頑張らない!でも諦めない!必死にならずにええかげん

Google or AdMax Promotion(page)

WordPressへコンテンツのインポート(FC2移転・引越)

FC2ブログからWordPressへエクスポートファイルのインポートを行うことができます。
FC2ブログからエクスポートされたファイルはMT形式のファイルとして、
概ねインポートを行うことができます。
ここではWordPressへインポートを行う手順をご紹介します。

WordPressコンテンツのインポート(FC2移転・引越)

ここではWordPressへインポートするファイルは、
FC2ブログからエクスポートしたままの未置換データでご紹介します。

FC2からの記事のエクスポート手順は以下でご紹介しています。

実際にインポートを行うには移転先のドメインなどに合わせて、
URL置換を行う必要があります。

 

WordPressでFC2ブログ(MT形式)のエクスポートファイルをインポートします。

WordPressのダッシュボードを開き、
サイドメニューから[ツール]-[インポート]を選択します。

01_WordPressダッシュボード・インポート

WordPressダッシュボード・インポート

 

インポートする形式を選択します。
FC2ではMT形式に近い出力が行われるので[Movable Type と TypePad]を選択します。

02_MT形式インポート選択

MT形式インポート選択

 

プラグインのインストールポップアップが表示されますので、
[今すぐインストール]をクリックします。

03_インポータプラグインのインストール

インポータプラグインのインストール

 

インストールが完了したら、
[プラグインを有効化してインポートツールを実行]をクリックします。

04_プラグインの有効化と実行

プラグインの有効化と実行

 

インポートツールが表示されます。

[ファイルを選択]をクリックしてエクスポートしたFC2ブログのファイルを選択します。

05_インポートファイルの選択

インポートファイルの選択

 

ファイルを選択します。

06_インポートファイル指定

インポートファイル指定

 

ファイルの選択が完了したら[ファイルをアップロードしてインポート]をクリックします。

07_アップロードしてインポート

アップロードしてインポート

 

インポートに当たってはインポート後の投稿者を選択する必要があります。
FC2にて利用していたユーザー名で新しくユーザーを作成するか、
既存のWordPressユーザーを選択します。

[Submit]をクリックしてインポートを実行します。

08_投稿者の選択

投稿者の選択

 

なお、ここでは以下の記載の通り、
/wp-content/ ディレクトリに 「Import mt-export.txt」というファイルを、
FTPなどを利用して事前にアップロードしておくと、
ファイルサイズが大きい場合でもインポートが行えます。

投稿の数が多い場合には、事前にアップロードしておくといいでしょう。

Howdy! We are about to begin importing all of your Movable Type or TypePad entries into WordPress. To begin, either choose a file to upload and click “Upload file and import”, or use FTP to upload your MT export file as mt-export.txt in your /wp-content/ directory and then click “Import mt-export.txt”.

 

すぐにインポートが実行され、投稿が取り込まれます。

09_インポートの完了

インポートの完了

 

プロモーション(btm)

Google or AdMax Promotion (it)

WordPressインポート後のURL確認

インポートが完了すると、以下のように投稿の一覧に取り込まれた投稿が表示されます。

10_インポートされた投稿

インポートされた投稿

 

インポートした際にはFC2で利用していたカテゴリも取り込まれます。

11_インポートされたカテゴリ

インポートされたカテゴリ

 

ただ、FC2のユーザータグはエクスポートファイルに含まれていない為、
インポートされていません。

12_インポートされなかったタグ

インポートされなかったタグ

 

タグアーカイブページをWordPress側でもアクセスできるようにする場合には、
すべての投稿に対してタグを振り直す必要があります。

投稿のタグを一括して編集するには、以下のプラグインが便利です。

 

インポート後のサイトを確認すると、投稿が取り込まれています。

13_WordPress表示

WordPress表示

 

パーマリンク設定をその他の形式に変更せずにデフォルトとした場合には、
インポート後の各URL形式は以下のようになります。

分類 小分類 URL形式
トップページ http://fc2.freeblg.info/
記事ページ http://fc2.freeblg.info/?p=101
カテゴリ
アーカイブ
英名(categories) http://fc2.freeblg.info/?cat=4
日本語名(カテゴリ) http://fc2.freeblg.info/?cat=5
タグ
アーカイブ
英名(tags) なし
日本語名(タグ) なし
年別アーカイブ http://fc2.freeblg.info/?m=2014
月別アーカイブ http://fc2.freeblg.info/?m=201411
日別アーカイブ http://fc2.freeblg.info/?m=20141125
全ての記事一覧 10件抜粋表示のみ可能

 

適宜、パーマリンクを設定してスラッグの変更などを行って、
個々にインポート後の投稿のURLを適切な形で変更するといいでしょう。

個人的にはカスタムを選択して、
「年月+投稿名(/%year%/%monthnum%/%postname%/)」が好みです。

 

パーマリンクに「%postname%」を含ませた場合で、
日本語URLを利用したくない場合には、
全投稿のスラッグを英名などの文字列に変更を行う必要があります。

 

(特記)

今回検証を行った際に、Stingerテーマを採用させて頂きました。
Stingerを有効化している環境でMT形式のインポートを行った際に、
スラッグが重複してインポートされる症状に出会いました。

Stingerは多くの方が利用されているでしょうから、
解決方法を以下でご紹介しています。

 

既に取り込んでしまって、インポート済みの投稿を削除できない場合には、
スラッグの重複のみを一括で更新して解消する方法もあります。

ただ、お勧めはしません。

 


公開日:
最終更新日:2014/12/04

*本ページ内に記載されされた各社ブランド、サービス名、商標、登録商標については、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認ください


最後までお読みいただきありがとうございました。
アルゴリズン

役に立ったと思っていただけたら、以下からシェア頂けたら幸いです^^

QRコードからもこのURLを開けます。

ページ
すべて展開 | すべて省略

アイキャッチ画像に利用させて頂いております、各社ブランドのロゴやシンボルに関しては、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認頂けますようお願い致します。
ロゴの使用等に関する苦情・ご意見等がございましたら管理者までご連絡ください。

Rakuten Promotion