頑張らない!でも諦めない!必死にならずにええかげん

livedoor™ブログのカスタムURLの設定とリダイレクト

      2014/11/22

Google or AdMax Promotion(it)

livedoor™ブログでは各ページの種類に応じてURLの形式を変更することができます。
このカスタムURLの設定で利用することができるURLの形式一覧をご紹介します。
URLの形式を変更される際にお役立てください。

livedoorブログのURL形式の初期状態

livedoorブログでブログを作成した際に初期状態で投稿を作成すると、
カスタムURLの設定が初期状態で生成されます。

特にこだわりがない場合はそれでも十分だとは思いますが将来的な移行などを考えた場合には、
最初からカスタムURLを設定しておく方が無難です。

初期状態のURL形式については以下でご紹介しています。
livedoor™ブログで初期状態の設定で投稿した際のURL形式の種類と設定方法

livedoorブログのカスタムURL

livedoorブログでは各ページ種別ごとにURLの形式を選択することができます。
各ページごとに選択が可能な形式を順に一覧化します。

個別記事

個別記事では記事自体を表示するページを示しています。

初期状態では「archives/投稿ID(数字の羅列).html」が適用されます。
http://blog.livedoor.jp/algorhythnn-def/archives/1001672407.html

archives/{$ARTICLE_ID$}.html
例:http://blog.livedoor.jp/algorhythnn-def/archives/000000.html

05_個別記事URL設定

個別記事URL設定

その他に以下の形式が利用できます。

ただし、個別記事では「□ 過去のURLにも適用する」の選択肢は表示されません。
その為、過去に作成済みの個別記事のURLは変更することができません。

個別記事 タグ 表示例
記事ID {$ARTICLE_ID$} 5344840
記事タイトル {$ARTICLE_TITLE$} livedoor™ブログのカスタムURLの設定とリダイレクト(追加)
年(4桁) {$YYYY$} 2014
年(2桁) {$YY$} 14
{$MM$} 04
月名 {$FULL_MONTH$} April
月名(略) {$ABBR_MONTH$} Apr
{$DD$} 14
カテゴリ1のURL {$CATEGORY1_URL$} カテゴリアーカイブに指定したフォーマットが出力されます。
例)archives/288964-追加カテゴリ
カテゴリ2のURL {$CATEGORY2_URL$} カテゴリアーカイブに指定したフォーマットが出力されます。
例)archives/288965-add_categories
カテゴリ1の名前 {$CATEGORY1_NAME$} カテゴリ名1に対して指定したカテゴリの名称が設定されます。
例)追加カテゴリ
カテゴリ2の名前 {$CATEGORY2_NAME$} カテゴリ名2に対して指定したカテゴリの名称が設定されます。
例)add_categories

実際に設定した結果のURLの例です。
各変数ごとに色を割り当てています、見にくくてすみません・・・。

archives/{$ARTICLE_ID$}-{$ARTICLE_TITLE$}-{$YYYY$}-{$YY$}-{$MM$}-{$FULL_MONTH$}-{$ABBR_MONTH$}-{$DD$}.html

記事URLに対して、カテゴリ名やカテゴリURLを含む指定を行った場合、
カテゴリアーカイブURLが記事のURLに対して含まれて設定されます。
「/」や「.html」などがカテゴリアーカイブURLに設定されているような場合には、
記事のURLが正しく動作しない場合がありますので、避けたほうが無難です。
ここでは、以下の変数を利用しない形で確認しています。

  • {$CATEGORY1_URL$}
  • {$CATEGORY2_URL$}
  • {$CATEGORY1_NAME$}
  • {$CATEGORY2_NAME$}

記事のURL
http://blog.livedoor.jp/algorhythnn-cust/archives/1001679496-livedoor%E2%84%A2%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%81%AE%E3%82%AB%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%A0URL%E3%81%AE%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%A8%E3%83%AA%E3%83%80%E3%82%A4%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%83%88-2014-14-04-April-Apr-14.html

URLエンコード解除文字
http://blog.livedoor.jp/algorhythnn-cust/archives/1001679496-livedoor™ブログのカスタムURLの設定とリダイレクト-2014-14-04-April-Apr-14.html

カテゴリーアーカイブ

カテゴリアーカイブでは投稿に対して指定したカテゴリで絞り込んで表示するページを示しています。

初期状態では「archives/cat_カテゴリID(数字の羅列).html」が適用されます。
http://blog.livedoor.jp/algorhythnn-def/archives/cat_282701.html

archives/cat_{$CATEGORY_ID$}.html
例:http://blog.livedoor.jp/algorhythnn-def/archives/cat_000000.html

07_カテゴリアーカイブ

カテゴリアーカイブ

その他には以下が利用できます

ただし、「□ 過去のURLにも適用する」を選択しない場合には、
過去に作成済みのカテゴリのURLは変更されません。

カテゴリアーカイブ タグ 表示例
カテゴリID {$CATEGORY_ID$} 281366
カテゴリ名 {$CATEGORY_NAME$} 追加カテゴリ

実際に設定した結果のURLの例です。
※ここでは「archives/」部分は設定していません。

{$CATEGORY_ID$}-{$CATEGORY_NAME$}.html

http://blog.livedoor.jp/algorhythnn-cust/archives/282807-%E8%BF%BD%E5%8A%A0%E3%81%AE%E3%82%AB%E3%83%86%E3%82%B4%E3%83%AA%E5%90%8D.html

URLエンコード解除文字
http://blog.livedoor.jp/algorhythnn-cust/archives/282807-追加のカテゴリ名.html

日本語カテゴリ名の英字名URL(スラッグ)使用

日本語名のカテゴリを投稿に設定した場合、上記のように{$CATEGORY_NAME$}を利用すると、
カテゴリ名がそのままURLに利用されます。

そこで英字名URL(スラッグ)を個別にカテゴリに設定しておくことで、
日本語表示を回避することができます。
livedoor™ブログの日本語カテゴリアーカイブURLを英字URLに設定する手順【作成中】

月別アーカイブ

月別アーカイブでは月別の投稿を表示するページを示しています。

初期状態では「年4桁-月2桁.html」が適用されます。
http://blog.livedoor.jp/algorhythnn-def/archives/2014-04.html

archives/{$YYYY$}-{$MM$}.html
例:http://blog.livedoor.jp/algorhythnn-def/archives/2014-04.html

09_月別アーカイブ

月別アーカイブ

その他には以下が利用できます

ただし、「□ 過去のURLにも適用する」を選択しない場合には、
既に投稿が行われている月までの月別アーカイブURLは変更されません。
※ここでは遡った前月投稿を行って疑似的に月別アーカイブを生成しています。

月別アーカイブ タグ 表示例
年(4桁) {$YYYY$} 2014
年(2桁) {$YY$} 14
{$MM$} 03
月名 {$FULL_MONTH$} March
月名(略) {$ABBR_MONTH$} Mar

実際に設定した結果のURLの例です。

archives/{$YYYY$}-{$YY$}-{$MM$}-{$FULL_MONTH$}-{$ABBR_MONTH$}.html

http://blog.livedoor.jp/algorhythnn-cust/archives/2014-14-04-April-Apr.html 【リンクは切れています】

日別アーカイブ

日別アーカイブでは投稿日ごとのページを示しています。
初期状態では「年4桁-月2桁-日2桁.html」が適用されます。

archives/{$YYYY$}-{$MM$}-{$DD$}.html
例:http://blog.livedoor.jp/algorhythnn-def/archives/2014-04-13.html

11_日別アーカイブ

日別アーカイブ

http://blog.livedoor.jp/algorhythnn-def/archives/2014-04-14.html

その他には以下が利用できます

ただし、「□ 過去のURLにも適用する」を選択しない場合には、
既に投稿が行われている日までの日別アーカイブURLは変更されません。
※ここでは遡った前月投稿を行って疑似的に日別アーカイブを生成しています。

日別アーカイブ タグ 表示例
年(4桁) {$YYYY$} 2014
年(2桁) {$YY$} 14
{$MM$} 03
月名 {$FULL_MONTH$} March
月名(略) {$ABBR_MONTH$} Mar
{$DD$} 30

実際に設定した結果のURLの例です。

archives/{$YYYY$}-{$YY$}-{$MM$}-{$FULL_MONTH$}-{$ABBR_MONTH$}-{$DD$}.html

http://blog.livedoor.jp/algorhythnn-cust/archives/2014-14-04-April-Apr-14.html 【リンクは切れています】

タグ別アーカイブ

タグ別アーカイブではタグページURLを示しています。
初期状態では「tag/タグ名」が適用されます。

http://blog.livedoor.jp/algorhythnn-def/tag/%E3%82%BF%E3%82%B0%E5%90%8D

tag/{$TAG$}
例:http://blog.livedoor.jp/algorhythnn-def/tag/[TAG]

13_タグ別アーカイブ

タグ別アーカイブ

タグに関しては特に追加で利用できるものは特にありません。

タグアーカイブ タグ 表示例
タグ {$TAG$} タグ名

実際に設定した結果のURLの例です。

tag/{$TAG$}.html

http://blog.livedoor.jp/algorhythnn-cust/tag/%E8%BF%BD%E5%8A%A0%E3%81%AE%E3%82%BF%E3%82%B0.html 【リンクは切れています】

URLエンコード解除文字

http://blog.livedoor.jp/algorhythnn-pro/tag/追加のタグ.html

投稿者別アーカイブ

投稿者別アーカイブは投稿者別に記事を絞り込んで表示することができるページを示しています。

初期状態では「author/投稿者のlivedoorID」が適用されます。
http://blog.livedoor.jp/algorhythnn-def/author/algorhythnn

author/{$AUTHOR_ID$}
例:http://blog.livedoor.jp/algorhythnn-def/author/[AUTHOR_ID]

16_投稿者別アーカイブ

投稿者別アーカイブ 

その他には以下が利用できます

ただし、「□ 過去のURLにも適用する」を選択しない場合には、
既に投稿があるユーザーのauthorページのURLは変更されません。

※ユーザーが自分しかいない場合には、
必然的に「□ 過去のURLにも適用する」にチェックする必要がありますが、
投稿者別アーカイブページは自動でリダイレクトはされませんでしたのでご注意ください。

投稿者名 タグ 表示例
投稿者ID {$AUTHOR_ID$} algorhythnn
投稿者名 {$AUTHOR_NAME$} algorhythnn

実際に設定した結果のURLの例です。

author/{$AUTHOR_ID$}_{$AUTHOR_NAME$}.html

http://blog.livedoor.jp/algorhythnn-cust/author/algorhythnn_algorhythnn.html 【リンクは切れています】

※livedoorプロフィールに対して、名前もニックネームも設定してあるのですが、
私の環境では投稿者名もと投稿者IDが設定されてしまいました。

過去投稿に対してのリダイレクト確認

「□ 過去のURLにも適用する」を選択を行って過去投稿に対しても、
カスタムURLの適用を行った際のリダイレクトは以下のようになりました。

以下のURLはカスタムURLを適用する前のURLにてリンクをしています。
カスタムURLの適用にて、リンクが切れていない場合、正常にリダイレクトされています。

※過去投稿に割り当てを行う際に、便宜上「.html」を削除して更新しています。
タグに関しては「{$CATEGORY_ID$}-{$CATEGORY_NAME$}.html」から
「tag/{$TAG$}-」に変更しています。これはミスです。

実際のところ過去の投稿に対してカスタムURLの変更を適用した場合、
月別、日別、タグ、投稿者別などにおいてはリダイレクトされずリンク切れになってしまいました。
変更の方法(フォーマット)に依存する部分もあるとは思いますが、
過去投稿に対してURL変更を適用する場合には、インデックスや被リンクを考えれば避けたほうがいいでしょう。

個別記事

個別の記事では過去のURLを変更する機能はありません。

http://blog.livedoor.jp/algorhythnn-cust/archives/1001679211.html

過去投稿適用後

http://blog.livedoor.jp/algorhythnn-cust/archives/1001679211.html

カテゴリーアーカイブ

http://blog.livedoor.jp/algorhythnn-cust/archives/cat_282795.html

過去投稿適用後

http://blog.livedoor.jp/algorhythnn-cust/archives/282795-%E3%82%AB%E3%83%86%E3%82%B4%E3%83%AA%E5%90%8D
http://blog.livedoor.jp/algorhythnn-cust/archives/282796-categories_name

月別アーカイブ

http://blog.livedoor.jp/algorhythnn-cust/archives/2014-03.html 【リダイレクト不可】

過去投稿適用後

http://blog.livedoor.jp/algorhythnn-cust/archives/2014-14-03-March-Mar

日別アーカイブ

http://blog.livedoor.jp/algorhythnn-cust/archives/2014-03-30.html 【リダイレクト不可】

過去投稿適用後

http://blog.livedoor.jp/algorhythnn-cust/archives/2014-14-03-March-Mar-30

タグ別アーカイブ

http://blog.livedoor.jp/algorhythnn-cust/tag/%E3%82%BF%E3%82%B0%E5%90%8D 【リダイレクト不可】
http://blog.livedoor.jp/algorhythnn-cust/tag/tag_name 【リダイレクト不可】

過去投稿適用後

http://blog.livedoor.jp/algorhythnn-cust/tag/%E3%82%BF%E3%82%B0%E5%90%8D-
http://blog.livedoor.jp/algorhythnn-cust/tag/tag_name-

投稿者別アーカイブ

http://blog.livedoor.jp/algorhythnn-cust/author/algorhythnn 【リダイレクト不可】

過去投稿適用後

http://blog.livedoor.jp/algorhythnn-cust/author/algorhythnn-algorhythnn

さいごに

このようにして、URLの形式をサイトの用途に合わせてわかりやすいURLに変更することができます。

こうした変更はブログを開始して早いタイミングで設定しておくことをお勧めします。


*本ページ内に記載されされた各社ブランド、サービス名、商標、登録商標については、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認ください


最後までお読みいただきありがとうございました。
アルゴリズン


役に立ったと思っていただけたら、以下からシェア頂けたら幸いです^^

QRコードからもこのURLを開けます。

Pitta Promotion

アイキャッチ画像に利用させて頂いております、各社ブランドのロゴやシンボルに関しては、
各社ブランドのロゴや商標等に関する帰属についてをご確認頂けますようお願い致します。
ロゴの使用等に関する苦情・ご意見等がございましたら管理者までご連絡ください。

AdMax Promotion

カテゴリ
すべて展開 | すべて省略

Rakuten Promotion

プロモーション(btm)

Google or AdMax Promotion (it)

 - livedoorブログ

  関連記事