頑張らない!でも諦めない!必死にならずにええかげん

Google or AdMax Promotion(page)

WordPress必須プラグインの導入(FC2移転・引越)

FC2ブログをWordPressに対して移転・引越を行うに当たっては、
WordPressをインストールしてFC2ブログを移行しやすい環境にする必要があります。
実際のところは必須プラグインというわけではありませんし、
人によって移行方法は様々かと思いますが、
私がこうやって移行したら便利なのではないかという方法をご紹介しておきます。

 

WordPress必須プラグインの導入(FC2移転・引越)

WordPress自体に必須のプラグインなどは実際のところありません。

あるとしても、日本語環境に対しての「WP Multibyte Patch」くらいのものでしょう。

後はJetPackとAkismetプラグインはみなさん普通に導入しているはずです。

 

ここで言うところの必須プラグインというのは、
FC2ブログをWordPressへ移行する上であると便利なプラグインです。

 

FC2ブログの個別投稿(記事)URL形式の違いの解消

FC2ブログを利用したことのある人はご存知かと思いますが、
FC2ブログでは以下のようなURL形式で記事が公開されます。

http://algorhythnn.blog.fc2.com/blog-entry-4.html
※本記事の投稿後は上記URLはWordPressへ自動的に転送される予定です。

 

この「blog-entry-4.html」部分がFC2のURL形式になりますが、
ファイル名タイプのURLで静的なHTMLを指し示す形になっています。

これはパーマリンク設定にてhtml拡張子を指定することで対応ができます。
(できるはずです・・・)

できるはずというのも、以下のバージョンにて確認したところ、
パーマリンク設定のみで、拡張子.html付きのURLにて表示が行えました。

  • WordPress3.9.2
  • WordPress3.7.2

パーマリンクにて.html形式のURLへ変更する際の手順は以下でご紹介しています。

 

ただ、そうした表示が行えない場合もある(私も何度か表示されなかったことがある)ようなので、
そうした場合には、 .html on PAGES plugin を導入することで利用できるようになります。

うまくFC2形式のURLで記事の公開ができない場合にも、
プラグインを導入すれば簡単に行えます。

(補足)

FC2形式のURLを採用せず、
一旦FC2ブログから、WordPress側のサーバーへURL転送を行ってから、

WordPressを設置したサーバー上で再度リダイレクトをかけて、
WordPress形式のURLに変換する方法もあります。
私はこちらの方が好きではあります。

 

ただ、URLの形式を変更せずに転送を行う方がSEO的に有利という記述も見かけます。
私はあまり意識しませんが、気になる方はURL形式の変更をしない方がいいでしょう。

また静的URL形式の方がSEO的に有利であるとも言われていますが、
私はさほど影響のあるものではないと解釈しています。

むしろ、この際転送を期に投稿(記事)に合わせたURLを割り当ててしまう方が、
私はいいのではないかと思いますが。

 

Movable Type and TypePad Importer プラグインの導入

FC2ブログをWordPressにインポートする際には、
Movable Type(CMS)の形式でインポートを行うことになります。

WordPressへMovable Type形式のデータをインポートする際に利用するのが、
「Movable Type and TypePad Importer」プラグインです。

WordPress › Movable Type and TypePad Importer « WordPress Plugins

  • 対応する最新バージョン: 3.4.2

 

プラグインのインストールと実際のインポート手順は以下でご紹介しています。

 

Per page head プラグインの導入

こちらも必須というわけではありませんが、
「Per page head」プラグインを利用するとすべてのページ共通の
<head>タグ内への任意のタグの挿入がおこなえるようになります。

そうしたプラグインは他にもありますが、このプラグインの大きなメリットが、
各ページごとに<head>タグ内へ任意タグを個別に挿入できる点です。

このプラグインを利用すると特定のページのみをインデックス回避させたりという、
<head>タグ内でさまざまな制御を行うことができるようになります。

詳細は以下でご紹介しています。

 

実際には以下でご紹介するようなタグを挿入して利用します。

 

プロモーション(btm)

Google or AdMax Promotion (it)

さいごに

事前にインストールしておきたいプラグインは人それぞれかと思います。

私も実際にサイトを運営する上ではこの限りではありません。

こと、FC2からの移行という部分に絞ってしまえば、
今回の「Movable Type and TypePad Importer」と「Per page head」があれば、
特に困ることはないと思います。

プラグインの導入は後からでも自由に行えますので、
適宜必要になった時に、インストールすればいいでしょう。

 


公開日:
最終更新日:2014/12/04

*本ページ内に記載されされた各社ブランド、サービス名、商標、登録商標については、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認ください


最後までお読みいただきありがとうございました。
アルゴリズン

役に立ったと思っていただけたら、以下からシェア頂けたら幸いです^^

QRコードからもこのURLを開けます。

ページ
すべて展開 | すべて省略

アイキャッチ画像に利用させて頂いております、各社ブランドのロゴやシンボルに関しては、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認頂けますようお願い致します。
ロゴの使用等に関する苦情・ご意見等がございましたら管理者までご連絡ください。

Rakuten Promotion