頑張らない!でも諦めない!必死にならずにええかげん

Google+への投稿の一部を取り消し線・太文字・イタリックで表示することができたのか!

      2014/11/22

Google or AdMax Promotion(it)

Google+のコミュニティーを利用していて、ディスカッションをする場合に、
既に投稿済みの内容を、一部訂正したいような場合もあると思います。
既に投稿済みの内容を編集して修正することができるのですが、その際に取り消し線が利用できたのでご紹介します。

さりげなく利用できる取り消し線

Google+ではHTMLなどを利用すすることができないので、
プレーンテキストにて投稿を行う必要がありますが、その際にちょっとした囲みを利用すると、
文字が取り消し線で表示できます。

取り消し線とは、ここは削除します。といった表示のことです。

方法

テキストの中の一部で取り消し線表示したい部分を、

「 -[」と「]- 」で囲みます。
「 -」と「- 」で囲みます。

(半角スペース)+(半角マイナス)+([ 記号)  取り消す部分 (] 記号)+(半角マイナス)+(半角スペース)
(半角スペース)+(半角マイナス)+ 取り消す部分 +(半角マイナス)+(半角スペース)

わかりにくいのでちょっと例示すると、

以下の投稿ではこのように記述しています。

——————-
たとえば、 -[ここの部分]- は取り消し線で表示されています。
——————-
実際に埋め込むとこんな感じになります。

01_google_plus_取り消し線


google_plus_取り消し線

太文字表示

その後、投稿にて+takaharakouさんから太文字の方法をご教授頂きました。

*太文字* で囲むと、太文字になります。

(半角スペース)+(*) 太文字にしたい部分(*)+(半角スペース)

イタリック表示

他には _イタリック_ で囲むと、イタリックになります。

(半角スペース)+(_) 斜体にしたい文字 (_)+(半角スペース)

実際の表示は以下のような感じです。

実際に使うかどうかはともかくとして、ちょっと知っていると便利かなと思う小技でした。

さいごに

ここうした小技って他にもあるんでしょうかね。
ご存知でしたら教えて頂けると嬉しいです。


*本ページ内に記載されされた各社ブランド、サービス名、商標、登録商標については、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認ください


最後までお読みいただきありがとうございました。
アルゴリズン


役に立ったと思っていただけたら、以下からシェア頂けたら幸いです^^

QRコードからもこのURLを開けます。

Pitta Promotion

アイキャッチ画像に利用させて頂いております、各社ブランドのロゴやシンボルに関しては、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認頂けますようお願い致します。
ロゴの使用等に関する苦情・ご意見等がございましたら管理者までご連絡ください。

AdMax Promotion

カテゴリ
すべて展開 | すべて省略

Rakuten Promotion

プロモーション(btm)

Google or AdMax Promotion (it)

 - Google

  関連記事