチ画像に利用させて頂いております、各社ブランドのロゴやシンボルに関しては、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認頂けますようお願い致します。
ロゴの使用等に関する苦情・ご意見等がございましたら管理者までご連絡ください。

AdMax Promotion

カテゴリ
すべて展開 | すべて省略

Rakuten Promotion

 - WordPress

  関連記事