頑張らない!でも諦めない!必死にならずにええかげん

VaultPressのSiteURLを変更したらエラーメッセージ(code: VP07)の対処法

      2014/11/22

Google or AdMax Promotion(it)

VaultPressのセットアップを行ってサイトのURLを登録した後に、
サイトのURL(SiteURL)を変更すると以下のようなエラーが発生する場合があります。
Site URLの変更に伴うエラー表示がされてしまった場合に、
復旧を行った手順についてご紹介しておきます。

 

発生したエラー表示

今回、サイトのURL(SiteURL)の変更を行った後、
以下のようなメッセージがダッシュボードに表示されるようになりました。

Oops… there seems to be a problem.

A registration key can only be used on one site. If you recently changed the location of your WordPress installation, please be sure to update it in your VaultPress dashboard. You can access all of your registration keys in the Account section of the VaultPress dashboard. (code: VP07)

01_VaultPress dashboard. (code: VP07)

VaultPress dashboard. (code: VP07)

 

要はレジストリキーが複数のサイトで利用されている為エラーとなっているということのようで、
レジストリキーをアップデートするように言われています。

 

プロモーション(btm)

Google or AdMax Promotion (it)

発生させてしまった経緯

今回、メインサイト(Primary)のリストアを実際に実行するために、
VaultPressのサイト設定を変更しました。

今回接続していたサイトはWordPressのインストールディレクトリが、
「http://rensrv.com/wdps/」にインストールを行っていました。

その後、トップページのURLをドキュメントルートに変更した事もあって、
URLが「http://rensrv.com/」として変更になりました。

トップページ変更の手順については以下

 

VaultPressがこのトップページの変更で何かエラーを出力していたわけではありません。
ただ、設定画面に以下のように記載されていたため、念のためと思い変更しました。

VaultPress is currently connected to your site.

Your site URL must be viewable and have the plugin installed.

(意訳)site URLは表示可能でかつ、プラグインがインストールされている必要がある

02_VaultPress設定サイトURL(Site URL)

VaultPress設定サイトURL(Site URL)

 

発生させてしまった操作

上記の記述に基づいて、
WordPressのトップページを、http://rensrv.com/wdps/から、

http://rensrv.com/に変更したいたため、設定変更をする必要があると感じたわけです。

http://rensrv.com/wdps/ではサイトが表示されませんから。

 

というわけで、以下のように設定を変更したわけです。

変更前

03_URL変更前

URL変更前

 

変更後

04_URL変更後

URL変更後

 

何か問題が起こるなんて思わずに、普通に変更しますよね・・・とほほ。

 

Site URLの変更と初回バックアップ実行

Site URLの変更を行うとどうやら初回バックアップが実行されるようで、
ダッシュボード上の表示が更新中を示すアニメーション表示になっていました。

以下のように、タスクが順次表示されていきます。

05_初回バックアップの実行

初回バックアップの実行

 

経過観察

取り急ぎはこの状態から初回バックアップが完了したら、
エラーメッセージが消えてくれることを祈って、バックアップの終了を見守ることにします。

2014/08/23追記
その後、初回バックアップが完了しても一向にエラーメッセージが消えませんでした。

 

対策案と例

結果的にエラーメッセージを消すことができましたのでご紹介しておきます。

レジストリキーの再入力(結果:NG)

VaultPressプラグインダッシュボードはエラーが表示され、
レジストリキーの入力画面が下部に表示されています。

06_VaultPressダッシュボードのレジストリ画面

VaultPressダッシュボードのレジストリ画面

 

VaultPressのアカウントごとのレジストリキーは、
「Subscriptions & Billing」の「REG KEY」に対して記載されています。

07_VaultPressのBILLINGとREG KEY

VaultPressのBILLINGとREG KEY

 

このREG KEYをVaultPressプラグインダッシュボードに対して設定し[Register]をクリックします。

08_VaultPressダッシュボードのレジストリキー入力

VaultPressダッシュボードのレジストリキー入力

 

結果としてレジストリキーの重複が消えません。

09_レジストリキー重複のエラー再発生

レジストリキー重複のエラー再発生

 

Site URLの変更も行うことができません。

10_Site URLの変更エラー

Site URLの変更エラー

 

WordPressサイトURLの一時変更(結果:OK)

本来サイトを運用している場合にはこの方法は避けたい方法です。

この方法は既存URLのアクセスが一時的に404エラーとなってしまいますので、
アクセスの少ない時間帯などに対応されて影響を最小限に留めてください。

WordPressの[設定]-[一般設定]を選択し「サイトアドレス(URL)」を、
ドキュメントルートのURLからWordPressインストールディレクトリ表示に戻します。

http://rensrv.com/

http://rensrv.com/wdps/

設定を保存してWordPressを更新します。

11_サイトアドレスのデフォルトに戻す

サイトアドレスのデフォルトに戻す

 

VaultPressのダッシュボードの設定に戻って「Site URL」の設定を変更します。

[Change URL]をクリックしても、同様にエラーが表示されることと思います。

12_再度URL変更時のエラー

再度URL変更時のエラー

 

[Change URL]をクリックしてエラーが表示されても気にせずに、
上部の[Sites▼]プルダウンを表示してみます。

すると(運がいいと)表示されているサイトURLが更新されているかもしれません。

(画面制御のイベントがおかしいのか保存はされるようです)

13_サイト選択URL部分の表示

サイト選択URL部分の表示

 

実際にサイトのプルダウンを選択してページを更新すると、
「Site URL」が変更され保存されています(保存されているといいですね)

14_ダッシュボード再表示でURL更新

ダッシュボード再表示でURL更新

 

VaultPressプラグインダッシュボードのエラーが消え、
初回バックアッププロセスが実行され表示されます。

15_ダッシュボード表示の正常化

ダッシュボード表示の正常化

 

これによって[Site URL]の変更エラーは消え、通常通り利用ができます。

「Site URL」部分に記載されている「site URL must be viewable」という記述は、
トップページの変更に伴って、
表示できないページが指定されていてもそれが正しい(問題ない)という結論になります。

その為、インストールしたサイトのURLが、

http://rensrv.com/wdps/から、http://rensrv.com/と変更したような場合でも、

VaultPressのSite URLの設定を変更する必要はありません。

これはVaultPressプラグインがインストールされていて、
WordPressダッシュボードのURLはhttp://rensrv.com/wdps/wp-admin/・・・であって、
トップページのURLに関係なくアクセスができる為と考えられます。

VaultPress is currently connected to your site.

Your site URL must be viewable and have the plugin installed.

(意訳)site URLは表示可能でかつ、プラグインがインストールされている必要がある

02_VaultPress設定サイトURL(Site URL)

VaultPress設定サイトURL(Site URL)

 

Start free trialの試行(結果:NG)

今回、こうしたエラーが発生した為、
トップページのURLを「http://rensrv.com/」のまま変更していない状態で、
「Start free trial」ボタンをクリックしてVaultPressの新規登録を行ってみました。

16_Start free trialの選択

Start free trialの選択

 

実際に登録を行ってみると「Site URL」が別のサイトとして、
「rensrv.com/wdps/」にて新たに登録されてしまいました。
※「rensrv.com」表示の方がエラーとなっている元のサイトアカウントです。

17_フリートライアルでは/wdps/が登録される

フリートライアルでは/wdps/が登録される

 

このことから、WordPressのトップページURL(http://rensrv.com/)と、
VaultPressのSite URL(rensrv.com/wdps/)は一致する必要がないことが分かりました。

このことによって「Site URL」を登録して保存するタイミングでは、
「http://rensrv.com/wdps/」に一時的にアクセスできる必要がありますが、
一旦、VaultPressに対してサイトを登録したら、
以後はトップページのURLを変更して問題がないことが分かります。

逆にVaultPressのSite URLの設定は以後変更してはいけません
(※本当にドメインの変更などで、URLが変更になる場合は変更が必要です)

 

尚、「Start free trial」にて作成した無用なアカウントは、
有効なアカウントの横に表示された[Cancel Subscription]をクリックして、
アカウントをキャンセルできます。

18_作成したアカウントはキャンセル可能

作成したアカウントはキャンセル可能

 

Site URLの変更とアカウントのキャンセルを行って、
登録サイトの状態が元の状態に復旧できました。

19_サイトURLが更新された状態に復旧完了

サイトURLが更新された状態に復旧完了

 

何かの参考になれば幸いです。

 

検索結果の例

このエラーメッセージで検索しても結構情報が少なく、
VaultPressへ直接問い合わせするようにということで、コミュニティーでも放置されていますw

VaultPress dashboard. (code: VP07) – Google 検索

WordPress › Support » vaultpress not working now that I changed the name of my url

we changed the name of our url site . I can’t change it in vault press « WordPress.com Forums

結果、主はどうなったんでしょうね。。。

 


*本ページ内に記載されされた各社ブランド、サービス名、商標、登録商標については、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認ください


最後までお読みいただきありがとうございました。
アルゴリズン


役に立ったと思っていただけたら、以下からシェア頂けたら幸いです^^

QRコードからもこのURLを開けます。

Pitta Promotion

アイキャッチ画像に利用させて頂いております、各社ブランドのロゴやシンボルに関しては、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認頂けますようお願い致します。
ロゴの使用等に関する苦情・ご意見等がございましたら管理者までご連絡ください。

AdMax Promotion

カテゴリ
すべて展開 | すべて省略

Rakuten Promotion

 - VaultPress, WordPress

  関連記事