頑張らない!でも諦めない!必死にならずにええかげん

Google or AdMax Promotion(page)

検索結果ページ・FC2ブログJavaScript転送策

FC2ブログからのURL転送を行う際には、
サイトにアクセスしてきた端末ごとのテンプレートに合わせてURL転送を行います。
JavaScriptを利用した転送を保険的に設置しておくと、
FC2ブログ側の仕様変更などの影響を減らした安定した転送が行えると思います。
ここでは、検索結果ページのJavaScriptによるURL転送をご紹介します。

 

検索結果ページ・FC2ブログJavaScript転送策

FC2ブログのPC用の表示では、
独自のプラグインを追加して、JavaScriptなどを記述することができます。

このJavaScriptを利用してサイトのURL転送を記載することもできます。

PC用テンプレートの追加と編集については、
GoogleAnalyticsタグの挿入などをする場合と同じですので、
操作方法については以下を参照願います。

 

FC2ブログでは検索結果ページのURLはパラメータ形式のURLになります。

検索結果ページURL例: http://fwding.blog.fc2.com/?q=[keyword]

 

JavaScriptソースの指定

PC用プラグインのフリーエリアに対して設定する
JavaScriptソースは以下のような感じです。

なお、WordPressでの検索結果ページのパラメータは、
「?s=[keyword] 」になりますので、クエリパラメータ部分を変更して転送します。

01_フリーエリアの編集(検索)

_フリーエリアの編集(検索)

 

JavaScript

 

こうして指定を行っておくことで、
FC2ブログ内の検索結果ページへアクセスがあった場合に、

FC2ブログ側のドメイン部分を、移転先のドメイン名に入れ替えて、
要求のあった検索キーワードで、WordPress側を検索した結果のURLへ転送ができるようになります。

なお「document.location.search」は「検索結果ページ」を表示するために指定された、
検索キーワードを含む文字列が返されます。
よって「?q=fc2」が出力されます。(”fc2″ で検索した場合)

頭3文字は共通ですので、3文字以降のタグ名を取得しています。

 

出力対象ページの指定

URL転送のJavaScriptソースはそのままでは、
すべてのページでプラグインエリアが表示され、出力されてしまいます。

特定のページタイプでは独自のJavaScriptを設定する必要がある為、
以下のページタイプの表示では、このプラグインエリアが表示されないようにします。

 

[【HTMLの編集】]をクリックして、プラグインエリアのカスタマイズを行います。

02_HTML編集(検索)

HTML編集(検索)

 

編集エリアが表示されたら「&freearea」がプラグインによって出力される部分を表しています。

03_プラグインの編集(検索)

プラグインの編集(検索)

 

この「&freearea」部分をエリア(モード)変数で囲み、以下のページタイプのみで出力するようにします。
※「エリア(モード)変数: FC2ヘルプ | FC2ブログ | テンプレート用 変数一覧

  • 検索結果ページ

 

実際に設定した状態は以下のようになります。

 

設定が完了したら[更新]をクリックしてプラグインを保存します。

04_プラグイン表示条件の指定と更新(検索)

プラグイン表示条件の指定と更新(検索)

 

これによって、検索結果ページでは、
JavaScriptにてドメインを移転先に置き換えて、
WordPress内を検索させて結果を返すURLに対して転送が行われます。

※プラグインは一時的に非表示化しておくこともできますので、
事前に設定を投入しておき、実際に転送を開始するまでは出力しないことも可能です。

 

このプラグインによって万が一<meta>タグによる転送が、
FC2ブログなどの仕様変更によって無効化されてしまった場合の
保険的な意味合いとしても設置しておくことができます。

FC2ブログのテンプレートに対して、<meta http-equiv=”refresh” ・・・と挿入し保存すると、
保存後に<meta http-equiv=”refresh”部分のタグは削除されてテンプレートが更新されます。
これは、FC2ブログ側が<meta http-equiv=”refresh”の使用を認めていないと感じ取ることができます。
その為、代替案で挿入した<meta>タグが無効化される可能性も考えられます

 

また、JavaScriptで転送を行った場合には、
ドメイン名以降のディレクトリ部分を取得することができ、
テンプレート編集では再現できないURLも、JavaScriptならそのまま転送できます。

特に年別、年月別、年月日別のアーカイブページのURL転送では有効です。

 

検索結果ページ・FC2ブログmetaタグ転送策

metaタグを利用したURL転送については以下でご紹介しています。

 

プロモーション(btm)

Google or AdMax Promotion (it)

さいごに

JavaScriptを利用したURL転送では非常に簡単な記述で、
URLの転送を行うことができます。

とは言え、すべてのアクセスがJavaScriptが有効な状態でアクセスしてくれるとは限りません。

その為、JavaScriptによる転送は、
テンプレート編集による<meta>タグ転送が行えないパターンに限定して
利用するといい転送方法であると私は考えています。

 


公開日:
最終更新日:2014/12/04

*本ページ内に記載されされた各社ブランド、サービス名、商標、登録商標については、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認ください


最後までお読みいただきありがとうございました。
アルゴリズン

役に立ったと思っていただけたら、以下からシェア頂けたら幸いです^^

QRコードからもこのURLを開けます。

ページ
すべて展開 | すべて省略

アイキャッチ画像に利用させて頂いております、各社ブランドのロゴやシンボルに関しては、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認頂けますようお願い致します。
ロゴの使用等に関する苦情・ご意見等がございましたら管理者までご連絡ください。

Rakuten Promotion