頑張らない!でも諦めない!必死にならずにええかげん

WordPressのインストールディレクトリに配置される.htaccess作成タイミング

      2014/11/22

WordPressでブログなどの運営を行っていて、
最初はなかったはずの.htaccessファイルがWordPressのインストールディレクトリに
勝手に作成されていることに気付く場合があります。
その.htaccessはどのタイミングで作成されるのでしょうか。

 

WordPressのパーマネントリンク設定時に作成される

WordPressではパーマネントリンク設定があります。
ブログの各記事のURLをパラメータ形式から、その他の形式のURLに変更ができるあれです。

 

パーマリンク設定前の状態

パーマリンク設定は[設定]-[パーマリンク設定]から選択できます。

01_WordPressパーマリンク設定

WordPressパーマリンク設定

 

パーマリンク設定をしていない場合には、
各投稿のURLは「?p=123」のような投稿IDへのURLパラメータ形式となっています。

02_WordPressパーマリンクのデフォルト

WordPressパーマリンクのデフォルト

 

このパーマリンク設定を変更するまでは、
WordPressのインストールディレクトリに対しては.htaccessファイルは生成されていません。

03_.htaccessの未作成

.htaccessの未作成

 

ここで、パーマリンクの設定を行ってみます。

 

パーマリンク設定と設定後の状態

パーマリンク設定を行って設定を保存します。
ここでは「日付と投稿名」を選択しています。

04_WordPressパーマリンクの設定更新

WordPressパーマリンクの設定更新

 

設定を保存すると同時にWordPressインストールディレクトリに対して、
.htaccessファイルが生成されています。

05_.htaccessの自動生成

.htaccessの自動生成

 

.htaccessファイルの中身は以下のようになっています。

※以下はバージョン3.7.1-jaによって作成されたものです。
インストールディレクトリは「wdps」としています。

 

パーマネントリンクの設定を行ったことによって作成された .htaccessファイルによって、
どのようなURLによってアクセスがされた場合でも、
http://domain.com/dir/index.php に対してアクセスをするように定義しています。

後は、WordPressが内部的にアクセスしてきたURLに基づいて、
投稿や固定ページなどのコンテンツを表示しているわけです。

 

プロモーション(btm)

Google or AdMax Promotion (it)

.htaccessファイルが生成される理由

これは各投稿へのURLが「http://domain.com/dir/?p=123」形式で、
すべての投稿がWordPressのインストールディレクトリへのURL要求で処理されます。

すべての投稿が「/wdps/index.php」ファイルに対して「p=123」という値が渡されて、
各投稿の画面が表示されているわけです。

 

デフォルトURLの各タイプ

それぞれのページタイプ別のデフォルトURLを確認するとわかります。

ページタイプ デフォルトURL
ホーム http://domain/dir/
個別投稿 http://domain/dir/?p=8
固定ページ http://domain/dir/?page_id=10
カテゴリアーカイブ http://domain/dir/?cat=4
タグアーカイブ http://domain/dir/?tag=newtag
年アーカイブ http://domain/dir/?m=2014
年月アーカイブ http://domain/dir/?m=201408
年月日アーカイブ http://domain/dir/?m=20140823
投稿者アーカイブ http://domain/dir/?author=1

このように、全タイプのURLがインストールディレクトリに対して、
URLパラメータを渡すことで表示されているのです。

 

この .htaccessファイルをWordPressとは切り離した環境で、
どのように動作するかを以下で検証しています。

 

.htaccessが作成されることによって、
パーマリンク設定によってアクセスされる様々なURL形式を、
WordPressのインストールディレクトリのindex.phpに対してのアクセスとして集約し、
URLの形式に応じて適切なページを返すように、WordPressが処理しています。

 


*本ページ内に記載されされた各社ブランド、サービス名、商標、登録商標については、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認ください


最後までお読みいただきありがとうございました。
アルゴリズン


役に立ったと思っていただけたら、以下からシェア頂けたら幸いです^^

QRコードからもこのURLを開けます。

アイキャッチ画像に利用させて頂いております、各社ブランドのロゴやシンボルに関しては、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認頂けますようお願い致します。
ロゴの使用等に関する苦情・ご意見等がございましたら管理者までご連絡ください。

AdMax Promotion

ブログ記事のご紹介
すべて展開 | すべて省略

Rakuten Promotion

ページ
すべて展開 | すべて省略

 - WordPress

  関連記事

eye_google_anl
GoogleAnalyticsの標準アナリティクスコードを取得する(追加)

Google or AdMax Promotion(it) 禁断の機能がau公式 …

eye_twitter
WordPress投稿本文中にTwitter™タイムライン(timeline)ウィジェットを表示する

Google or AdMax Promotion(it) 禁断の機能がau公式 …

eye_wordpress
04.Jetpack コメント-Jetpack by WordPress.com

Google or AdMax Promotion(it) 禁断の機能がau公式 …

eye_wordpress
wordpress投稿のタグ一括編集にSimple Tags_v2.2-wordpressプラグインを利用

Google or AdMax Promotion(it) 禁断の機能がau公式 …

eye_wordpress
WordTwitの利用と導入(wordpressプラグイン)

Google or AdMax Promotion(it) 禁断の機能がau公式 …

eye_wordpress
WordPress標準機能を利用してメール投稿する方法と設定

Google or AdMax Promotion(it) 禁断の機能がau公式 …

eye_wordpress
Twitter™ タイムラインウィジェットをJetpackを利用して表示する

Google or AdMax Promotion(it) 禁断の機能がau公式 …

eye_wordpress
Readmillに送信機能をサイドバーウィジェットにJetpackを利用して表示する

Google or AdMax Promotion(it) 禁断の機能がau公式 …

eye_wordpress
wordpress投稿にクリックでタグ付けにSimple Tags_v2.2-wordpressプラグインを利用

Google or AdMax Promotion(it) 禁断の機能がau公式 …

eye_netowl
Netowl™の無料WordPressサーバWPblogの利用登録

Google or AdMax Promotion(it) 禁断の機能がau公式 …