頑張らない!でも諦めない!必死にならずにええかげん

Google or AdMax Promotion(page)

【徹底解説】FC2ブログからWordPressへ引越・移転手順

FC2ブログの将来性の不安要因が増えてきたこともあって、
ブログの引っ越しを検討されている方もおられるでしょう。
FC2からのブログ引っ越しを行うに当たっての手順をご紹介しておきます。

 

FC2ブログからWordPressへ引越・移転のパターン

FC2に限らず無料ブログから独自ドメインへの引っ越しの手順は、
非常に面倒でかつ多くの手間が必要になります。

無料ブログサービスの範囲内で利用できる方法を、
うまく組み合わせながら移転を行う必要がある為です。

 

以下の独自ドメインの割り当ての作業は必須ではありませんが、
時間的に余裕がある場合にはこの独自ドメインによる一定期間運用を行うと、
将来の移転時により安全にブログの移転を行うことができます。

独自ドメインをFC2に割り当てて移転を行うか否かは、
緊急度合いや予算には寄りますが、可能であれば利用したほうがいいとは思います。

ただ、緊急性がある場合などでは必須ではありません。

移転の各作業については以下のように個々の作業を行うといいと思います。
※あくまでも以下の手順は私ならこうするという1案に過ぎません。
不要と思われるタスクやもっと楽な方法があれば個々に省いて頂ければと思います。

 

プロモーション(btm)

Google or AdMax Promotion (it)

移転先サーバー環境の準備

FC2ブログに関わらず引っ越しを行うには、
まず行先を決定しておく必要があります。

行先サーバーの決定はFC2ブログからの移転計画がまとまった時点で、
サーバーの契約を行っても構いません。

計画段階ではサーバーの必要はありませんので。

ただ、費用が許すのであれば、
先に移転先のサーバーがあって、あれこれ触れられる方が便利なことも確かです。

 

移転先サーバーの準備

実際に移転(引越)を行うに当たっては、引っ越し先サイトを事前に用意する必要があります。
コンテンツの移行を行う器を最初に準備します。
ここでは各社レンタルサーバーを契約する手順についてご紹介します。

 

移転先ドメインの取得

独自ドメインの取得は他の人に取得されていなければ、
簡単な手順で登録することができます。
ここでは各社のドメイン取得手順についてご紹介します。

 

移転先ドメインのサーバー割り当て

FC2などからWordPressへ移転する際には独自ドメインでサーバーを運用されるでしょう。
新しく契約したドメインをFC2に一旦割り当てて運用する場合も、
FC2にはドメインを割り当てないで直接レンタルサーバーへドメインを設定する場合もありますが、
どちらのケースでもレンタルサーバーへのドメインの割り当ては必須です。
ここではドメイン名を各社レンタルサーバーへ割り当てる手順をご紹介します。

 

移転先ドメインにてWordPressインストール

FC2からWordPressへと移行するに当たっては、
まずは移転先の容器であるWordPressを準備しておく必要があります。
サーバーを契約して、独自ドメインの割り当てが完了したら、
ドメイン名にてWordPressのインストールを行います。
ここでは移転先のサーバーにWordPressをインストールする手順をご紹介します。

 

WordPress必須プラグインの導入

FC2ブログをWordPressに対して移転・引越を行うに当たっては、
WordPressをインストールしてFC2ブログを移行しやすい環境にする必要があります。
実際のところは必須プラグインというわけではありませんし、
人によって移行方法は様々かと思いますが、
私がこうやって移行したら便利なのではないかという方法をご紹介しておきます。

 

WordPressテーマ導入

WordPressを利用するに当たって、どのようなデザインを利用するのかは、
自分のサイトのデザインを決める部分なので一番気になるところかもしれません。
またレスポンシブ対応(RWD)がされているテーマを採用することで、
スマートフォンなどの携帯端末からのアクセスにも簡単に対応することができます。
ここでは、デフォルトのテンプレートから、テーマを変更する手順をご紹介します。

 

WordPressのパーマリンク設定

WordPressヘッダータグ挿入・各種タグ挿入

WordPressをサーバーにインストールしてテーマの設定まで終えたら、
サイトのファビコンなどの設定も行っておくといいでしょう。
その他にGoogle Web Masters Toolsの設定やGoogle Analyticsなどの
設定も同時に行ってしまいます。

 

サイトのインデックス回避指定

WordPressではサイトが準備中やクローズドなサイトを公開するに当たって、
インデックスの回避タグを出力する設定が行えます。
設定はチェックボックスをチェックするだけですので設定変更も容易です。

 

ここまで準備ができたら、WordPress側の準備は概ね完了です。
FC2ブログ側から、どのようにして既存コンテンツを移行し、
WordPress側へURLの転送を行っていくかを十分に検討したうえで作業します。

 

 

FC2コンテンツと移行の準備

FC2ブログ側で公開していた投稿や表示していた画像ファイルを、
WordPress側に移行するために、一旦PC上のローカルなどに保存します。

また、公開されているコンテンツをWordPress側では、
どのようなURLとして公開をおこなうようにするのかなどを計画します。

計画が完了したら実際にコンテンツのインポートを行って、
URLの転送の準備を行います。

 

画像コンテンツのダウンロード

FC2ブログでサイトを公開し、投稿に画像などを利用している場合には、
FC2ブログにアップロード済みの画像ファイルなどを、
移転先WordPressで表示できるようにダウンロードを行います。
ここではダウンロードの手順についてご紹介します。

FC2ブログにアップロード済みの画像の一括ダウンロードは、
少し工夫が必要になりますが、簡単な手順で一括ダウンロードが行えます。

 

FC2ブログコンテンツのエクスポート

FC2ブログでは記事をエクスポートしてバックアップを取ったり、
他のブログなどにインポートしたりすることができます。
ここではFC2ブログからのエクスポート手順をご紹介します。

 

エクスポートファイルのURL置換

FC2ブログからエクスポートしたファイルをWordPressにインポートする前に、
移行先のドメインに合わせてURLを置換したり、
画像のURLをWordPress向けに変更したりしておく必要があります。
そうした手順を行っておくことで、URLの置換を減らして管理を効率的にすることができます。

URLの形式などはSEOに対してのポリシーや好みもあると思います。
適宜ご自身のやり方に合わせて読み替えてもらえればと思います。

 

WordPressへコンテンツのインポート

FC2ブログからWordPressへエクスポートファイルのインポートを行うことができます。
FC2ブログからエクスポートされたファイルはMT形式のファイルとして、
概ねインポートを行うことができます。
ここではWordPressへインポートを行う手順をご紹介します。

FC2から保存した画像のWordPressへのアップロード

FC2ブログにて利用していた画像をローカルにダウンロードを行ったら、
移行先のWordPressサイト側で表示が行えるように、
画像ファイルのアップロードを行います。
ここではアップロードの手順をご紹介します。

 

FC2ブログコンテンツURLの一覧取得

FC2ブログのサイトからのデータエクスポートはバックアップ機能から行うことができます。
しかし、記事の投稿タイトルなどの情報がないと、
移行先のサイトなどのURLマッピングを行う際などに不便です。
FC2ブログのエクスポートを行うと共に、サイト内のコンテンツリストを取得しておきましょう。

 

FC2ブログからの転送を行うテンプレート・プラグイン編集計画

FC2ブログからWordPressなどのレンタルサーバー環境に対して、
URLの転送を行って引っ越しを行うとなった場合には、
FC2ブログで認められている仕様の範囲内で行う必要があります。
そうした仕様上できる範囲でテンプレートの修正を行って、
転送を行う手順をご紹介します。

 

FC2ブログの「PC」転送手順

FC2ブログのPC表示のURL転送を行う際には、
テンプレートの変更による方法とプラグインを利用した転送方法が利用できます。
それぞれに一長一短のURL転送方法にはなりますが、
それぞれを転送したいURLに合わせて利用すると、
大切な既存インデックスを無駄なくWordPressなどに移行できます。
ここではPC向けページのURL転送手法についてご紹介します。

 

FC2ブログの「PCテンプレート」metaタグ転送手順

FC2ブログからのURL転送を行う際には、
サイトにアクセスしてきた端末ごとのテンプレートに合わせて、
テンプレートに対してのURL転送を行います。
ここではFC2ブログの「PCテンプレート」に対しての転送手順をご紹介します。

 

FC2ブログの「PCプラグイン」JavaScript転送手順

FC2ブログからのURL転送を行う際には、
サイトにアクセスしてきた端末ごとのテンプレートに合わせてURL転送を行います。
通常は<meta>タグによるURL転送を記載しますがそのタグ指定にも限界があります。
年月別アーカイブページなどがそれです。
そうしたページに対してはJavaScriptによるURL転送を記述しておくのも一つの方策です。
ここではFC2ブログの「PC用プラグイン」を利用した転送手順をご紹介します。

 

以下コンテンツは現在作成中です。
申し訳ありません。

コンテンツマッピング一覧の作成

 

WordPressコンテンツのインポート

 

コンテンツ別URLの編集

 

マッピング不可URLの個別転送

 

FC2プレビュー停止とHTMLモード変更

 

FC2ドメインから引っ越す場合

FC2ブログにてブログを公開していると、
特に意識していない場合には、FC2ブログが用意しているドメインでサイトを公開しているでしょう。

そうした自分でDNSの変更が行えない状態から、
一時的にでも独自ドメインによる運用をおこなう時間的余裕もない場合の、
引越し手順をご紹介します。

インデックス回避解除とFC2コンテンツ転送開始

 

DNSサーバー変更

 

動作確認

 

独自ドメインによる一時運用を採用する場合

 

独自ドメインの割り当て

 

独自ドメインのhostsファイル指定

 

ドメインの変更の波及期間について

 


公開日:
最終更新日:2014/12/19

*本ページ内に記載されされた各社ブランド、サービス名、商標、登録商標については、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認ください


最後までお読みいただきありがとうございました。
アルゴリズン

役に立ったと思っていただけたら、以下からシェア頂けたら幸いです^^

QRコードからもこのURLを開けます。

ページ
すべて展開 | すべて省略

アイキャッチ画像に利用させて頂いております、各社ブランドのロゴやシンボルに関しては、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認頂けますようお願い致します。
ロゴの使用等に関する苦情・ご意見等がございましたら管理者までご連絡ください。

Rakuten Promotion