頑張らない!でも諦めない!必死にならずにええかげん

headタグ挿入が投稿ごとに指定できるPer page headプラグインが便利

      2014/11/22

Google or AdMax Promotion(it)

<head>タグ領域に対してlinkタグやmetaタグなどを挿入して、
Faviconを設定したり、アクセス解析を導入したりしていることは多いと思います。
では、個別投稿ごとや固定ページごとに独自のタグを挿入したいときはありませんか?

例えば、1つの投稿のみに適用したいCSSがある場合や、
metaタグでインデックスを回避したい場合もあるかもしれません。
rel=”canonical”を指定してURLの正規化をする場合にも投稿ごとの制御が必要ですね。
そんな用途にマッチした便利なプラグインがあります。

 

久しぶりにheadタグ挿入関連の便利なプラグインに出会いました。
前から欲しかった機能がなかなかちょうどいいプラグインで実現できなくて困っていました。

 

各種タグの挿入

サイトを運用していると重複コンテンツや内容は薄いのだけど、
サイトを見てくれた人には例として紹介したいページなどもあります。

インデックス回避タグ挿入

そんなインデックスされたくないページがある場合に利用するタグは、

<meta name=”robots” content=”noindex,follow” />

です。

こうしたタグは投稿や固定ページごとに挿入したい。

しかし、これまでは条件分岐タグを利用して、has_tag(‘noindex’)などのタグでフィルタしたり、

is_single( ‘ID’ ) や is_page( ‘ID’ )で、投稿ごとにウィジェットを表示非表示して制御したりしていました。

 

重複コンテンツ対策タグ挿入

また重複コンテンツをクローラに知らせるために利用するタグは、

<link href=”http://[domain_name]/[content_url]/” rel=”canonical” />

です。

これはもう各投稿ごとに個別に指定することが多いでしょう。

共通タグではありませんし、これを自動化して挿入するには、
PHPから出力したほうが合理的なくらいです。

でも、各投稿を作成した時に、個別の正規化URLは決定しているわけで、
プログラムと言うよりも個別にURLを投稿に設定できたら十分なんです。

 正規 URL を使用する – ウェブマスター ツール ヘルプ

 

そんな用途にベストマッチするプラグインが、
Per page add to head(Per page head)プラグインです。

 

プロモーション(btm)

Google or AdMax Promotion (it)

Per page add to head(Per page head)

詳細は以下の投稿でご紹介しています。

 

共通タグ挿入機能

Per page add to head(Per page head)プラグインは、
まず、設定画面からすべてのページに共通で出力するタグ設定エリアが利用できます。

こうした機能を持つプラグインは多いと思います。

08_すべてのページ共通タグ(Insert HTML on every page)

すべてのページ共通タグ(Insert HTML on every page)

 

個別投稿・個別固定ページ挿入機能

Per page add to head(Per page head)プラグインの便利なところは、
個別投稿の作成画面と、固定ページの作成画面に<head>タグ挿入用のウィジェットが追加されます。

これは、この投稿、固定ページのみに有効な<head>タグ挿入エリアです。

その為、他の投稿やページでは必要のない特殊なタグを設定し処理させることができます。

以下は、個別投稿の作成画面の例です。

09_個別投稿タグ(Add to head POST)

個別投稿タグ(Add to head POST)

 

こうした1投稿ごとに設定できるプラグインはあまり見かけません。

本来は共通化して、重複記述を防ぐことがメンテナンス性を高めるために便利です。
ですから、こうした重複する可能性の高い設定方法は好まれないのかもしれません。

 

投稿ごとに制御できるメリット

投稿ごとに<head>タグの出力設定ができると、、、

URLの正規化が容易

URLの正規化などで<link href=”http://[domain_name]/[content_url]/” rel=”canonical” />を、
ページごとに設定して出力することができます。

当然、コンテンツが重複するのを避けるにこしたことはありませんが、
別ドメイン(サイト)で似たような内容のコンテンツを作成済のような場合に、

そのサイトにリンクするよりも、
自身のサイトに重複として作成して同一ドメイン(サイト)上で表示した方が便利な場合もあります。

そんな時には、 rel=”canonical” でオリジナル投稿のURLを指定して正規化が可能です。

当然、URLが都度異なりますので、投稿ごとに設定するのが有効です。

 

特殊なCSS/JavaScript読み込みにも便利

投稿によっては、サンプルソースの実際の表示例を提供したり、
CSSの設定例を実際に表示したい場合もあります。

そんなCSS定義は当然、その投稿のみに必要な要素です。
他の投稿で読み込む必要はありません。

本サイトではまだ全投稿で共通にCSSを読み込んでしまっていますので、実際には無駄が多い状態です。

そんな悩みも投稿ごとに制御ができるようになります。

当然、特殊なJavaScriptが必要な時も、投稿ごとに制御できます。

 

faviconの切り替えだって可能

普通はやらないとは思いますが、1投稿だけを異なったfavicon表示にすることも可能です。

混乱するからやる必要はないと思いますけど^^;

検証で実際に動作している模様として、faviconを切り替えています。

個別投稿(favicon/CSS指定文字 個別固定ページ(favicon/CSS指定文字)

15_投稿ページ表示

投稿ページ表示

17_固定ページ表示

固定ページ表示

 

いかがでしょうか? 使い方次第で便利ではないでしょうか。

詳細は以下でご紹介しています。

 

さいごに

このように「この投稿はこういう表示」といった感じで、
イレギュラーケースに対して都度CSSを指定したり、JavaScriptを定義したりすることができます。

私は、 rel=”canonical” の指定が一番用途として多いかなとおもうところです。

ただ、使いすぎに注意しましょう。

これは便利な反面、将来的に自分でもメンテナンスができないくらいにコアな設定になりかねません。
どの投稿でどういう設定をしたか管理ができなくなります。

本当に投稿ごと、固定ページごとに設定せざるを得ない場合以外は、
別の方法を採用されるようにお勧めします。

 

別の方法としては私は以下のような方法も併用しています。

 


*本ページ内に記載されされた各社ブランド、サービス名、商標、登録商標については、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認ください


最後までお読みいただきありがとうございました。
アルゴリズン


役に立ったと思っていただけたら、以下からシェア頂けたら幸いです^^

QRコードからもこのURLを開けます。

Pitta Promotion

アイキャッチ画像に利用させて頂いております、各社ブランドのロゴやシンボルに関しては、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認頂けますようお願い致します。
ロゴの使用等に関する苦情・ご意見等がございましたら管理者までご連絡ください。

AdMax Promotion

カテゴリ
すべて展開 | すべて省略

Rakuten Promotion

 - WordPress, プラグイン ,

  関連記事