頑張らない!でも諦めない!必死にならずにええかげん

忍者AdMax™とGoogle™AdSenseの併用で設定に反してアダルト広告が配信される件

      2014/11/22

Google or AdMax Promotion(it)

Google™AdSenseを設置しているサイトにamazon™アソシエイト広告や、
その他の広告配信サービスなどを併用することはあるでしょう。
忍者AdMax™もそうした広告配信サービスの一つでAdMax側では併用可能を謳っています。
しかしながら、併用した際に少し不安な動作に出会いましたのでご紹介しておきます。

はじめに

忍者AdMaxではAdSenseをはじめとした他の広告配信サービスとの
併用が可能であることを謳っていて、
アダルトサイトを表示しないなどの設定が行えるため、
安心して利用することができる、はずです。

はず、でした。

忍者AdMaxとの他社広告の併用については以下で説明されています。

他のサービスの広告も利用しているのですが、併用はできますか?

はい、『忍者AdMax』の管理画面より追加することが可能です。
他社広告の利用規定については、各サービス提供者様までお問い合わせください。

なお、GoogleAdSenseと他社広告併用については以前問題がないことを確認しています。
GoogleAdSenseと他社広告の共存は一応問題ないようだ

偶然発見したアダルト広告

私は、サイト内の投稿を行ったあと、寝る前などにベットの中から、
自サイトのコンテンツを再読して見直したり、自身の広告の内容をスマホから確認したりもします。

そんな、確認作業の一環で自サイトの広告を確認している際に、
AdMaxにおかしな広告が表示されていることに気づきました。

実際に確認した広告は以下のようなものです。

表示された広告に対してアダルト広告が表示されてしまっています。

01_アダルト広告配信確認

アダルト広告配信確認

さっそく配置している広告の設定を確認しましたが、
「アダルト広告を表示しない」設定になっていました。

02_AdMaxの設定(アダルト非承認)

AdMaxの設定(アダルト非承認)

少し気がかりだったのが、未使用の広告1つがアダルト広告有効に設定されていました。
ただこのタグは設置していませんので影響はないはずです。

03_広告ユニット一覧

広告ユニット一覧

対応策は申し出るしかない

この問題、設定の有効性が怪しいのですが、
もしかすると、アダルト広告であるか否かの設定は、
広告主が設定しているのではないかと感じています(推測)

というのも以下のようなヘルプ記載がありました。

アダルト広告を不可にしているのにアダルト広告が表示されます|ヘルプ|忍者AdMax

確認させていただきますので、以下の情報をお問い合わせフォームよりお送りください。

・広告のリンクURL
・広告バナーの画像

■ 忍者ツールズお問い合わせ
https://www.ninja.co.jp/inquiry/

運営側としてもそうしたケースが発生するということを認識されているようです。

以下推測です

運営側が確認する必要があるということは、
広告の配信を開始する前に、事前に広告の内容やカテゴリなどを確認しているわけではなく、
広告主が設定したものを紳士的に解釈したうえで、配信しているのかなと思うところです。

その為、都度、広告の確認を行う必要性が発生するのかなといった感じです。

広告主がアダルト広告を、一般広告として登録し配信を開始すると、
そのまま一般広告として配信されてしまうのではないかなと感じるところです。

GoogleAdSense併用はやはり注意が必要

GoogleAdSenseでは当然ながらアダルトコンテンツや、アダルトサイトへの発リンクを認めていません。

AdSense プログラム ポリシー – AdSense ヘルプ (抜粋引用)

コンテンツ ガイドライン

サイト運営者様は、コンテンツ ガイドラインに違反するコンテンツを含むページに AdSense コードを配置することはできません。これには、成人向け、暴力的、人種差別的なコンテンツなどが含まれます。詳しくは、禁止コンテンツに関する記事をご覧ください。

次のようなコンテンツを含む、またはそうしたコンテンツにリンクするサイトに Google 広告を表示することはできません。

  • ポルノ、アダルト向け、成人向けのコンテンツ

こうした広告の品質に対して神経質になられる方は、
AdMaxの設置には多少のリスクが潜んでいることを認識したうえで設置される必要があります。

また、Google側から何らかの指摘を受けた場合には、
コンテンツを見直すと共に、AdMax広告ユニットを外すという処置も、
場合によっては、有効な一つの対策になる場合もあるでしょう。

最悪の場合にはAdSenseアカウントの停止などの制裁を受ける場合もありますので、
細心の注意を払って運営を行いたいものです。

プロモーション(btm)

Google or AdMax Promotion (it)

さいごに

今回、AdMaxへの問い合わせを行ってアダルト広告に対しての確認を行うことにしておりますが、
今後何かしらの回答をいただき次第、追ってご紹介しておきます。
忍者AdMax™配信広告にアダルト広告が表示された場合の対処法

対応の経緯によってはAdMaxの設置を見送る必要性も出てきますので、
十分な検討を行って決断したいと思っています。

2014/03/27追記

その後、サムライファクトリー様より回答がありました。
回答の内容については転載不可という記載がありましたので、概略説明になります。

今回の件で表示された広告は直接配信の広告主によるものではなく、
広告事業者間の広告配信サービスからの供給によるもので、

リンク先URLの特定ができない限り、
どの配信サービスから配信されたものかを特定することができないということでした。

よって、もし自サイトでアダルト広告が配信されたことが確認された場合には、
すぐに広告のURLリンクをコピーして保存しておくことをお勧めします。
そのURLをサムライファクトリーに対して送ることで、原因の特定と配信の停止が行えます。

今回は、URLのコピーはしていなかったため、特定に至りませんでしたが、
他社のミス(?)などによってアダルト指定されるべき広告が
通常広告として配信されてしまうことには若干の不安が残ります。

ただ、この仕組み。

どこの広告配信サービスでも利用しているネットワークだと思います。
システムによる自動配信であることからこうしてレアケースは0にはできない部分かなとも思います。

「配信された場合にはURLをコピーして残す」これに尽きます。

AdMaxとAdSenseの併用をご検討の方のお役に立てれば幸いです。

Google Inc.ご担当者様へのご連絡

当サイトではサイト内のコンテンツがGoogle AdSenseポリシーに準拠するよう、
サイト内広告などに対しての品質についても監視し注意を払っております。

今回の件で、アダルト広告が1度表示されたことが確認されたことによって、
御社ならびに広告配信元の皆様にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

それとともに、今後配信広告の品質が不適切であると判断した場合には、
該当する広告ユニットの削除を行い、ポリシーを遵守するように対策を行ってまいります。

現時点では広告配信元への問い合わせ中であることから、
一定期間のご猶予を賜りたくここにご連絡とお願いを申し上げます。

2014/03/27追記

今回確認されたアダルト広告の配信につきましては、
根本的な原因が排除されたわけではありませんので継続して監視を行ってまいります。
それ以降、アダルト広告が配信されたといった症状は発生していないと思われます。

今後もコンテンツの品質に責任を持って運用に努めてまいります。

管理者 アルゴリズン


*本ページ内に記載されされた各社ブランド、サービス名、商標、登録商標については、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認ください


最後までお読みいただきありがとうございました。
アルゴリズン


役に立ったと思っていただけたら、以下からシェア頂けたら幸いです^^

QRコードからもこのURLを開けます。

Pitta Promotion

アイキャッチ画像に利用させて頂いております、各社ブランドのロゴやシンボルに関しては、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認頂けますようお願い致します。
ロゴの使用等に関する苦情・ご意見等がございましたら管理者までご連絡ください。

AdMax Promotion

カテゴリ
すべて展開 | すべて省略

Rakuten Promotion

 - AdMax, AdSense ,

  関連記事